*

日本におけるネットワークオーディオの現状

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2012年10月18日に書かれたものです

ヤマハ、192/24対応/ALAC再生可能なネットワークCDプレーヤー「CD-N500」

新たな起爆剤となるか。

2年ほど前、マランツのNA7004で幕を開けた国産ネットワークオーディオプレーヤー(以下NAP)の歴史。

NA7004は“初の国産機”として革新的存在だったことは疑うべくもないが、ネットワーク経由での192kHz/24bit非対応、ギャップレス非対応といった弱点を抱え、そして未だに克服できずにいる。ところでNA-11はどうなったのか。
ネットワーク絡みの設計を共有しているらしいデノンのDNP720SEも、未だにNA7004と同じ弱点を抱えている。

それから約1年後、パイオニアがN-50を発売。
192kHz/24bit対応をひっさげ、国産NAPの真打になるかと思われたが、蓋を開けてみればギャップレス再生非対応に加えて悲惨な出来のコントロールアプリと、ネットワークオーディオに必要不可欠な“快適性”という点ではまるで褒められたものではなかった。

一方で、NA7004とほぼ同時期に発売されながらも、その陰に隠れてあまり目立っていなかった感のあるヤマハのNP-S2000は地道に着実にアップデートを続け、気が付けば192kHz/24bitに対応、アップルロスレスに対応、ギャップレス再生にも対応と、国産機としては頭ふたつ抜けた機能を獲得するに至った。コントロールアプリも(国産メーカーという括りの中では)よく出来ている。
(一応同じレベルの仕様として、麒麟児・スフォルツァートDST-01がある)
そして今回、6万円台にしてCD再生機能も備えたNAPを発売。勿論、ネットワーク再生についてはフルスペックである。

マランツにデノン、パイオニアからオンキヨーに到るまで、AVアンプやミニコンでは徐々にネットワーク再生機能を向上させながらも単品コンポーネントは完全放置、という異常な状況が長らく続いていた中で、今回のヤマハの新製品は間違いなく快挙。先達であるNP-S2000を放置することなく機能を向上させ続け、そして新製品であるCD-N500も同じレベルの機能を搭載する。
“ネットワークオーディオにおける新旧製品の間の機能面での断絶”を乗り越えた快挙なのである。

ただ、あえて言わせてもらえば、ここまできて、ようやく、ようやく、ようやく、機能面ではLINNのDSと同じ土俵に上がっただけなのである。
ことあるごとにDSの名前を出してしまって大変恐縮なのだが、コントロールアプリや周辺ソフトウェアを含む包括的総合的な操作性&快適性、エンジニアリングとマーケティング双方における洗練、メーカーがユーザーに提供できるノウハウなど、ユーザー・エクスペリエンスにおいて未だに圧倒的な差があるということは紛れも無い事実。
またユーザーを取り巻く環境としても、ネットワークオーディオに関するノウハウの提供や整備といったものはメーカー・メディアを含めほとんど手付かずのまま。PC/ネットワークオーディオ界隈の専門雑誌等も出ているが、ネットワークオーディオに関して言えば結局単発的・虫食い的な情報の提示に終始しているように思える。

NA7004の発売から既に2年以上。日本におけるネットワークオーディオの現状は私が夢見た状況からは程遠い。
“結局DSを買うしかない”という状況からさっさと脱し、色んなメーカーから様々な価格帯の“機能的には全部入り”のNAPが手に入り、気にするべきは音質とブランドのみ。そして導入にあたってのノウハウも完璧に整備されている。そんな夢が叶う日はいつか来るのだろうか。

ヤマハには今回のCD-N500の発売に当たって賞賛の意を示すとともに、ヤマハを含む国産メーカー、そして日本のオーディオ業界にはネットワークオーディオの発展のためにより一層の奮起を期待したい。

私も『ネットワークオーディオ』にオーディオの未来と可能性を見出した一人のユーザーとして、使いこなしに関する様々な情報を微力ながら発信していこうと思う。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

リファレンスBD10選・画質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【CES2016】個人的ハイライトと記事まとめ

 CES2016の個人的なハイライトは、先行逃げ切りで RoonReady  …

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 フォースの覚醒を先日見てきた。  いやはや面白かった。  それはそれとして。  

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第115回『FFⅦAC コンプリート』

画質:8 音質:5 映像はAVC、ビットレートは随時変動。 音声はドルビーTRUEHDの

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね…… 画質:11 音質:10

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑