*

オーディオ業界が本気でハイレゾを普及させるために必要なこと

 それなりに真面目に考えてみる。
 商売云々を度外視した理想論であることは承知している。
 あくまでいちオーディオファンとしての希望である。

 ちなみに、“誰に”普及させるかという問題があるが、これは現役オーディオファンよりも、むしろオーディオとはあまり接点のない層を想定している。



・出し惜しみしない

 どちらかといえばこれはオーディオ業界というよりも音楽業界の問題だが。
 新作でハイレゾのマスターがあるのに、CDしか出さない。
 同じことをBDとDVDでやってみればいい。ユーザーはどう感じると思う?



・CD/従来の音源との比較を恐れない

 業界は声高に「ハイレゾは高音質」と謳っているが、スペック的に上位下位の関係にあるCDと比べた時、本当に「高音質」を感じられる音源がいったいどれだけあるのか。
 そんなに自信があるなら同一音源のCDとハイレゾを比較してもらって、音の良さを認めてもらえばいい。オーディオを名乗る以上、比較から逃げてはいけない。ハイレゾ音源を買えばCD相当の音源も付属させるなどすればどうか。
 違いが分からない、あるいは価値を見出せるだけの違いがないのだとしたら、ハイレゾなんて所詮その程度のものだということだ。
 逃げるな。誤魔化すな。真っ向から勝負しろ。



・再生環境の重要性をきちんと伝える

 どれだけ優れた音源を用意したところで、最終的に出力される音は、それを再生するプレーヤー/DAC、アンプ、スピーカー/ヘッドホンで決まる。
 「ハイレゾ音源を聴く」という行為は、それ自体では高音質を保証しない。
 



・CD/従来の音源からコレクション性を落とさない

 CDを買えばアルバムアートが手に入るし、ブックレットも楽しめる。
 ハイレゾ音源はCDより高いのに、多くの場合ブックレットのデータは付属しない。アルバムアートすら付属しないこともある。
 権利関係の問題でブックレットは難しいのかもしれないが、せめて高解像度のアルバムアートは付属してほしい。コレクションする楽しみ、目で見る楽しみを奪わないでほしい。



・ユーザーに無駄な手間をかけさせない

 いい加減タグの付け方くらい覚えたらどうだ。



・ぼったくらない

 価値を認めさえすれば、CDと比べて多少高かろうが気にならない。BDがDVDよりも高いように。
 が、さすがに限度というものがあるでしょう。



・本来無関係な領域でハイレゾという言葉を乱用しない

 無秩序な乱用は言葉の価値を著しく下げるだけで百害あって一利なし。
 「ハイレゾ対応」のシールを貼ったところで音は良くならない。



★ハイレゾを普及させることそれ自体を目的にしない

 そもそも普及させたいのは「オーディオ」という趣味であって、「ハイレゾ」ではないはず。

 ハイレゾはオーディオの可能性を広げたが、ハイレゾを聴くためにオーディオをやっているのではない。

 「オーディオ」という趣味が広まれば、「いい音で聴けばもっと楽しい」という経験を広く提供することが出来れば、ハイレゾ音源は”いい音”を得るためのひとつの手段として、緩やかに普及していくと信じている。



 音の良さを謳うSACDとDVDオーディオは失敗した。
 結局のところ、地道に真面目に誠実にやっていくしかない。

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをやれよ」と思わずにはいられなかっ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑