*

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「ミュージックサーバー」とは、単純に言えば「ストレージ内蔵プレーヤー」のこと。厳密に言えば、ストレージの有無は実は関係なく、「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」の両方を持っている製品ジャンルのこと。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 システム領域用のストレージだけを積むという選択肢も取れるが、そうする理由も特にないため、PCをオーディオ機器として運用するならミュージックサーバーとなるケースが一番多いのではなかろうか。

 PCを「ミュージックサーバー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

JRiver Media Center(以下JRiver)
foobar2000
Hysolid(今後への期待も込めて)
Roon Server(※Controlも含めた全部入りのRoonももちろん使えるが、今回はあくまで「Roon Server」として使うことを念頭に置いている)

 foobar2000は動かしている最中に必要性を感じなくなり、Roon Serverは立ち位置が特異であり別記事で扱うので、ここではJRiverとHYSOLIDを扱う。



 JRiver。
 最短距離で最高度の環境を作ろうと思えば、今なお最有力の選択肢である。
 JRiverとJRemoteの組み合わせがあまりにも優秀すぎるせいで、世の中には「コレまんま中身JRiverじゃねーか!」という製品まで存在するくらいである。しかし実際問題、自前にこだわった挙句要領を得ないシステムになるくらいなら、最初から優れたシステムをコアに採用する方が100億倍ユーザーのためになる。
20160417evo03
20160417evo04

 で、音。
 煌びやかにして厚い音。
 前へ前へ押し迫ってくる音。
 多分にオーディオ的な、良く聴かせようとという演出を感じる。
 これらのゴージャスさは、もしかしたらPCで聴く際の「物足りなさ」を払拭しようとした結果なのかもしれない。



 続いて、HYSOLID。
アプリHYSOLID

 国産の新鋭ソフトであり、HPでは再生ソフトを名乗っているが、実態はライブラリ機能まで担うためミュージックサーバーとなる。
 ただし出来立てゆえか、ライブラリ機能・コントロールアプリ共にユーザビリティの練り上げがまるで足りておらず、システム全体の完成度としてJRiver & JRemoteに遠く及ばない。アプリはタブレットに対応していないし。
20160417evohysolid02
20160417evohysolid01

 一方で、音には光るものを感じる。
 音調はニュートラルで、いくぶん響きが少な目ですっきりとした鳴り方をする。
 解像度の高さが印象に残る半面、ちょっとそっけない音にも思える。
 奇を衒わず真面目に磨き込まれた音、という感じ。

 じゅうぶんに音は良いし、使用に際しての設定もすこぶる簡単。
 ユーザビリティにおける伸びしろはいくらでもあるので、今後の進化に期待したい。



 JRiverをPCに入れて、JRemoteを端末に入れれば、あっという間にPCは極めて完成度の高いミュージックサーバーとなる。
 今日からJRiverとJRemoteしか使えなくなる呪いをかけられても別に何とかなる、それくらいよく出来たシステムである。
 
 とりあえず困ったらJRiverを入れておけば間違いない。
 それだけで、「快適」と称するシステムのほとんどを軽く薙ぎ倒せる。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

BubbleUPnPとJPLAY 6.2がQobuzに対応

 BubbleUPnPがQobuzに対応。  汎用アプリでありながらTIDALとQobuzに両対応

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

 コンテンツを楽しむ環境にほんの少しでもこだわれば、まさにそれこそがホームシアターなのである……と言

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Dynaudio

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑