*

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

公開日: : 最終更新日:2013/12/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般 ,

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです
 
 



 
手始めに、現状で有力な選択肢になるであろうコントロールアプリを7つ、簡単に紹介する。個別詳細は後日。
ChorusDSを除き、紹介するアプリはUPnP/DLNA対応の汎用アプリである。
基本的に検証はDSで行っているが、汎用アプリは他のネットワークプレーヤーでも勿論使える。
ちなみに紹介するアプリはすべてiPad対応であり、画像もiPad版のもの。
なお、述べる感想・印象は下記環境下でのものであり、使用する機器によっては動作速度等で違いが出てくることは大いに考えられるので注意されたし。
なお、「音源のフォーマット、スペックの表示機能あり」と書いていても、基本的に「DSを使っているときのみ」と考えてよさそうである。
 
  
 
●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I、foobar2000 Renderer
コントローラー:iPad2
 
 
 
【ChorusDS】 有償・iPhone版:1500円 iPad版:3600円
基本インターフェース
s_App再生画面 001

アルバムアート拡大
s_App再生画面 006

“DS専用アプリ”にして、私の知る限り現状最強のコントロールアプリ。デザインもインターフェースも動作速度も安定性も情報の一覧性も全て高度に洗練されており、欠点らしい欠点が無い。特に安定性の面でずば抜けており、LINN純正のKinskyをも凌ぐ。あくまでDS専用に徹するが故の安定性と言えよう。
DSユーザーには文句なしにお勧めできるアプリであり、むしろ、“ネットワークオーディオにおいてこのアプリが使えるがためにDSを選ぶ”という選択肢があってもいいくらいの完成度である。
ちなみにLINNの本国スタッフも、iOS版Kinskyがリリースされるまではこのアプリをデモに使っていた。
音源のフォーマット、スペックの表示機能あり。
 
 
 
【SongBook Lite】 有償・iPhone/iPad共用:800円
基本インターフェース
s_App再生画面 013

アルバムアート拡大
s_App再生画面 015

わりと最近まではSongBook DSという名称であり、“DS用高級操作アプリ”として一世を風靡したような気がするが、いつの間にかUPnP対応汎用アプリとなり、価格も大幅に下がった。(現在上位版としてSongBook’11 UPNPがある)SongBook DS時代に1万も出して買った身としては忌々しい話である。
ChorusDSに比して安定性の点で一歩劣る感があるものの、全体的な完成度は非常に高く、非DSユーザーにとっては決定打となりうる。
ちなみにLINNのCEOはChorusDSよりSongBookが気に入っているらしい。
音源のフォーマット、スペックの表示機能あり。
 
 
 
【SongBook’11 UPNP】 有償・iPhone版:2200円 iPad版:4300円
基本インターフェース
s_App再生画面 012

アルバムアート拡大
s_App再生画面 013

SongBookの“現在の”最上位版。iPhone版では従来のSongBookと同じインターフェースを継承するが、iPad版は完全に刷新されている。刷新されてはいるのだが、動作はなんとも不安定であり、操作系も煩雑で洗練されているとは言い難い。
目新しく、かつ面白い機能も多々備えているため、今後の安定性向上に期待。
音源のフォーマット、スペックの表示機能あり。
 
 
 
【Kinsky】 無料 ※iOS版
基本インターフェース
s_App再生画面 001

アルバムアート拡大
s_App再生画面 004

もともとはLINNがDSのコントローラーとしてPC用に作っていたソフトで、そのiOS版。PC版もそうだが、なぜかDS以外の機器も動く。要はUPnP/DLNA準拠の汎用アプリとしても機能する。
iOS版はPC版をそのまま移植した感じであり、ChorusDSやSongBookに比べると今一歩洗練されていない印象を受けるが、全体的な操作感は上々。さすがにLINN純正だけあって安定性も高い。不意な大ボリュームを回避できる仕組みも好印象。ちなみに再生時、アルバムアートが最も大きく表示されるアプリである。
なんにせよ無料なので、試してみる価値はある。
音源のフォーマット、スペックの表示機能あり。
 
 
 
【DiXiM DMC】 有償・iPhone/iPad共用:350円
再生画面
s_App再生画面 020

NA7004やNP-S2000といった国産ネットワークプレーヤーと同時期に颯爽と登場した国産アプリ。DLNAにおけるDMCをそのまんま名前にする潔さは素晴らしい。実際、DLNA対応機器を“見つけてくる”能力は大したものである。当初は無料だったが現在は有償。有償化に際して機能拡張をした完全版でも出るのかと思ったがそんなことは無かった。
特筆すべきは抜群の動作速度と、そして“タイル表示”の面白さにある。しかしタイル表示にするとメモリの関係か、結構な確率で落ちる。iPad2になってメモリが増えてもやはり落ちまくる。
ちなみにDSで使うと謎のバグが生じてDSの電源を入れ直す羽目になる。
音源のフォーマット、スペックの表示機能なし。
アルバムアートの拡大表示もできず。
 
 
 
【PlugPlayer】 有償・iPhone/iPad版それぞれ450円
再生画面
s_App再生画面 006

UPnP/DLNAで使える安いコントロールアプリとして名前だけはよく見るが、SongBookの汎用化やDiXiMの登場によって相対的に地位は低下しているように思う。DS以外を使う時でも、素直にKinskyを使えばいいような気もする。
割と頻繁にアップデートをしており、選曲時のアルバムアート表示に対応する等、機能面で着実に進歩はしてきている。
音源のフォーマット、スペックの表示機能なし。
やはり操作性的にロートルになっている感は否めない。
 
 
 
【eLyric】 有償・iPhone/iPad版共用で850円

基本インターフェース
s_App再生画面 005

アルバムアート拡大
s_App再生画面 009

『eLyric』とはアメリカのオーディオメーカー、PS Audioがリリースしているネットワークオーディオのコントロールアプリである。PS Audioとはご存じのとおり、ネットワークブリッジを追加することでネットワークプレーヤーになるPWDというDACを発売している。eLyricは基本的にはPWD用の純正アプリという立ち位置だが、LINNのKinskyと同様、UPnP/DLNA対応の汎用アプリとして動作する。さらに試してはいないが、『eLyric Music Manager』というPC用音源管理・再生・サーバーソフトも自前で用意しているという徹底ぶり。その意気やよし。
コントロールのための機能は一通り揃っている。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】toe / HEAR YOU

・アーティスト / アルバムタイトル toe / HEAR YOU ・購入元

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力! そうそう、馬鹿映画はこうじ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM ステレオ 24bit

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑