*

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル
Jan Gunnar Hoff / Living

・購入元
HDtracks

・スペック&コーデック
352.8kHz/24bit FLAC

・音源情報(ダウンロードした時点)
WS000393
WS000394

・アルバムアート
1600×1600の画像が最初から埋め込み

・その他諸々
HDtracksからの宣伝メールに「352.8kHz/24bitはじめました」とあったので、オーディオ的な興味本位で購入。DSDはさておき、私が保有する最高スペックの音源となる。
LINN DSは192kHz/24bitまでの対応なので、LUMIN A1を導入したことで味わえる世界である。(他にも対応するプレーヤーはあるかな?)
音源には非常に高品質なブックレットがPDFで付属する。素晴らしい。
あと、352.8kHz/24bitというスペックの関係で、猛烈に重い。
FLACで落としてもこの重さである。
WS000392

・音質所感
私は実体の伴わない盲目的なハイレゾ礼賛など糞喰らえと思ってはいるが、理論的なハイレゾの可能性は否定していない。むしろ、本当に高音質になる可能性があるなら、追求されていって然るべきだと思う。
で、この音源。
たまげた。
今まで、私が実際に購入し、自らの環境で実際に聴いた数少ないハイレゾ音源の中で、音質的に最も優れた音源は「Helge Lien Trio / Natsukashii」だったのだが、それよりも明らかに素晴らしい音を聴かせる。
限りない高S/N。稠密にして清廉。解放感に満ち溢れ、彫は深く、深く、研ぎ澄まされていながら、輪郭を強調されているような印象はない。ひたすらに豊潤な情報量と空気感でもって、瞭然たる音の姿を描き出している。192kHz/24bitからさらに一皮剥けた感。
表現として適切かどうかは分からないが、映像におけるHDと4Kの差のようなものを感じる。どちらかと言えば色調・輪郭加工やフィルターワーク等、ある種の“画作り”によって高画質を実現しようとしていた感のあるHDに対し、純然たる情報量によって、策を弄さずとも圧倒的な高画質を叩き付けてくる4K。そんな違いを感じる。
352.8kHz/24bitというスペック。PCM384kHz/32bitやDSD11.2MHzなど、スペックだけを追求して暴走する姿勢はオーディオ業界にとって望ましいものだとは思わないが、現にこうして素晴らしい音源が出てくる以上、やはりスペックの追求は高音質の可能性という点で意味があるのだろう。



【ハイレゾ音源備忘録】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第162回『アマデウス』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 John Mayer / Paradise Valley

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Paradise Valley

記事を読む

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.25の記事中にこんなことを書い

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑