*

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「ミュージックサーバー」とは、単純に言えば「ストレージ内蔵プレーヤー」のこと。厳密に言えば、ストレージの有無は実は関係なく、「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」の両方を持っている製品ジャンルのこと。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 システム領域用のストレージだけを積むという選択肢も取れるが、そうする理由も特にないため、PCをオーディオ機器として運用するならミュージックサーバーとなるケースが一番多いのではなかろうか。

 PCを「ミュージックサーバー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

JRiver Media Center(以下JRiver)
foobar2000
Hysolid(今後への期待も込めて)
Roon Server(※Controlも含めた全部入りのRoonももちろん使えるが、今回はあくまで「Roon Server」として使うことを念頭に置いている)

 foobar2000は動かしている最中に必要性を感じなくなり、Roon Serverは立ち位置が特異であり別記事で扱うので、ここではJRiverとHYSOLIDを扱う。



 JRiver。
 最短距離で最高度の環境を作ろうと思えば、今なお最有力の選択肢である。
 JRiverとJRemoteの組み合わせがあまりにも優秀すぎるせいで、世の中には「コレまんま中身JRiverじゃねーか!」という製品まで存在するくらいである。しかし実際問題、自前にこだわった挙句要領を得ないシステムになるくらいなら、最初から優れたシステムをコアに採用する方が100億倍ユーザーのためになる。
20160417evo03
20160417evo04

 で、音。
 煌びやかにして厚い音。
 前へ前へ押し迫ってくる音。
 多分にオーディオ的な、良く聴かせようとという演出を感じる。
 これらのゴージャスさは、もしかしたらPCで聴く際の「物足りなさ」を払拭しようとした結果なのかもしれない。



 続いて、HYSOLID。
アプリHYSOLID

 国産の新鋭ソフトであり、HPでは再生ソフトを名乗っているが、実態はライブラリ機能まで担うためミュージックサーバーとなる。
 ただし出来立てゆえか、ライブラリ機能・コントロールアプリ共にユーザビリティの練り上げがまるで足りておらず、システム全体の完成度としてJRiver & JRemoteに遠く及ばない。アプリはタブレットに対応していないし。
20160417evohysolid02
20160417evohysolid01

 一方で、音には光るものを感じる。
 音調はニュートラルで、いくぶん響きが少な目ですっきりとした鳴り方をする。
 解像度の高さが印象に残る半面、ちょっとそっけない音にも思える。
 奇を衒わず真面目に磨き込まれた音、という感じ。

 じゅうぶんに音は良いし、使用に際しての設定もすこぶる簡単。
 ユーザビリティにおける伸びしろはいくらでもあるので、今後の進化に期待したい。



 JRiverをPCに入れて、JRemoteを端末に入れれば、あっという間にPCは極めて完成度の高いミュージックサーバーとなる。
 今日からJRiverとJRemoteしか使えなくなる呪いをかけられても別に何とかなる、それくらいよく出来たシステムである。
 
 とりあえず困ったらJRiverを入れておけば間違いない。
 それだけで、「快適」と称するシステムのほとんどを軽く薙ぎ倒せる。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【インプレッション】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmane

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触

記事を読む

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』

スーパーマンって人(型宇宙人)を殴っていいんだ…… 画質:12 音質:13 映像

記事を読む

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近で

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑