*

日本におけるネットワークオーディオの現状

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2012年10月18日に書かれたものです

ヤマハ、192/24対応/ALAC再生可能なネットワークCDプレーヤー「CD-N500」

新たな起爆剤となるか。

2年ほど前、マランツのNA7004で幕を開けた国産ネットワークオーディオプレーヤー(以下NAP)の歴史。

NA7004は“初の国産機”として革新的存在だったことは疑うべくもないが、ネットワーク経由での192kHz/24bit非対応、ギャップレス非対応といった弱点を抱え、そして未だに克服できずにいる。ところでNA-11はどうなったのか。
ネットワーク絡みの設計を共有しているらしいデノンのDNP720SEも、未だにNA7004と同じ弱点を抱えている。

それから約1年後、パイオニアがN-50を発売。
192kHz/24bit対応をひっさげ、国産NAPの真打になるかと思われたが、蓋を開けてみればギャップレス再生非対応に加えて悲惨な出来のコントロールアプリと、ネットワークオーディオに必要不可欠な“快適性”という点ではまるで褒められたものではなかった。

一方で、NA7004とほぼ同時期に発売されながらも、その陰に隠れてあまり目立っていなかった感のあるヤマハのNP-S2000は地道に着実にアップデートを続け、気が付けば192kHz/24bitに対応、アップルロスレスに対応、ギャップレス再生にも対応と、国産機としては頭ふたつ抜けた機能を獲得するに至った。コントロールアプリも(国産メーカーという括りの中では)よく出来ている。
(一応同じレベルの仕様として、麒麟児・スフォルツァートDST-01がある)
そして今回、6万円台にしてCD再生機能も備えたNAPを発売。勿論、ネットワーク再生についてはフルスペックである。

マランツにデノン、パイオニアからオンキヨーに到るまで、AVアンプやミニコンでは徐々にネットワーク再生機能を向上させながらも単品コンポーネントは完全放置、という異常な状況が長らく続いていた中で、今回のヤマハの新製品は間違いなく快挙。先達であるNP-S2000を放置することなく機能を向上させ続け、そして新製品であるCD-N500も同じレベルの機能を搭載する。
“ネットワークオーディオにおける新旧製品の間の機能面での断絶”を乗り越えた快挙なのである。

ただ、あえて言わせてもらえば、ここまできて、ようやく、ようやく、ようやく、機能面ではLINNのDSと同じ土俵に上がっただけなのである。
ことあるごとにDSの名前を出してしまって大変恐縮なのだが、コントロールアプリや周辺ソフトウェアを含む包括的総合的な操作性&快適性、エンジニアリングとマーケティング双方における洗練、メーカーがユーザーに提供できるノウハウなど、ユーザー・エクスペリエンスにおいて未だに圧倒的な差があるということは紛れも無い事実。
またユーザーを取り巻く環境としても、ネットワークオーディオに関するノウハウの提供や整備といったものはメーカー・メディアを含めほとんど手付かずのまま。PC/ネットワークオーディオ界隈の専門雑誌等も出ているが、ネットワークオーディオに関して言えば結局単発的・虫食い的な情報の提示に終始しているように思える。

NA7004の発売から既に2年以上。日本におけるネットワークオーディオの現状は私が夢見た状況からは程遠い。
“結局DSを買うしかない”という状況からさっさと脱し、色んなメーカーから様々な価格帯の“機能的には全部入り”のNAPが手に入り、気にするべきは音質とブランドのみ。そして導入にあたってのノウハウも完璧に整備されている。そんな夢が叶う日はいつか来るのだろうか。

ヤマハには今回のCD-N500の発売に当たって賞賛の意を示すとともに、ヤマハを含む国産メーカー、そして日本のオーディオ業界にはネットワークオーディオの発展のためにより一層の奮起を期待したい。

私も『ネットワークオーディオ』にオーディオの未来と可能性を見出した一人のユーザーとして、使いこなしに関する様々な情報を微力ながら発信していこうと思う。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

『ネットワークオーディオ』とは何か

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】  ネットワークオーディオやそ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1

記事を読む

【イベントレポート】音展2015

 昨年の音展はあくまでLUMINのユーザー代表? としてネットワークオーディオの魅力を語りました。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第87回『ゴッドファーザー PART2』

画質:4、条件付7 音質:7 映像はAVC、クソ長いためビットレートは25Mbps付近で頭

記事を読む

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑