*

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1


 懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので、さっそくその2。
 決戦編である。


 まずはコレと、
201612040103

 コレの比較。
201612040101

 差がありすぎて笑ってしまう。
 音質の指標となるあらゆる要素で向上が感じられ、特に低音域では量感の増強・より深い沈み込み・輪郭の明瞭化が同時に実現するという驚くべき効果が得られた。

 この差は紛れもなく、「その辺のノートPCよりは音がいいPC」と「オーディオ機器」の差である。これほどの差はかつて試作機で聴いた際には感じられなかったものだ。CPUやメモリといったスペックの差異が音に効いているのか、それともモデルチェンジしたEL SOUNDのアナログ電源の威力なのか。
 いずれにせよ、「なんとなくオーディオ用途に良さそう」という要素を片っ端から詰め込んでオーディオ機器たることを目指しただけで、必ずしも純然たるオーディオ機器として作られたわけではないcanarino Filsからこれほどの音が出るとは!


 そして、私のシステムにおいて長らく単体サーバーの地位を担ってきたLUMIN L1との激突。SSDへの換装アナログ電源の使用、迎え撃つLUMIN L1にも抜かりはない。

 ……

 …

 音の透明感と響きの繊細さはほぼ互角か、僅かにLUMIN L1に軍配が上がる。

 解像感と空間の広さは同等。

 低音の表現は圧倒的にcanarino Filsが勝る。繰り返しになるが、アナログ電源の導入による量感の増強・より深い沈み込み・輪郭の明瞭化はL1を完全に凌駕している。充実した低域のおかげで音楽全体から受ける熱量にも大きな違いがある。
 ただし量感に関して言えば過剰あるいは暴走気味とも感じられ、無遠慮に空間を埋め尽くして音の透明感や響きの繊細さを損ねていると言えなくもない。求める音の方向性によって適不適はありそうだ。幸か不幸か私のシステムは万年低音不足気味なので、非常に新鮮な感覚で聴くことが出来た。canarino Filsとアナログ電源の組み合わせの音は、単体サーバーとして間違いなくLUMIN L1に比肩する。

 また、純粋にサーバーとしての機能を考えれば、canarino FilsはPCとして複数のサーバーソフトを同時運用可能であり、その点の優位性は言うまでもない。


 総じて、canarino Filsは単体サーバーの原器としての実力を見事に証明した。


 さて、これでLUMIN L1の立ち位置が少々微妙になってしまったわけだが、LUMIN L1には単体サーバーとは別の使い道も残されている。
 「超豪華なUSBストレージ」としての使い道である。

 たとえサーバーとして使わなくなったとしても、LUMIN L1のオーディオ機器として作り込まれたハードウェアや、純粋なストレージとしての価値が損なわれることはない。その辺のUSB HDDとは最初から発想の次元が違うのである。
 例えばexaSound PlayPointのようなストレージ非搭載のミュージックサーバーはストレージ接続用のUSB端子を備えているので、LUMIN L1にしてみれ最高の活躍場所となる。単純にストレージとして使うだけなら、NASを使うよりもUSBストレージを繋ぐ方が遥かに手っ取り早い。今後この手の製品を試す際はLUMIN L1をストレージとして使ってみたい。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第7回『300』

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!! 画質:9→1

記事を読む

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Nimitra C

記事を読む

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑