*

【アプリ紹介】Kinsky iPad版

公開日: : 最終更新日:2014/11/20 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般 ,

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓

コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)

↑↑↑再検証したのでこちらをご覧ください↑↑↑






●イントロダクション
『Kinsky』はLINN純正のコントロールアプリである。
DSのコントロールアプリとしてだけではなく、UPnP対応機器であれば汎用的に使用可能なのも大きな特徴である。
もともとKinskyはPC用のコントロールアプリであり、ながらくスマホやタブレット用のアプリは純正で用意されず、ChorusDSやSongBookがその地位を占めていた。
ようやくKinskyのiOS版がリリースされたのち、とあるイベントにやってきたLINNのエンジニアに「なんかお勧めのコントロールアプリない?」と聞いたら「もちろんKinsky!」と返ってきたことを思い出す。


iPhone/iPod Touch版、iPad版両対応。無料!


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:New iPad


●インターフェース&コントロール
LINNによる公式マニュアルとサウンドクリエイトによるTipsが充実しているので、簡潔に紹介したい。

インターフェース。Kinskyは縦でも横でも使用可能。
PC版とレイアウトは全く同じである。
ChorusDSやSongBook Liteと決定的に違うところは、“プレイリストが右で、ブラウザが左”という点。
s_App再生画面 001


DiXiM DMC同様、ブラウザ画面を遡ってサーバーを選択。
s_App再生画面 003


サーバーのさらに上の階層にはこんなのが。
s_App再生画面 002


LINN純正アプリなのに汎用的に使える証拠。
s_App再生画面 005


画面左上、再生中の曲のアルバムアートをタップすると、目いっぱいの大きさでアルバムアートが表示される。
ここで表示されるアルバムアートの大きさはあらゆるコントロールアプリの中でも最大。というより、私の知る限りではiPad&iPad2なら768×768、New iPadなら1536×1536の表示領域をフルに使い切る唯一のアプリ。
ただし、この状態では一切操作は不可能。
s_App再生画面 004



●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:×
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:〇
・リピート再生:〇
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:〇
・音量調整:〇
・ミュート:〇
・機器の入力切替:〇
・電源オンオフ:〇
・機器の再検索:〇

明示的な再生停止以外は全部入り。
ボリュームコントロールは不意の大音量を避けるためか、二段構えのホイール式調整となっている。
音源のスペック表示は異様に文字が小さいのだが、New iPadになったおかげで読みにくいということはなくなった。
画面左下の設定から、アプリ起動中はスリープしないようにもできる。


●操作感
速度検証:36.7秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照
速度としては平均的。ChorusDSやSongBook Liteに比べるとサムネイルの表示にかかる時間は明らかに長い。

良くも悪くも、“PC版のKinskyそのまんま”ということに尽きる。
それを“操作系がPCと統一されていてわかりやすい”と取るか、“タッチパネルによる操作に最適化されていない”と取るかで評価が分かれる気がする。
私としては後者で、とりあえずブラウザが画面左にある時点で大きく操作感を損なっているように思う。
とはいえChorusDSやSongBook Liteほどには一画面に大量の情報が溢れないことと、どことなくPCのエクスプローラーを髣髴とさせるデザインのおかげで、初めてこの手のあプリを触る人にとっては一番とっつきやすいかもしれない。
そして特筆すべきはアルバムアート拡大時の挙動。
現時点で、iPadにしろiPad2にしろNew iPadにしろ、画面解像度をスペックいっぱいに使ってアルバムアートを表示できるのはKinskyのみである。選曲や操作はChorusDSで行い、だらだら再生するときはKinskyに切り替えて目を悦ばせる、そんな使い方を推奨。
眼福である。



●まとめ

5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――4
・情報の一覧性――4
・速度――3
・機能性――4
・安定性――4



ChorusDSやSongBook Liteという、ある程度の歴史を持ってタッチパネルに最適化したアプリにはわずかに劣る程度で、Kinskyのコントローラーとしての完成度はPC版同様非常に高い。現状でも、メーカーが公式に用意している“純正アプリ”としてはダントツの完成度である。純正ならではのDSとの親和性、安定性を活かしたまま、LINN自身の哲学でタッチパネルへの最適化を行えばさらに化ける可能性はいくらでもある。
New iPadでKinskyを使い、アルバムアートを拡大した時に最大の効果を得るためには、“最低でも”1536×1536の解像度が必要になる。
道は険しく遠いが、踏破した暁の僥倖は計り知れない。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

AKIRAのハイレゾ

「交響組曲 AKIRA」が脳を活性化する“ハイパーハイレゾ”で配信開始。DSD 11.2MHzなど

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

→もっと見る

PAGE TOP ↑