*

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般 ,

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです



●イントロダクション
『SongBook Lite』はかつてSongBookDSの名で一世を風靡したコントロールアプリで、SongBookDSそのものの名称違いであると言ってもいい。ただし、価格は涙が出るほど安くなっている。
ネットワークオーディオのコントロールアプリといえば精々PlugPlayerかSongBookDSくらいしかなかった時代もあり、その頃には高級かつ高機能なアプリとしての評判を欲しいままにしていた。当時はDSと名がつくようにDS専用だったが、今ではUPnP対応の汎用アプリとなっている。
これは穿った見方だが、ChorusDSの登場で“DS専用”アプリとしての牙城を突き崩され、結果として汎用アプリへの転身を図ったのではなかろうか。


iPhone/iPod Touch版、iPad版両対応で価格は800円。


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:iPad2


●インターフェース&コントロール
SongBook LiteのiPad版は縦でも横でも使える。
インターフェースは縦横比が違うだけで、個人的には縦画面のほうが美しく感じるので検証も縦画面で行う。

基本インターフェース。
非常に凝縮され、優れた情報の一覧性を有する。
基本的にChorusDSと似通ったデザインだが、登場はこちらが先なので、ある意味ChorusDSの原型となったインターフェースとも言える。
こちらのほうがアルバムアートのサムネイルのサイズが大きいことも、ギュッと情報が詰め込まれたイメージの醸成に一役買っている。
s_App再生画面 013


アルバム内に下り、楽曲を選択すると一曲ずつ、選択した順にプレイリストに登録される。実に“わかっている”挙動。登録された曲は緑色で塗り分けられ一目瞭然。この辺はChorusDSと同様である。
画面右下の「Queue All」はアルバム内の全曲をプレイリストに登録、「123」は現在のプレイリストの消去と登録を同時に行う。なお、この「123」というのは特定の操作を行うことで表示名が変わるが、機能的には同じである。(この辺の詳細は後述)
s_App再生画面 014


左上のアルバムアートをタップすると、なかなかスタイリッシュな拡大画面となる。画面上部のバーはそのまま残り、一通りの操作はこの状態でも行える。通常画面へ戻るには大きくなったアルバムアートをタップすればよい。
プログレの長ったらしいタイトルも省略せずにきっちり表示されていることに注目。
s_App再生画面 015


プレイリストのクリア、編集、保存は左下の「Clear」「Edit」「Save」にて。
s_App再生画面 014


画面左上、「1238744」(私が使っているDSの名前)のボタンを押すと「Zone」が表示され、使用するレンダラーを選択できる。SC-LX85もちゃんと表示されていることに注目。DSを使っているとここで電源のオンオフも可能。
s_App再生画面 019


「Zone」内の「Search」を押すと、機器の再検索画面が表示される。
例によってネットワークオーディオは腑抜けることが多々あるので、「Clear and Search」で喝を入れるべし。機器が見つかったらOK。Connecting… 
ちなみにこのConnecting…は毎回起動時にも必ず現れ、結構時間がかかることもある。
s_App再生画面 020
s_App再生画面 021


なお、SongBook Liteにおいて使用するサーバーの選択は画面右側の選曲ウィンドウの最初の階層で選択する。


画面左上、「1238744 Playlist」はDSの機能・入力切替。ここは使用しているレンダラーによって内容が異なる。
DSの場合、「Radio」を選択することによりインターネットラジオの画面に切り替わる。
s_App再生画面 022



●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:×
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:〇
・リピート再生:〇
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:〇
・音量調整:〇
・ミュート:×
・機器の入力切替:〇
・電源オンオフ:〇
・機器の再検索:〇

停止とミュート以外は全部入りといった具合である。

選曲ウィンドウにてアルバムアートが表示されている状態で画面下の「三」←こんなボタン(かなり無理やり)を押すと、アルバムアートの表示がリストからタイル形式に切り替わる。しかし、空白部分が多く一覧性は著しく低くなり、視覚的にもいまいちである。
s_App再生画面 027


SongBook LiteはiPad本体の設定からアプリの設定にアクセスでき、表示される文字のサイズや、スリープさせないといった細かい設定をすることも可能。

面白い機能として、アプリ側で音源の表示規則を変えられるというものがある。
例えばTwonkyServerの場合、タグベースのナビゲーションツリーの場合トラックの並び順はタグのトラック番号、フォルダーベースの場合はアルファベット順という“仕様”になっているのだが、SongBook Liteはここの並び方を変えられるのである。
アルバム内にまで階層を降りた状態で、画面下部の「…」ボタンを押すと、画面右下のボタンの表示が「…」→「Abc」→「123」と切り替わる。「…」はサーバーの仕様におまかせ、「Abc」はアルファベット順に並び替え、「123」はトラック番号順に並び替え、といった具合。
s_App再生画面 026
s_App再生画面 024


はたしてどんな状況下でこの機能が役に立つかといえば、“TwonkyServerを使い、なおかつタグベースではなくフォルダベースでの音源管理をしていて、TwonkyServerの仕様のせいでフォルダベースの選曲をしようとするとアルバム内の音源がトラック順に並ばなくてけしからん!”……という状況である。アプリ側でトラック順に並び替えられるのは便利といえば便利……なのかな?
素直にタグベースで音源を管理した方が100倍手っ取り早い気もするが。


●操作感
速度検証:25.2秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照
物理的にChorusDSの速度を上回った唯一のアプリにして、私が検証した限りでは最速である。特にアルバムアート取得(サムネイル表示)の速さは目を見張るものがある。
スクロールの滑らかさ、動作の安定性も高いレベルにあるが、ChorusDSにはわずかに劣る。「ぬるぬる」動くというよりは「てきぱき」動くといった感じか。
機能面でも不足を感じる点は無いのだが、必要な情報や機能にアクセスするための工程がやや多く、この辺りの洗練度という点でもChorusDSに分がある。



●まとめ

5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――4+
・情報の一覧性――4+
・速度――5
・機能性――4
・安定性――4



全体的にChorusDSとの比較では一歩及ばないという書き方が多くなったが、ChorusDSとは違い、SongBook Liteはなんといっても汎用アプリである。
これだけのレベルを汎用で達成しているのだ。しかもこの値段で。
非DSユーザー、特にメーカー純正アプリの出来の悪さに辟易して「ネットワークオーディオの操作性って言ったってこんなもんかよ!」と嘆いている方には是非試してみてもらいたい。
きっと福音になるはず。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③―

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

今度こそさらば、SongBook

さらば、SongBook おかえり、SongBook  最初にさらばと言った途端So

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑