*

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近ではむしろ、きちんとオーディオ機器として売られ、まぎれもないオーディオの文脈で評価されている製品でも、中身を覗けばハード的にもソフト的にもOS的にもPCそのものじゃないか、ということの方が目立つようになった。「ミュージックサーバー」と呼ばれるジャンルの製品では特に多い。そのケースも背面端子もどっかで見たぞ、的なアレ。
 もっとも、いわゆる単体ネットワークオーディオプレーヤーだって、言ってしまえば音楽再生に機能を特化(ここ重要)したPCのようなものだ。さらなる多機能と優れたユーザビリティを求めれば、オーディオ機器の中でPC的な要素が大きくなることはある意味当然のことと言える。

 機能は同じである。PCだって「サーバー」にも、「プレーヤー」にもなる。それどころか、オーディオ機器とまったく同じソフトが動いている場合だってある。
 ある製品が「オーディオ機器」として認められるか否かは、極論すれば「音が良いか否か」で決まるのだろう。もちろんコストの問題があるので、現実的には絶対的な音質よりも「ハードとソフトの両面からオーディオ機器として妥協することなく作られた」こと、それ自体がオーディオ機器の要件なのだと言える。DELAやfidataだってそうだ。
 PCから出発しようが、オーディオ機器から出発しようが、入り口が違うだけで、行き着く場所は同じである。


 これらを踏まえて、あらためてPCをオーディオの文脈で考える。

 汎用性、十分なマシンスペックと諸々のソフトとの組み合わせで出来ることの豊富さという点では、オーディオ機器としてパッケージングされた製品ではPCには及ばない。こればっかりはどうしようもない。それが本当に必要なことなのかどうかは別としても。
 サーバーソフトや再生ソフトはよりどりみどり。音楽再生のユーザビリティという点でも、PCとオーディオ機器が明確に分断されていた一昔前ならともかく、今となっては単機能を突き詰めたオーディオ機器に劣るところはない。
 さらに様々なソフトや設定をとっかえひっかえして、ソフトの領域で好みの音を追求する余地があるのはPCならでは。この作業は絶望的に面倒臭く、またその意味において極めてオーディオ的とも言える。

 やはり問題なのはハードだ。
 まずファンレスは絶対条件。これだけは譲れない。
 ストレージは問答無用でSSD一択。HDDのシーク音は聴くに堪えない。
 電源も、可能であればスイッチング電源ではなくアナログ電源が欲しい。
 USB出力も、外付けのアクセサリーではなく本体側で何らかの対策を行いたい。
 ラックに置いた時、他のオーディオ機器と遜色のない見た目も欲しい。

 PCをオーディオに用いる時、機能的には「サーバー」と「プレーヤー」になり得るため、「ミュージックサーバー」として使うのが最も理に適っていると思われる。もちろん、単体サーバーやトランスポートとして使ってもいい。
 「オーディオ機器として」思い付くことを全部やって、その果てに出来上がった「オーディオ用PC」が、それぞれの役割でどれだけの音を出せるのか。興味は尽きない。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品

 これこそ、純然たるオーディオの領域においてRoonReadyを本当に活かすためにも必要なRoon Serverの器であり、同時にPCオーディオとネットワークオーディオの不毛な対立に終止符を打つ最後の一撃でもある。


 つまるところ、これは「理想のオーディオ用PC」のことでもある。
 本気でPCをオーディオに使うなら、そんなPCが欲しい。



 というわけで、現状で叶い得る理想を全部盛りしたPCをお借りしてある。

20160407canarino08

 アレコレと試すのが楽しみだ。



理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】おすすめのコントロールアプリ

 この記事は随時更新の予定。  コントロールアプリはネットワークオーディオの最後の仕上げ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。 AURALiC's New Bundle Of Goodi

記事を読む

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPhone/androidでも使え

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑