*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「単体サーバー」とは、いつも使っているPCやNASでサーバーソフトを動かしてオーディオにも使うといった類ではない、最初からオーディオ用途を意図し、そのための諸性能を磨き上げたオーディオ機器としてのサーバーを指す。

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 PCを単体サーバーとするためにピックアップしたのはこれらのソフト。
 ま、いつものメンツである。

Twonky Server
Asset UPnP
MinimServer
Kazoo Server



 というわけで、私の中で「門番」になった感のあるLUMIN L1と激突してもらった。

20160417evo08

 サーバーソフトで音は変わらないとの認識の下、代表として最もメジャーなTwonky Serverを使用した。

 ……

 …

 アナログ電源で動くLUMIN L1(SSDモデル)に劣らない音が出る。

 単体サーバーとしては、正直なところ音質的にそれほど高い期待を抱いていたわけではなかった。それゆえに、「劣らない」というだけでも充分すぎる。
 とはいえ、さすがに記憶の中のfidata(SSDモデル)とは勝負にならなかったが。
 汎用機を磨き上げることでより一層見えてくる特機の強さ。両者の素敵な関係である。

 また音質以外でも、EVOには「複数のサーバーソフトを同時運用できる」という、多くのオーディオ用サーバーにはないPCならではのメリットがある。

 これらを踏まえれば、狭義のネットワークオーディオのシステムに対しても、単体サーバーとしてのオーディオ用PCは大きな意味を持つと言える。一応昔から同発想のサーバーが製品化されてはいたんだけれども、結局うまいこと製品としてカテゴライズできなかったのか何なのか、イマイチ受け入れられずに今に到る。その点、DELAやfidataは分かりやすいもんな。

 この単体サーバーに供し得るPCという発想が、私の場合「理想のオーディオ用PC」への出発点だった。
 ほら、ずっと狭義のネットワークオーディオのシステムで頑張ってきたもんだから。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10  なんと手元にやってきまし

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。  一年半前、「ただ座して待っているつ

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑