PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「ミュージックサーバー」とは、単純に言えば「ストレージ内蔵プレーヤー」のこと。厳密に言えば、ストレージの有無は実は関係なく、「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」の両方を持っている製品ジャンルのこと。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 システム領域用のストレージだけを積むという選択肢も取れるが、そうする理由も特にないため、PCをオーディオ機器として運用するならミュージックサーバーとなるケースが一番多いのではなかろうか。

 PCを「ミュージックサーバー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

JRiver Media Center(以下JRiver)
foobar2000
Hysolid(今後への期待も込めて)
Roon Server(※Controlも含めた全部入りのRoonももちろん使えるが、今回はあくまで「Roon Server」として使うことを念頭に置いている)

 foobar2000は動かしている最中に必要性を感じなくなり、Roon Serverは立ち位置が特異であり別記事で扱うので、ここではJRiverとHYSOLIDを扱う。



 JRiver。
 最短距離で最高度の環境を作ろうと思えば、今なお最有力の選択肢である。
 JRiverとJRemoteの組み合わせがあまりにも優秀すぎるせいで、世の中には「コレまんま中身JRiverじゃねーか!」という製品まで存在するくらいである。しかし実際問題、自前にこだわった挙句要領を得ないシステムになるくらいなら、最初から優れたシステムをコアに採用する方が100億倍ユーザーのためになる。
20160417evo03
20160417evo04

 で、音。
 煌びやかにして厚い音。
 前へ前へ押し迫ってくる音。
 多分にオーディオ的な、良く聴かせようとという演出を感じる。
 これらのゴージャスさは、もしかしたらPCで聴く際の「物足りなさ」を払拭しようとした結果なのかもしれない。



 続いて、HYSOLID。
アプリHYSOLID

 国産の新鋭ソフトであり、HPでは再生ソフトを名乗っているが、実態はライブラリ機能まで担うためミュージックサーバーとなる。
 ただし出来立てゆえか、ライブラリ機能・コントロールアプリ共にユーザビリティの練り上げがまるで足りておらず、システム全体の完成度としてJRiver & JRemoteに遠く及ばない。アプリはタブレットに対応していないし。
20160417evohysolid02
20160417evohysolid01

 一方で、音には光るものを感じる。
 音調はニュートラルで、いくぶん響きが少な目ですっきりとした鳴り方をする。
 解像度の高さが印象に残る半面、ちょっとそっけない音にも思える。
 奇を衒わず真面目に磨き込まれた音、という感じ。

 じゅうぶんに音は良いし、使用に際しての設定もすこぶる簡単。
 ユーザビリティにおける伸びしろはいくらでもあるので、今後の進化に期待したい。



 JRiverをPCに入れて、JRemoteを端末に入れれば、あっという間にPCは極めて完成度の高いミュージックサーバーとなる。
 今日からJRiverとJRemoteしか使えなくなる呪いをかけられても別に何とかなる、それくらいよく出来たシステムである。
 
 とりあえず困ったらJRiverを入れておけば間違いない。
 それだけで、「快適」と称するシステムのほとんどを軽く薙ぎ倒せる。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答