*

「 オーディオ・ビジュアル全般 」 一覧

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』 画質:9 音質:8 『ワイルド・スピード MA

続きを見る

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9 画質について。 彩度がかなり控えめだということを除けば、昨今のデジタル撮りの映画作品としてはかなり

続きを見る

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質について。 とにか

続きを見る

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュアルがするとは到底思えないので、おそらく北米版と国内版の中身は同じと思われる。 画質:8 

続きを見る

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch 手掛けたのはあのランボー最後の戦場北米版と同じエンコ

続きを見る

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14 映像はMPEG2、音声はリニアPCMの16bit なんとも懐かしい黎明期におけるSPE仕様であ

続きを見る

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について。 冒頭の星条旗の素晴らしい色キレと解像感にまず感動。パットンの老獪な表情の活写とあいまって、これ

続きを見る

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質について。 戦国時代の冬の農村、野山、寒空、いやはやなんとも地味な素材ばかりを選んだもんだと関心はするが

続きを見る

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。 画作りにおいて映画的な作為を極力排した、ドキュメンタリータッチというよりは高画質であることを端

続きを見る

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になった。 画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit

続きを見る

【BDレビュー】 第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤

海外では旧版から新装版への無償交換までしたとかなんとか。 でも日本では発売元にクソほどのやる気もないのか、待てど暮らせど一向に対応する様子も無いので結局輸入。 ちなみに輸入したものは独盤。10周年

続きを見る

【BDレビュー】 第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤 エクステンデッド・カット

画質:8 音質:15☆ Fuckin' Awesome 映像はAVC、音声は【DTS-HDMAの7.1ch、24bit】 画質について。 国内ギャガ版と比べて大した差は無し。マスター

続きを見る

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質について: フィルム撮影末期の映画として、画面全体の情報量はなかなかのものがある。表情にクローズアップし

続きを見る

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMA7.1ch bit数は失念 画質について: 冒頭の俯瞰撮影時、フレー

続きを見る

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。 これまた最近のアクション映画によくある画。 こってり濃厚な色彩と露骨な粒状感。全編通じて

続きを見る

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。 この手の映画でよくある、濃くてざらついた画調。 そこそこの解像感や情報量はあるが全体的には軟調

続きを見る

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質について。 「これならBDを買った甲斐があったな!!」 と、とりあえず胸をなでおろせる仕上がり。

続きを見る

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit 画質について。 ・ニューラインシネマ製作 ・DTS-HDMA7.1ch ・映像コーデックにV

続きを見る

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本格的にCGを使えるようになったぜ! ヒャッハー!」という瑞々しい活力に満ち溢れていて大好きだ!

続きを見る

【BDレビュー】 第175回『レッド・ドラゴン』

画質:8 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。 2000年代のフィルム撮影の映画としては水準をクリアする画質。 あくまで穏やかな空気感の中に

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑