*

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

アルバムi found you

・アーティスト / アルバムタイトル
KOKIA / I Found You


・購入元
VICTOR STUDIO


・スペック&コーデック
96kHz/24bit FLAC


・音源情報(ダウンロードした時点)
2015050301
2015050302


・アルバムアート
1400×1400で最初から埋め込み


・その他諸々
要ジャンル登録
CDとは微妙にアルバムアートが違う
CDに入っているボーナストラック「Spirits」は含まず


・音質所感
 前作『Where to go my love?』がK2HDでリリースされたことに内心失望しすぎたせいか、ハイレゾ版がCDと同時リリースされたことすら気付いていなかったという有様。結果的にCDと聴き比べが出来たが。
 やはりCDとは違う。
 差異の方向性は前作と同様だが、変化の幅は前作以上。
 無理矢理音が詰め込まれた感が薄まり、ストレスなく音が広がる。コーラスワークがほぐれるほぐれる。これは「I Found Love」で顕著。
 「I Found You」の冒頭のピアノに感じる硬質さもうまい具合にやわらいでいる。

 究極的にはYesとKOKIAのためにオーディオをやっているような私にとって、Yesに続いてKOKIAもアプコンの類ではないハイレゾ音源が聴けるようになったことは感慨深い。望み薄とは思うが、過去作のリマスター&ハイレゾリリースも期待したい。

 前作がまさかのK2HDだったことで、「KOKIAは未だにハイレゾで音源製作をしていないのか……」と絶望したものだったが、少なくともこれからはそういうことはなさそうだ。



 ところで話は変わるが。

 幸いにして、私はハイレゾというだけで高音質を確信できるほどオーディオという趣味を舐めていないし、ハイレゾならば素晴らしく高音質などという幻想を吹聴できるほど恥知らずでもない。

 私の経験からすれば、「聴く音源がハイレゾか否か」がシステムトータルの音質に与える影響は非常に小さい、と言わざるを得ない。
 同一音源がCDとハイレゾで音が違うことは確かだが、その差はスピーカーのセッティングの巧拙で容易に吹き飛ぶ程度のものだ。
 それよりも、リマスターなど、音源そのものの差の方が遥かに大きい。
 さらに言えば、元が大したことのない音源をハイレゾで聴いたところで、良録音のCDには逆立ちしても敵わない。
 どれだけハイレゾを救世主のごとく礼賛しても、それを構成するスペックは何処まで行っても所詮器である。
 そんなに高音質が欲しいのなら、スピーカーかヘッドホンを替えればいい。ハイレゾ云々を考えるのが馬鹿馬鹿しくなるほどの歴然たる変化を味わえる。
 ハイレゾだから音がいいのではない。
 オーディオとはそんなに単純なものではない。
 ハイレゾとは高音質を実現するためのほんの一要素でしかない。

 それではなぜわざわざハイレゾ音源を買うのかと言われそうだが、それはハイレゾ音源が「CDというフォーマットに収めるために余計な加工をしていない(あるいは限りなくそれに近い)音源」だからだ。それ以上でもそれ以下でもない。
 しかし、ユーザーからすればそれこそが重要なのだ。わざわざオリジナルから劣化させた音源を選ぶ理由はない。BDが出ている、あるいはBDを出せる状態なのに、なぜDVDを買わなければならないのか。それと同じだ。
 だからこそ、単なる後出しハイレゾ商法は非常に萎える。出せるなら出し惜しみせず最初から出してほしい、というのが私の切なる願いだ。

 「ハイレゾか否か」と「高音質か否か」は別問題、なんてことはとっくに承知している。
 しかしそれでも、そこに高音質の可能性がある以上、オーディオを趣味にする人間にとってハイレゾ音源は無視することができない。
 その音源を愛するからこそ、既にCDを持っていても、ハイレゾが出たとなれば手を出してしまう。喜ばしいリマスターだろうと、忌々しい単なる後出しだろうと。
 たとえそれが、多くの場合DVDからBDの買い替えのような明確な質的向上をもたらすものではないと、何度も何度も身をもって思い知っていたとしても……



【ハイレゾ音源備忘録】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第154回『HALO LEGENDS』

画質:8 音質:6 映像はVC-1、音声はドルビーデジタルのみ 画質について。 フ

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑