*

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「ミュージックサーバー」とは、単純に言えば「ストレージ内蔵プレーヤー」のこと。厳密に言えば、ストレージの有無は実は関係なく、「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」の両方を持っている製品ジャンルのこと。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 システム領域用のストレージだけを積むという選択肢も取れるが、そうする理由も特にないため、PCをオーディオ機器として運用するならミュージックサーバーとなるケースが一番多いのではなかろうか。

 PCを「ミュージックサーバー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

JRiver Media Center(以下JRiver)
foobar2000
Hysolid(今後への期待も込めて)
Roon Server(※Controlも含めた全部入りのRoonももちろん使えるが、今回はあくまで「Roon Server」として使うことを念頭に置いている)

 foobar2000は動かしている最中に必要性を感じなくなり、Roon Serverは立ち位置が特異であり別記事で扱うので、ここではJRiverとHYSOLIDを扱う。



 JRiver。
 最短距離で最高度の環境を作ろうと思えば、今なお最有力の選択肢である。
 JRiverとJRemoteの組み合わせがあまりにも優秀すぎるせいで、世の中には「コレまんま中身JRiverじゃねーか!」という製品まで存在するくらいである。しかし実際問題、自前にこだわった挙句要領を得ないシステムになるくらいなら、最初から優れたシステムをコアに採用する方が100億倍ユーザーのためになる。
20160417evo03
20160417evo04

 で、音。
 煌びやかにして厚い音。
 前へ前へ押し迫ってくる音。
 多分にオーディオ的な、良く聴かせようとという演出を感じる。
 これらのゴージャスさは、もしかしたらPCで聴く際の「物足りなさ」を払拭しようとした結果なのかもしれない。



 続いて、HYSOLID。
アプリHYSOLID

 国産の新鋭ソフトであり、HPでは再生ソフトを名乗っているが、実態はライブラリ機能まで担うためミュージックサーバーとなる。
 ただし出来立てゆえか、ライブラリ機能・コントロールアプリ共にユーザビリティの練り上げがまるで足りておらず、システム全体の完成度としてJRiver & JRemoteに遠く及ばない。アプリはタブレットに対応していないし。
20160417evohysolid02
20160417evohysolid01

 一方で、音には光るものを感じる。
 音調はニュートラルで、いくぶん響きが少な目ですっきりとした鳴り方をする。
 解像度の高さが印象に残る半面、ちょっとそっけない音にも思える。
 奇を衒わず真面目に磨き込まれた音、という感じ。

 じゅうぶんに音は良いし、使用に際しての設定もすこぶる簡単。
 ユーザビリティにおける伸びしろはいくらでもあるので、今後の進化に期待したい。



 JRiverをPCに入れて、JRemoteを端末に入れれば、あっという間にPCは極めて完成度の高いミュージックサーバーとなる。
 今日からJRiverとJRemoteしか使えなくなる呪いをかけられても別に何とかなる、それくらいよく出来たシステムである。
 
 とりあえず困ったらJRiverを入れておけば間違いない。
 それだけで、「快適」と称するシステムのほとんどを軽く薙ぎ倒せる。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

DTS:Xのソフトを片っ端から聴く

 片っ端っつっても3枚しか持っていないが。 Pioneer SC-LX59でDolby

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの基本要素

 遅れに遅れているコントロールアプリの検証2014だが、個別の検証に入る前にちょっと整理しておきたい

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第171回『エイリアン 四部作』

『エイリアン』  画質:7 音質:8 『エイリアン2』 画質:8 音質:10 『エイリアン3』 

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑