*

【アプリ紹介】SongBook’11 UPnP iPad版

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月26日のものです



●イントロダクション
かつて一世を風靡したSongBookDSの天下がChorusDSの登場によって終焉を迎えた時、SongBookが辿った道はSongBookDSを事実上SongBook Liteの名に変えて大幅に値下げし、新たなフラグシップとしてSongBook’11 UPnPをリリースするというものだった。SongBookがゲシュタルト崩壊。
SongBookDSに1万も出させておいて、またSongBook’11 UPnPを別物として高い金を出せというのか…………憤慨しつつも、ネットワークオーディオの可能性を追求する者としてはやはり買ってしまうのだった。


iPhone/iPod Touch版が2200円、iPad版が4300円。
ちなみにiPhone/iPod Touch版はほぼ無意味な機能の差だけで基本的にSongBook Liteと同様である。買う必要性は感じられない。
SongBook Liteと決定的に違うのは、あくまでiPad版のみ。


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:New iPad



SongBook’11 UPnPは特に選曲がらみの機能が無駄に充実しているので、この記事では機器の選択→再生に到るまでの基本的な操作について検証する。



●インターフェース&コントロール
Kinskyは縦でも横でも使えるが、なんとなく横画面の方がしっくりくるので写真は横画面時のもの。

初回起動時に表示されるウィンドウ。
要は「機器を検索するよ! ちょっと待ってね!」
s_App再生画面 007


そしてぞろぞろと見つかる機器の一覧。
SC-LX85もちゃんと見つかっている。
s_App再生画面 008

上記の工程は本来であればあくまで初回起動時だけのもので、さして気にする必要も無いのだが、SongBook’11 UPnPがあまりにも不安定でプログラム終了&再起動どころかアプリ削除&再インストールを繰り返し、何度も同じ工程を繰り返す羽目になったので腹いせに紹介した。


ようやく次の画面。
SongBook’11 UPnPにおけるホーム画面となる。
中央には機器の一覧がでっかく表示され、この中からサーバーとレンダラーを選択する。現時点で選択されているレンダラーは右下に表示されている。
s_App再生画面 001


ホーム画面左下の歯車のアイコンをタップすると設定画面が開く。
ボリュームの上限設定やスリープしない設定、機器の再検索等が行える。
左下の家のアイコンでホーム画面に戻る。
s_App再生画面 002


画面右下、レンダラーの名称をタップすると再生操作画面となる。
これはプレイリストの入っていない素の状態。
DSの入力切替や電源オンオフといった操作はこの画面にて。
s_App再生画面 004


再生操作画面左下の「Find Music」を押して、もしくはホーム画面から任意のサーバーを選択すると、音源のブラウズ画面に移行する。
s_App再生画面 009


上記のずらりと表示されたアルバムアートの画面だが、なんと、SongBook’11 UPnP独自の、アルバム基準のナビゲーションツリーとなっている。
TwonkyServerにおける「ジャンル/アルバム」といったサーバーソフトによるお馴染みのナビゲーションツリーを表示するには、画面右上の「View」を選択し、表示されるウィンドウ内の「Browse」を選択するという手間が必要。
画像を貼れず大変分かりづらい。申し訳ない。
サーバーソフトによるナビゲーションツリー準拠でアルバムまで下ってくると、こんな具合になる。
アプリ準拠の場合と表示形態も異なる。
s_App再生画面 034


そんなこんなでどうにか目当てのアルバムにまでたどり着き、アルバムアートをタップすると、アルバム内の曲一覧が表示される。
ちゃっちゃと一曲ずつ、もしくは画面右下の「Play Album」でアルバムごとプレイリストに送り込もう。
s_App再生画面 010


こちらがプレイリストに曲が登録された状態の再生操作画面。なんとなく散漫な印象だが、音源のスペックなど必要な情報は揃っている。
「Load」「Save」「Edit」「Clear」でプレイリストの管理編集を行う。
s_App再生画面 012


再生操作画面左上のアルバムアートをタップすると拡大表示となる。大きさとしてはChorusDS HDと同じくらい。
s_App再生画面 013



●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:×
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:〇
・リピート再生:〇
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:〇
・音量調整:〇
・ミュート:×
・機器の入力切替:〇
・電源オンオフ:〇
・機器の再検索:〇

ミュートと停止以外は全部入り。
他にも、便利なんだかよくわからない機能が細々と用意されている。他のアプリには無い機能の数々なのは確かであり、縦横無尽に使いこなせれば超便利、なのかもしれない。
選曲ブラウザにおける独自仕様もそうだが、全体的に「サーバーじゃなくてアプリ側で音源管理も牛耳ってやる!」という意気込みを感じる。意気込みは立派だが……

ホーム画面を見ればわかるが、妙な機能として、アプリが動いているiOS端末をサーバーとして扱い、内部の曲をレンダラーに飛ばすことができる。
アプリが独自に実現しているAirPlayのようなものとでも言うべきか。しかしいまいち用途不明。


●操作感
速度検証:65.3秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照
速度的にはぶっちぎりの最下位。
あらゆる操作においてもたつくと同時に、安定性が絶望的に低い。iPad2からNew iPadに変えて多少はマシになるかと思ったが全然そんなこともなかった。
ほとんどの局面で不意に落ちる可能性があり、しかもその頻度も高い。そもそも起動画面で頻繁にフリーズしたり、いつまで経っても“一度検出したはずの”機器に繋がらなかったり(挙句その後フリーズ)と不安定の極み。

コントロールアプリの役割を拡張しようという姿勢は立派だと思うが、その結果としての操作系が大して使えなかったり、逆に選曲に余計な手間がかかったりと冴えない。
パッと見のインターフェースは小奇麗に見えてかっこいいのだが、実際に使ってみると不安定さも合わさってとてもではないが快適とは言えない。



●まとめ

5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――2
・情報の一覧性――3
・速度――1
・機能性――4
・安定性――1



これは邪推だが、従来のSongBookDS路線のインターフェースではそこからさらに洗練されたChorusDSに太刀打ちできなくなったため、一発逆転を期してSongBook’11 UPnPが生まれたのではなかろうか。野心的な機能も色々と盛り込んで、全く新しいインターフェースを身にまとって。
しかしその結果は、SongBookDSが持っていた美点を根こそぎ捨て去ったうえ、詰め込みすぎの消化不良になってしまったと言わざるを得ない。
とにかく操作系の洗練と安定性の向上を図ってほしい。それに尽きる。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback Designsのデモ。  

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Fourplay / Fourplay

・アーティスト / アルバムタイトル Fourplay / Fourplay ・購入元 H

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてア

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑