*

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器
ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編


 かつて「ソフト編」の記事で書いたソフトのうち、実際に導入したのは、


「ミュージックサーバー」とするために
JRiver Media Center(以下JRiver)
Roon Server

「単体サーバー」とするために
Twonky Server
Asset UPnP
MinimServer

「単体ネットワークオーディオプレーヤー」とするために
JPLAY/JPLAYStreamer
BubbleUPnP Serverと組み合わせたJRiver

 この七種類とした。
 脱落したものもある。


 CPU負荷が大きい、ソフトの初期設定を済ませておけば電源を付けるだけで問題なく機能する、何かしら新たに設定作業をしようと思えばどのみちマウスとキーボードが要る、等の理由で遠隔操作用のSplashtop2はやめにした。

 JPLAYStreamer用のトランスコードを行うサーバーソフトとしては、Asset UPnPよりもMinimServerの方が動きが良く、安定しているようだ。
 Kazoo Serverは別にいいかなって……

 JPLAYはDAC Link:700Hz/PC Buffer:0.01secだとDSD256の再生が安定しないために大事を取って170Hzとした。JPLAYの設定を詰めるためだけにcanarino Filsを導入したわけではないし、安定して再生できることが第一である。
 JPLAYのCPU使用率は非常に小さいもののメモリの使用量はそれなりに大きく、ULTRAstream/XtreamSize:1000だと常に300MB程度は使っている。

 Roon Serverはアルバム約1600枚でCPUは5~6%、メモリは300MB程度を常に使っている。
 私のcanarino FilsのCPUはCore i7-6700Tなので、確かにアルバムが2万枚ともなるとi7とディスクリートのグラボが必要になりそうだ。 
 Roonの動作は前回お借りしたCore i5/8GB RAM仕様でもまったく問題がなかったが、Core i7/16GB RAM仕様では完全にi7を積んだデスクトップと同等になった。もはやデスクトップをCoreに使う場合とControlに使う場合で使用感に差がない。
 やはりCore i7にして正解だったな!

 全体のCPU使用率は終始10%未満、メモリ使用率は多くて15%程度。
 RoonでDSD256を二カ所同時に再生してもCPU使用率はあまり変わらない。

 今後は基本的にこのソフトラインナップを保ちつつ、色々と磨き上げていく方向で。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

Asset UPnP for QNAP Test8

 Test7からTest8に更新されたようだ。  といいつつどこがどう変わったのかいまいちよく

記事を読む

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベロではない。 星座名の

記事を読む

【BDレビュー】第319回『オデッセイ』

 UHD BDも購入予定。  しかもエクステンデッド版はDolby Atmos収録である。

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。 LUMIN L1来たる 導入!

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使ってみる

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑