*

オーディオ用PC「canarino Fils」を導入して一年が経った

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ


 基本的に24時間電源を入れっぱなしのまま、秋田の雪に閉ざされた冬を越え、無駄に熱い夏を越え、色んなイベントで使うべく幾度となく箱詰めされてあちらこちらを行き交い、それでもなお機能不全に陥ることなく、canarino Filsはこの一年間問題なく稼働し続けた。まず安定していなければ話にならない。ファンレスのPCが秋田の厳しい四季を乗り越えてくれてよかった。

 canarino Filsはアナログ電源との組み合わせにより、「諸々のソフトを十全に動かし得るマシンスペック」と「良心の呵責なくオーディオシステムに組み込み得る音質」の二つを担保する。
 思想だけでなく、実際のシステムにおいてもPCオーディオとネットワークオーディオの不毛な対立に終止符を打った「デジタル・ファイル再生の原器」として、canarino Filsには本当に世話になっている。

 起動ディスクもストレージもSSDにしているおかげか、どんなソフトを……それこそRoonを動かした時でさえ、メインのデスクトップよりきびきび動くくらいだ。音源のデータを入れる時の転送速度も1Gbpsのほぼ上限値まで出るし、サーバーとして使った時のレスポンスの良さも一般的なNASとは比べ物にならない。
 そんな感じで、今では新しいソフトを試す時はまずデスクトップPCで諸々のユーザビリティを確認し、その後canarino Filsで実際に運用してみるという流れが確立できた。

 未だに姿を現さないNucleus Serverをはじめ、オーディオ機器として作られた単体Roon Serverがほとんどない現状を考えれば、「オーディオ用PCを単体Roon Serverとして運用する」という選択はやはり間違いではなかった。あとはSFORZATOのプレーヤーがちゃっちゃとRoon Readyになってくれれば最高なんだが。

 目下、Roon以上に重いオーディオ用のソフトが出現するとはちょっと考えづらいし、意味があるかどうかはさておき将来的にDSD1024にアプコンしてもまだ余裕がある。少なくともオーディオ用に使う限り、スペック的に陳腐化するなんてことにはそうそうなるまい。
 たとえfidata HFAS1-XS20という純粋にオーディオ用途のサーバーを導入したとて、canarino Filsの「原器」としての価値はいささかも損なわれていない。

 主にモチベーションの問題でソフトウェア的な最適化には手が回っていないため、canarino Filsにはまだまだ進化の余地はある。
 今後もますます世話になろう。



【Roon】関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPhone版)

コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)  今度はiPhone版。

記事を読む

リッピングソフトで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  いよいよ魔境

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

 コンテンツを楽しむ環境にほんの少しでもこだわれば、まさにそれこそがホームシアターなのである……と言

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと強くなったfidata、HFA

記事を読む

DTS:Xのソフトを片っ端から聴く

 片っ端っつっても3枚しか持っていないが。 Pioneer SC-LX59でDolby

記事を読む

【BDレビュー】第289回『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑