*

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「ミュージックサーバー」とは、単純に言えば「ストレージ内蔵プレーヤー」のこと。厳密に言えば、ストレージの有無は実は関係なく、「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」の両方を持っている製品ジャンルのこと。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 システム領域用のストレージだけを積むという選択肢も取れるが、そうする理由も特にないため、PCをオーディオ機器として運用するならミュージックサーバーとなるケースが一番多いのではなかろうか。

 PCを「ミュージックサーバー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

JRiver Media Center(以下JRiver)
foobar2000
Hysolid(今後への期待も込めて)
Roon Server(※Controlも含めた全部入りのRoonももちろん使えるが、今回はあくまで「Roon Server」として使うことを念頭に置いている)

 foobar2000は動かしている最中に必要性を感じなくなり、Roon Serverは立ち位置が特異であり別記事で扱うので、ここではJRiverとHYSOLIDを扱う。



 JRiver。
 最短距離で最高度の環境を作ろうと思えば、今なお最有力の選択肢である。
 JRiverとJRemoteの組み合わせがあまりにも優秀すぎるせいで、世の中には「コレまんま中身JRiverじゃねーか!」という製品まで存在するくらいである。しかし実際問題、自前にこだわった挙句要領を得ないシステムになるくらいなら、最初から優れたシステムをコアに採用する方が100億倍ユーザーのためになる。
20160417evo03
20160417evo04

 で、音。
 煌びやかにして厚い音。
 前へ前へ押し迫ってくる音。
 多分にオーディオ的な、良く聴かせようとという演出を感じる。
 これらのゴージャスさは、もしかしたらPCで聴く際の「物足りなさ」を払拭しようとした結果なのかもしれない。



 続いて、HYSOLID。
アプリHYSOLID

 国産の新鋭ソフトであり、HPでは再生ソフトを名乗っているが、実態はライブラリ機能まで担うためミュージックサーバーとなる。
 ただし出来立てゆえか、ライブラリ機能・コントロールアプリ共にユーザビリティの練り上げがまるで足りておらず、システム全体の完成度としてJRiver & JRemoteに遠く及ばない。アプリはタブレットに対応していないし。
20160417evohysolid02
20160417evohysolid01

 一方で、音には光るものを感じる。
 音調はニュートラルで、いくぶん響きが少な目ですっきりとした鳴り方をする。
 解像度の高さが印象に残る半面、ちょっとそっけない音にも思える。
 奇を衒わず真面目に磨き込まれた音、という感じ。

 じゅうぶんに音は良いし、使用に際しての設定もすこぶる簡単。
 ユーザビリティにおける伸びしろはいくらでもあるので、今後の進化に期待したい。



 JRiverをPCに入れて、JRemoteを端末に入れれば、あっという間にPCは極めて完成度の高いミュージックサーバーとなる。
 今日からJRiverとJRemoteしか使えなくなる呪いをかけられても別に何とかなる、それくらいよく出来たシステムである。
 
 とりあえず困ったらJRiverを入れておけば間違いない。
 それだけで、「快適」と称するシステムのほとんどを軽く薙ぎ倒せる。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2

 とりあえず、 ・ギャルゲ ・エロゲ ・アイドル声優  方向性はこの三本柱で

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Stille lys (Quiet Light)

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Stille

記事を読む

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの  上の記事で、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑