*

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル
Jan Gunnar Hoff / Living

・購入元
HDtracks

・スペック&コーデック
352.8kHz/24bit FLAC

・音源情報(ダウンロードした時点)
WS000393
WS000394

・アルバムアート
1600×1600の画像が最初から埋め込み

・その他諸々
HDtracksからの宣伝メールに「352.8kHz/24bitはじめました」とあったので、オーディオ的な興味本位で購入。DSDはさておき、私が保有する最高スペックの音源となる。
LINN DSは192kHz/24bitまでの対応なので、LUMIN A1を導入したことで味わえる世界である。(他にも対応するプレーヤーはあるかな?)
音源には非常に高品質なブックレットがPDFで付属する。素晴らしい。
あと、352.8kHz/24bitというスペックの関係で、猛烈に重い。
FLACで落としてもこの重さである。
WS000392

・音質所感
私は実体の伴わない盲目的なハイレゾ礼賛など糞喰らえと思ってはいるが、理論的なハイレゾの可能性は否定していない。むしろ、本当に高音質になる可能性があるなら、追求されていって然るべきだと思う。
で、この音源。
たまげた。
今まで、私が実際に購入し、自らの環境で実際に聴いた数少ないハイレゾ音源の中で、音質的に最も優れた音源は「Helge Lien Trio / Natsukashii」だったのだが、それよりも明らかに素晴らしい音を聴かせる。
限りない高S/N。稠密にして清廉。解放感に満ち溢れ、彫は深く、深く、研ぎ澄まされていながら、輪郭を強調されているような印象はない。ひたすらに豊潤な情報量と空気感でもって、瞭然たる音の姿を描き出している。192kHz/24bitからさらに一皮剥けた感。
表現として適切かどうかは分からないが、映像におけるHDと4Kの差のようなものを感じる。どちらかと言えば色調・輪郭加工やフィルターワーク等、ある種の“画作り”によって高画質を実現しようとしていた感のあるHDに対し、純然たる情報量によって、策を弄さずとも圧倒的な高画質を叩き付けてくる4K。そんな違いを感じる。
352.8kHz/24bitというスペック。PCM384kHz/32bitやDSD11.2MHzなど、スペックだけを追求して暴走する姿勢はオーディオ業界にとって望ましいものだとは思わないが、現にこうして素晴らしい音源が出てくる以上、やはりスペックの追求は高音質の可能性という点で意味があるのだろう。



【ハイレゾ音源備忘録】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 3

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

ヱヴァのハイレゾ音源を聴きました

エヴァのハイレゾ音源を聴きました 序 破 Q 再生環境  こんな感じに。

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑