*

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 オーディオ・ビジュアル全般, ハイレゾ音源

 以下、引用。

スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」

 新たな鼓動、躍動まで聴こえ、さらにワクワクする!!

 今回のハイ・レゾリューション音源は、まさに、美しきルネサンスそのもの。

 ハイ・レゾリューションと謳うからには、まず、同等スペックのマスターの存在が必要不可欠。

 しかしそれだけでは、データ上「数値が優れているだけ」に過ぎません。

 やはり音楽です。

 ひとこと「音質」と言っても、

 あくまでも「音楽そのものを理解したうえでの」音質でなければなりません。

 つまり、いくら宝石箱に豪奢な外装を施しても、箱は箱。

 本質は、中身の宝石そのものを磨き上げなければ意味がない
、ということ。

 新劇場版以来、エヴァは、頼もしい名人を得ました。

 ハリウッドの女王こと、マスタリング・エンジニアのパトリシア・サリヴァンです。

 彼女の耳と腕が、エンターテインメント映像音楽において、絶対的であることは、

 ハリウッドのブロックバスタのほとんどのサントラ・アルバムのマスタリングを手掛けていること、

 それだけでも、じゅうぶん証明されているでしょう。

 『序』『破』『Q』はもちろん、

 『新吹奏楽版』も『PianoForte』も、すべてパトリシアによるフィニッシュです。

 (林原めぐみ、高橋洋子、鷺巣詩郎の作品なども同スタジオ)

 じつは『新吹奏楽版』と『PianoForte』には、

 パトリシアによる「旧TV版サントラの(リ)マスタリング」も、数曲収録しました。

 そう、美しきルネサンスは、すでに始まっていたゆえ、

 今回の(リ)マスタリング作業は自然な流れであり、整合性を保つためにも、必然だったのです。

 誤解を恐れずに、何度でも言いますが、

 いかなるハイ・レゾリューション(192KHz/24bit – 96KHz/24bit – 48KHz/24bit)であろうが、

 じつはデータ上の数値など、二の次。

 フィニッシュする者(人間)の「耳と腕」に尽きるというのが、

 まごうことなき本質であり、それは古今東西、普遍的。

 宝石箱よりも、宝石そのものを磨き上げる、その「素晴らしき職人技、職人芸」を知らしめるためにも、

 今後、エヴァの音楽作品群を、

 あらゆるハイレゾリューション環境にて、

 どんどん、世に出していきます!!

 2013年12月 鷺巣詩郎




 至言である。

 ハイレゾにせよ、BDにせよ、それにしたからといって音質が、画質が良くなるというわけではない。
 それらは単なる器に過ぎない。良いオリジナルがあって初めて、器の大きさが生きる。
 もともとのマスターをSDで作った映像をBDに入れたところで、本当の意味でハイビジョンにはならないのだ。
 ハイレゾもまた、然り。

 「BDだから高画質」という言葉が虚しく響くのと同じように、「ハイレゾだから高音質」というのも妄言に過ぎない。

 オリジナルの音源に44.1kHz/16bitでは決して収録しきれない巨大なダイナミックレンジと膨大な情報量があって、初めて「ハイレゾ」という器が生きるのであり、その先の再生機器やら再生環境やらを通じてやっと「高音質」が実現される。

 私は「ハイレゾだから高音質」という言葉に、「ネットワークオーディオは快適」という言葉と同じくらい危うさと胡散臭さを感じる。
 そんな魔法があってたまるか。



 脱線しすぎた。
 音質の話をしよう。

 再生環境はこちらを参照。


 ―演目―
2
 こういう局面においてもネットワークオーディオは超快適。
 是非始めよう。



 音を一言で言うと、

 別物

 である。

 CDからリッピングした音源とは何もかもが違う。
 ボーカルもインストゥルメンタルも、何もかもが違う。
 どこがどう違うかと問われると……私の音楽的素養の欠如が露見して非常に情けないことになるのだが……最も顕著に異なるのは「音の立体感」、特に「前後方向の広がり」である。
 CDは、お世辞にも高音質とは言えなかった。別にエヴァに限った話ではなく、日本のアニメのサントラなんてオーディオ的音質においてはたかが知れている。残念ながらそういうもんである。

 ところがどっこい、今回のハイレゾの音は完全に日本離れしている。洋楽ボーカルの優秀録音盤でしか聴けなかったような、「音圧もダイナミックレンジもでかくて音数も多いけれども決して平面的にならずむしろ立体的」という音を実現している。特に残酷な天使のテーゼ。のっけからぶったまげ。もうそれを聴いただけで、買った価値があったと快哉を叫んだくらいだ。
 CDを生気に欠けた平面的な音とすれば、ハイレゾはみずみずしく躍動する立体的な音だ。それだけの差が間違いなくある。一音一音は丁寧に丹念に磨き上げられ、存在感を増し、大きく広がった空間で輝きを放っている。

 ただ、高音質化の方向が、多分に「研ぎ澄ます」という感じなため、「音が強調されている」という印象を受けなくもない。特にボーカルについて、くっきりはっきり明瞭になったぶん、子音がかなり強くなっている。システムによっては刺さるんじゃなかろうかと思うほどに。
 とはいうものの、「不快」あるいは「やりすぎ」には決して転ばず、あくまで「聴いていて楽しい!」という絶妙なリマスタリングである。

 鷺巣詩郎氏のコメントを受けて、こんな比較もしてみた。
3

 いわゆる「次回予告」の比較である。
 序破急、そして今回のテレビ版のハイレゾ。
 序破急のサントラも相当な高音質盤だが、この四つの中で何が一番音がいいかと聞かれれば、今回のハイレゾと答える。それくらい素晴らしい。

 ちなみに残酷な天使のテーゼのボーカルを聴いて、真っ先に思ったのは、「新劇場版の声と同じだ」ということ。
 パトリシア・サリヴァン女史の哲学がこういうところにも出てきているということか。



 結論。

 ハイレゾとして文句なしの大当たり。

 『THE END OF EVANGELION』のハイレゾ化が待ち遠しい。

 そしてもちろん、新世紀ヴァンゲリンのBD化も。

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDまであと少し!

次世代BD「Ultra HD Blu-ray」年内に複数社から製品登場へ - ライセンシングまもなく

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

新世紀エヴァンゲリオン NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray-BOX

 やはり西暦2015年の真夏の終焉を待っていたのだろうか。  なんとなくDVD

記事を読む

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

Roon 導入編

前記事:Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか  Roonはソフトであり、サービスである。  メ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

【BDレビュー】第277回『かぐや姫の物語』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ・DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    >いくら宝石箱に豪奢な外装を施しても、箱は箱。
    >本質は、中身の宝石そのものを磨き上げなければ意味がない

    まったくその通りですよ!
    ハイレゾなら問答無用で良いなんて、そんな上っ面の妄言を吐いてるようじゃ、本当に良いものは生み出せないんです。
    これをランティスにも見習ってもらいたいものです。


    >『THE END OF EVANGELION』のハイレゾ化が待ち遠しい

    ただ、新劇場版のサントラのハイレゾが、ウォークマンにプリインストールされたものでしか、手に入れられなかった。
    EoEもそうなるのではないかと少し不安。エヴァのサントラなら、単品でも売れると思うんですけどね。

    • sakakihajime より:

      00Qさん

      あくまで個人的にですが、
      「まともな音のCDすら作れない連中にハイレゾもクソもあるか」
      と思っています。

      実際の音がすべてです。
      高音質を謳う技術的な薀蓄もスペックも何もかも、実際に出てくる音が酷ければ何の意味もありません。
      それはそうと、こないだ発売された逆シャアのサントラのリマスター盤は素晴らしかったですね。


      エヴァはほっといてもそのうち出てくると思います。
      なんせ、仰る通り売れますから。
      それこそアニメ本編のBD化と合わせて出てくるとかでしょうか?

      • 00Q より:

        ちなみに、最近になってEoEのCDサントラが買える機会ができたので、参考として訪ねますが、sakakihajimeさんから聴いたEoE(CD盤)の音質ってどうですかね?
        これも、TVシリーズ(CD)のものと同じ感じですか?

        逆シャアはまだ観れてないんですよね。BD版を買う余裕が無いので、TUTAYAで借りるしかないのが、なんだか少し悔しい。

        • sakakihajime より:

          00Qさん

          EOEのサントラは音質的には大したことないというか、特に何か言うこともありません。別にEOEに限った話ではなく国産のサントラなんて得てしてそんなもんですが。
          TVシリーズと同じ感じといえばそうかもしれません。

          けど、サントラを買うのは高音質が目的ではないですよね?

          • 00Q より:

            はい。そこはもちろん作品目当てです。
            個人的に、EoEサントラは良い曲の揃った名盤だと思うので。
            ただ、以前、レンタルしたサントラCDをAACでリッピングしたので、ALACでの再リッピングのついでに。というのが今回の購入の目的です。
            もちろん、音質が良いに越したことはありませんが。

            今回は答えていただき、ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑