*

日本におけるネットワークオーディオの現状

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2012年10月18日に書かれたものです

ヤマハ、192/24対応/ALAC再生可能なネットワークCDプレーヤー「CD-N500」

新たな起爆剤となるか。

2年ほど前、マランツのNA7004で幕を開けた国産ネットワークオーディオプレーヤー(以下NAP)の歴史。

NA7004は“初の国産機”として革新的存在だったことは疑うべくもないが、ネットワーク経由での192kHz/24bit非対応、ギャップレス非対応といった弱点を抱え、そして未だに克服できずにいる。ところでNA-11はどうなったのか。
ネットワーク絡みの設計を共有しているらしいデノンのDNP720SEも、未だにNA7004と同じ弱点を抱えている。

それから約1年後、パイオニアがN-50を発売。
192kHz/24bit対応をひっさげ、国産NAPの真打になるかと思われたが、蓋を開けてみればギャップレス再生非対応に加えて悲惨な出来のコントロールアプリと、ネットワークオーディオに必要不可欠な“快適性”という点ではまるで褒められたものではなかった。

一方で、NA7004とほぼ同時期に発売されながらも、その陰に隠れてあまり目立っていなかった感のあるヤマハのNP-S2000は地道に着実にアップデートを続け、気が付けば192kHz/24bitに対応、アップルロスレスに対応、ギャップレス再生にも対応と、国産機としては頭ふたつ抜けた機能を獲得するに至った。コントロールアプリも(国産メーカーという括りの中では)よく出来ている。
(一応同じレベルの仕様として、麒麟児・スフォルツァートDST-01がある)
そして今回、6万円台にしてCD再生機能も備えたNAPを発売。勿論、ネットワーク再生についてはフルスペックである。

マランツにデノン、パイオニアからオンキヨーに到るまで、AVアンプやミニコンでは徐々にネットワーク再生機能を向上させながらも単品コンポーネントは完全放置、という異常な状況が長らく続いていた中で、今回のヤマハの新製品は間違いなく快挙。先達であるNP-S2000を放置することなく機能を向上させ続け、そして新製品であるCD-N500も同じレベルの機能を搭載する。
“ネットワークオーディオにおける新旧製品の間の機能面での断絶”を乗り越えた快挙なのである。

ただ、あえて言わせてもらえば、ここまできて、ようやく、ようやく、ようやく、機能面ではLINNのDSと同じ土俵に上がっただけなのである。
ことあるごとにDSの名前を出してしまって大変恐縮なのだが、コントロールアプリや周辺ソフトウェアを含む包括的総合的な操作性&快適性、エンジニアリングとマーケティング双方における洗練、メーカーがユーザーに提供できるノウハウなど、ユーザー・エクスペリエンスにおいて未だに圧倒的な差があるということは紛れも無い事実。
またユーザーを取り巻く環境としても、ネットワークオーディオに関するノウハウの提供や整備といったものはメーカー・メディアを含めほとんど手付かずのまま。PC/ネットワークオーディオ界隈の専門雑誌等も出ているが、ネットワークオーディオに関して言えば結局単発的・虫食い的な情報の提示に終始しているように思える。

NA7004の発売から既に2年以上。日本におけるネットワークオーディオの現状は私が夢見た状況からは程遠い。
“結局DSを買うしかない”という状況からさっさと脱し、色んなメーカーから様々な価格帯の“機能的には全部入り”のNAPが手に入り、気にするべきは音質とブランドのみ。そして導入にあたってのノウハウも完璧に整備されている。そんな夢が叶う日はいつか来るのだろうか。

ヤマハには今回のCD-N500の発売に当たって賞賛の意を示すとともに、ヤマハを含む国産メーカー、そして日本のオーディオ業界にはネットワークオーディオの発展のためにより一層の奮起を期待したい。

私も『ネットワークオーディオ』にオーディオの未来と可能性を見出した一人のユーザーとして、使いこなしに関する様々な情報を微力ながら発信していこうと思う。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第208回『ノエイン』

画質:5 音質:8 映像はAVC、音声はリニアPCMの16bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な発熱があ

記事を読む

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2016/03/25) オーディオとホームシアターの両立を目指して

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑