*

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器
ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編


 かつて「ソフト編」の記事で書いたソフトのうち、実際に導入したのは、


「ミュージックサーバー」とするために
JRiver Media Center(以下JRiver)
Roon Server

「単体サーバー」とするために
Twonky Server
Asset UPnP
MinimServer

「単体ネットワークオーディオプレーヤー」とするために
JPLAY/JPLAYStreamer
BubbleUPnP Serverと組み合わせたJRiver

 この七種類とした。
 脱落したものもある。


 CPU負荷が大きい、ソフトの初期設定を済ませておけば電源を付けるだけで問題なく機能する、何かしら新たに設定作業をしようと思えばどのみちマウスとキーボードが要る、等の理由で遠隔操作用のSplashtop2はやめにした。

 JPLAYStreamer用のトランスコードを行うサーバーソフトとしては、Asset UPnPよりもMinimServerの方が動きが良く、安定しているようだ。
 Kazoo Serverは別にいいかなって……

 JPLAYはDAC Link:700Hz/PC Buffer:0.01secだとDSD256の再生が安定しないために大事を取って170Hzとした。JPLAYの設定を詰めるためだけにcanarino Filsを導入したわけではないし、安定して再生できることが第一である。
 JPLAYのCPU使用率は非常に小さいもののメモリの使用量はそれなりに大きく、ULTRAstream/XtreamSize:1000だと常に300MB程度は使っている。

 Roon Serverはアルバム約1600枚でCPUは5~6%、メモリは300MB程度を常に使っている。
 私のcanarino FilsのCPUはCore i7-6700Tなので、確かにアルバムが2万枚ともなるとi7とディスクリートのグラボが必要になりそうだ。 
 Roonの動作は前回お借りしたCore i5/8GB RAM仕様でもまったく問題がなかったが、Core i7/16GB RAM仕様では完全にi7を積んだデスクトップと同等になった。もはやデスクトップをCoreに使う場合とControlに使う場合で使用感に差がない。
 やはりCore i7にして正解だったな!

 全体のCPU使用率は終始10%未満、メモリ使用率は多くて15%程度。
 RoonでDSD256を二カ所同時に再生してもCPU使用率はあまり変わらない。

 今後は基本的にこのソフトラインナップを保ちつつ、色々と磨き上げていく方向で。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

B&W 800 D3 – new 800 diamond series

 ついに発表となった。  画像は公式HPから。  動画まである。

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

「ハイレゾ」は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Dynaudio

記事を読む

Kinsky Version 4.3.21

 iOSに付いていくべく2年以上ぶりのアップデート。  ほんのりとデザインも変わった。

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / Precious Mornin

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑