*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの黄昏

公開日: : 最終更新日:2014/11/20 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 おおよそ2年半前、コントロールアプリの検証を行った。

 ・『eLyric』(iPad版)
 ・『eLyric』(iPhone/iPod Touch版)
 ・『ChorusDS HD』(iPad版)
 ・『SongBook Lite』(iPad版)
 ・『SongBook Lite』 Version 4.1.0
 ・『PlugPlayer』(iPad版)
 ・『DiXiM DMC』(iPad版)
 ・『Kinsky』(iPad版)
 ・『SongBook’11 UPnP』(iPad版)
 ・『Marantz Remote App』
 ・『Denon Remote App』(iPad版)
 ・『LUMIN App』
 ・『LUMIN App』 Version 2.0
 ・『LUMIN App』詳細な挙動とささやかな改善案
 ・『LUMIN App』 Version 3.0
 ・『Bubble DS/UPnP』 アルバムアート表示について

 そして今、あらためて検証をしようとしているわけだが、いささか愕然としている。
 到るところで崩落が起きている。


・eLyric
 消滅。
 PS Audio純正アプリとしては「tagNplay」という実質的にeLyricから名前を変えただけのアプリがあったようだが、そちらも消滅している。

・ChorusDS / ChorusDS HD
 最終更新日は2011/04/20であり、3年半以上まったく更新されていない。
 検証にあたって約半年ぶりにMAJIK DS-Iに電源を入れて使ってみると、フリーズと強制終了の嵐であり、まともに使えなくなってしまっていた。プレイリストをクリアしようとすると100%フリーズするという有様である。iOS 8となり、とうとう限界を迎えたようだ。
 SongBook DSが実現した「夢」をさらに洗練させた押しも押されぬ神アプリも、ついにその役目を終えてしまったのか。

・SongBook Lite / SongBook’11 UPnP
 消滅。
 さらば、SongBook。

・DiXiM DMC
 消滅。
 ネットワークオーディオ黎明期、アルバムのタイル表示の素敵さを教えてくれた、思い出深いアプリだった。


 eLyricとDiXiM DMCはまぁいいとして、SongBookが消え、さらにChorusDSまでも……

 無論、これら以外にもメーカー純正含めて色々なコントロールアプリがあるのは承知している。
 しかし正直なところ、LINN DSにはChorusDSがあったし(Kinskyは次善)、それ以外のネットワークオーディオプレーヤーもSongBook Liteがありさえすればよかった。media:connectもMedia Link Playerも、Audionet Music Managerもmconnect playerも、SongBook Liteとは勝負にならず、検証記事を作成する気は起きなかった。BubbleUPnPはサボっていた。申し訳ない。ところが今となっては、ChorusDSは死に体となり、SongBook Liteは消滅した。

 これからネットワークオーディオを始めるユーザーはいったいどうすればいい?
 幸いなことに、LINN DSユーザーはLUMIN Appが使えるし、KinskyはDS以外のネットワークオーディオプレーヤーでも機能する。しかし、結局それは「メーカー純正アプリがなぜか他メーカーの製品でも使える」というだけなのだ。特定のメーカー製品に依存しない、それこそPlugPlayerのようなアプリでなければ、真に「汎用アプリ」と呼ぶことはできないし、ユーザーの選択肢が増えるとは言い難い。前にも書いたと思うが、もしLINNが方針を変えて、KinskyをDS以外のプレーヤーで使えなくしてしまったら、それで大多数のネットワークオーディオプレーヤーはおしまいだ。そして、誰もそれを咎められない。メーカー自身で作っている純正アプリなのだから、どんな仕様にしようがそのメーカーの勝手である。

 最近のネットワークオーディオ界隈を眺めていると、SongBook Liteの消滅もそうだが、「DLNA/UPnPの仕組みを利用した汎用アプリ」が廃れ、「メーカー純正/専用アプリ」の比重が高まりつつあるようだ。海外の“ついでにネットワークオーディオプレーヤーにもなる”超高級DACも、自前でアプリを用意している場合が多い。dcsとか。もちろん、それ自体は問題ではない。問題なのは、実質的にメーカー純正アプリしか選択肢がないくせして、その純正アプリの出来が絶望的に終わっているという状況だ。
 ま、率直に言えば、多くのメーカー純正アプリ(特に国産)の出来がガバガバなのは昔からなので今さらどうでもいいことなのだが、大いなる救済となっていたSongBook Liteは消えてしまった。消滅以前に入手していたならともかく、これからネットワークオーディオを始めようというユーザーは残念なことになってしまった。

 汎用アプリがことごとく廃れ、メーカー純正/専用アプリに収斂されていくというのなら、それも別によかろう。
 そうなれば、ますますメーカーは「ネットワークオーディオで実現する快適な音楽再生」という言葉に対して巨大な責任を負うことになる。その言葉が輝ける真実となるか、それとも悪質な詐欺となるかは、メーカーの姿勢次第。

 もはや逃げ場はないのだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第132回『D WARS』

これ…… 画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

 CES2016における最大のニュースはRoonReady。  私個人が選ぶハイライトはAudio

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

【TIAS2015】国産ネットワークオーディオプレーヤー、おめでとう!

ヤマハの次世代スピーカー「NS-5000」が披露。ESOTERICはネットワークプレーヤー「N-05

記事を読む

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roon Labs New D

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ボスケテ より:

    Androidはメーカー純正アプリ位しか選択肢が有りませんでした。
    N-50とLockdiskNEXTの我が家ですと、Kinskyはプレイリストが機能しませんでした。
    その後発見した2playerも同様でした。
    最近見つけたAudionet aMMでようやくプレイリストの便利さを享受出来た次第です。
    大変とは思いますが、NEXUSでの検証を楽しみにしています。

    • sakakihajime より:

      ボスケテさん

      パイオニアは……何というか色々アレですね。ネットワークオーディオにおけるザ・国産と言いますかなんと言いますか。
      N-50の純正コントロールアプリって実はDLNAとは無関係で、「機器本体による操作を遠隔表示してる」だけだったりしますし。そりゃN-30ともども切り捨てられますよねっていう。

      ちなみにAudionetのアプリですが、iOSだと「Audionet iMM」って名称です。このiとかaってiOSとandroidのことなんでしょうかね?
      今回はAudionet Music Managerも検証しますので、乞う御期待ということで。

  2. 00Q より:

    うわああああ!
    ChorusDSがああああ!
    なんということでしょう!
    今後の更新次第では改善するかもしれませんが、それがいつになるかわからない現状では、使えないコントロールアプリになってしまった。

    将来、DELA N1AとUSB-DACの1組を経てからLINN DSに移ろうと予定している私にとってショックなことです。
    なぜかLUMIN Appが使える分、まだ操作面に余裕がある。
    けれど、アプリの選択肢が狭まったのは残念です。

    • sakakihajime より:

      00Qさん

      /(^o^)\
      ChorusDSは個人製作のようですし、今後更新されることは期待薄な気がします。残念ですが、ユーザーとしては受け入れるしかありません。あくまでサードパーティ製のアプリですから。
      DELA N1Aには……とりあえずKinskyでも使いましょうか。

  3. Terry より:

    ネットワークオーディオに関する研究成果、敬服して読ませていただきました。私も仕事先の住居でLinn DSを、自宅でDST-01を使っており、同様の悩みや疑問を抱えておりました。3年程前から4,000枚を超えるCDのリッピングに取り組み1年半かかり完成にこぎつけました。2TBがほぼ満杯です。ライブラリ構築の留意点は全く同じ、使用ソフトもしかりでした。唯一の違いはジャケット写真への拘りです。この記事を参考に、磨きをかけようかと思いました。
    私のコレクションは9割がジャズですので、楽器ごとに、例えば、01 Alto Saxなどのように分類しています。クラシックは手強いですね。時代と地域でジャンル分け、作曲家をアルバムアーティストとしています。同一アルバムに異なるジャンルがある場合は、同一アルバムでも分けています。検索でAllを選ぶとジャンルが異なっても同一アルバムの曲は全部出てくるので不便は無いです。
    クラシックの整理法、楽しみに待っています。

    • sakakihajime より:

      Terryさん

      PC/ネットワークオーディオの領域は空虚な「ハイレゾ」やら絵に描いた「快適性」やらといった言葉が乱舞する一方で、「音源/ライブラリ」に対する意識は依然として低調なままです。
      そんな現状打破の為の一石になればと【音源管理の精髄】を書き始めました。

      昨年中で「既に知っていたこと」はだいぶ吐き出しましたが、それでもまだまだ吐き出し終わりません。
      今年は徐々にでも新規研究の領域に踏み込んでいければと思っています。
      ライブラリの構築と管理運用は永遠の課題ですね。

      今後とも当ブログでお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑