*

【アプリ紹介】ChorusDS HD

公開日: : 最終更新日:2014/11/20 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』

↑↑↑再検証したのでこちらをご覧ください↑↑↑







●イントロダクション
『ChorusDS』はLINNのDS“専用”のコントロールアプリである。LINN純正のKisnkyでさえDS専用ではなく他のUPnP端末にも対応する汎用アプリであるので、おそらく現状では唯一のDS専用アプリと思われ、その立ち位置を堅持している。
iOS版Kisnkyがまだリリースされていなかった時代、LINNのカタログにも登場し、「DSの操作性の新時代の幕開け」とまで評されたこともある。そしてKinskyがiOS端末に登場するまで、LINNの中の人が半公式的に使っていたアプリでもある。

iPad版であるChorusDS HDの価格は3600円。


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:iPad2


●インターフェース&コントロール
ChorusDS HDは縦でも横でも使える。
インターフェースは縦横比が違うだけで、個人的には縦画面のほうが美しく感じるので検証も縦画面で行う。

基本インターフェース。
音楽を聴くうえで、ネットワークプレーヤーを操作するための全ての機能と情報が無理なく無駄なく整然と配置されている。
実によく考えられ、練り上げられ、洗練された画面である。
s_App再生画面 001


アルバム内に下り、楽曲を選択すると一曲ずつ、選択した順にプレイリストに登録される。実に“わかっている”挙動。登録された曲にはチェックマークがついて一目瞭然。
画面右下の「Add All」はアルバム内の全曲をプレイリストに登録、「Play All」は現在のプレイリストの消去と登録を同時に行う。画像のアップロードは10枚が限界でSSを用意できなかったのだが、「Add All」「Play All」を選択すると「Playlist Adding…」といった具合にポップアップが表示される。無論すぐに終わるわけだが、なんとも配慮が行き届いている。
s_App再生画面 007


左上のアルバムアートをタップすると、シンプルかつソリッドな画面へとトランスフォーム。黒い背景をタップすると、上下の音量調整やタイムバー、操作ボタンの類も全て消えてさらにソリッドな画面となる。通常画面へ戻るには大きくなったアルバムアートをタップすればよい。
s_App再生画面 006


プレイリストの確認、編集は画面左のの「Edit」「Clear」で行う。
「Whats Playing」は長ーいプレイリストを上下にスクロールしてうろうろしているような時、今再生中の曲まで瞬時に戻る機能。
保存や読み込みは画面左下の「Save Playlist」「Load Playlist」にて。
s_App再生画面 005
s_App再生画面 004


画面右上、サーバー名が表示されているボタンを押すと使用するサーバーを選択できる。
s_App再生画面 007


画面右上、「1238744」となっているボタンを押すと操作するDSを選択できる。1238744とはつまり私の使っているMAJIK DS-Iの名称。
DSを複数台持って使い分けるような人にとっては有用な機能だが、残念ながら私には縁が無い。
「Clear All and Re-Learn」で機器の再検索も可能。
s_App再生画面 008


画面右上、「Playlist」のボタンはDSの入力切替。私のようにDS-Iを使っている人なんかだと割と使う機会がある。例えば音楽を聴いている最中、「なんか映画でも見るか!」と思った時にこのボタンを押し、AVバイパスに設定した入力に切り替えたりする。
s_App再生画面 009


右上の端のiPodっぽいボタンはインターネットラジオへの切り替え。再度押すと通常の画面に戻る。
s_App再生画面 010


●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:〇
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:〇
・リピート再生:〇
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:〇
・音量調整:〇
・ミュート:〇
・機器の入力切替:〇
・電源オンオフ:〇
・機器の再検索:〇

一般的に必要とされるであろう機能は完璧に備えている。シャッフル、リピート、ミュート(画面右上のスピーカー&音符のボタン)に到るまで抜かりはない。
他にも、ChorusDS HDは使って楽しく便利な機能を備えている。

選曲ウィンドウにてアルバムアートが表示されている状態で画面下の「田」←こんなボタンを押すと、アルバムアートの表示がリストからタイル形式に切り替わる。しかも切り替えにかかる時間は一瞬。DiXiMとは大違い。一覧性という点ではリスト表示に劣るが、選曲の時点で見目麗しく、視覚的な満足度は高い。
s_App再生画面 002


また、アルバムアートを拡大すると“iPadがスリープしなくなる”。
せっかく再生中はフォトフレーム的にアルバムアートを楽しもうと思っていたのに気づいたら画面真っ暗で興ざめ、なんてこともない。
いやはや、どこまでもホスピタリティ精神に溢れたアプリである。
BLwNIbGCYAAXvsz


さらに重要なのが、画面下の「Refresh」ボタン。
「サーバーの中身の音源を再スキャンする」という機能であり、色んなアプリを見渡してもChorusDSにしか見当たらない。
結構な頻度で謎の挙動を見せるネットワークオーディオにおいて、サーバーに入れておいた音源がなぜか見当たらない等の現象は日常茶飯事的に起こるのだが(理由は様々)、この「Refresh」で喝を入れてやると大抵は解決する。使ってみないと分からない、しかし使ってみて初めて実感する、とてつもなく役立つ機能である。




●操作感
速度検証:30.7秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照
SongBook Liteに次ぐ速さだが、あらゆる動作がなめらかに滞りなく流れるため、体感的にはSongBook Liteに匹敵、凌ぐといっても過言ではない。
他を凌駕する洗練されたインターフェースは言うことなし。とにかく動かしていて快適であり、必要とする全ての情報にスムーズにアクセスできる。
アルバムアートの取得も速く、タイル表示への切り替えも一瞬。あらゆる局面でスクロールの滑らかさは最上位。
そして圧倒的に高い安定性。どれだけ激烈に指を動かしても、落ちず固まらずきびきび動く。



●まとめ

5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――5
・情報の一覧性――5
・速度――4+
・機能性――5
・安定性――5

痒いところに手が届く、現時点におけるコントロールアプリの完成形。
操作性という点において、ネットワークオーディオの妙味を余すことなく堪能できる。
そしてDS専用、というところがミソ。

ネットワークプレーヤーを出すメーカーは、LINNより遥かに後発で出すからには“少なくとも”ChorusDSと同じレベルのアプリを純正で用意しなければお話にならないと思うのだが、現実は…………である。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの  上の記事で、

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【音源管理の精髄】 スキャンと画像編集 【ネットワークオーディオTips】

 スキャン。  最も高解像度のアルバムアートを得る最も確実な方法。  さっそくスキャンしよう

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑