*

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器
ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

 少なくともLUMIN A1がなくならない限り、諸々の実験や試聴を除く、canarino Filsの普段の用途はもっぱらサーバーということになる。LUMIN A1がRoonReadyになればRoon Serverとしての運用も増えるだろうが。

 さて、未だアナログ電源が手元にない状態で音質比較をするのは私としても心苦しいのだが、canarino Filsが手元に来てしまった以上、それをやらないわけにはいくまい。というよりも、私自身のやってみたいという感情を抑えられない。
 まぁ、ノートPCと比べるのなら、付属の電源アダプタという条件が揃うのである意味好適とも言える。


 というわけで、何の変哲もないノートPCと、素の状態のcanarino Fils、そしてボスにLUMIN L1 + アナログ電源を迎えて比較を行う。

 なお、Fidelixのアナログ電源を使ったcanarino FilsはLUMIN L1に劣らない音を出せることは以前に確認済みである。


2016111701
 源泉→上流→下流。


 いつものリファレンス音源を一通り聴いて、ノートPCとcanarino Filsの差は明らか。
 どちらもPCをそのまんま使った時に感じられる「粗さ」はあるものの、canarino Filsは音に力があり、ノートPCのように音が死ぬ印象はない。粗さはアナログ電源の導入で解消されることは経験済みなので別にいいとして、音に力があるということが今後に大きな期待を残した。

 続いて、canarino FilsとLUMIN L1(&アナログ電源)の比較。


 ……

 …


 差がありすぎて話にならない……

 単純な力感だけならむしろcanarino Filsに軍配が上がるのだが、S/Nの高さと静寂感から生み出す彫りの深さのおかげでLUMIN L1の音の方が圧倒的に存在感がある。そのほか、細部の描写や色彩感でもLUMIN L1の圧勝である。
 
 付属の電源アダプタを使った状態で単機能に特化した製品に太刀打ちできるなんて最初から思っていなかったとはいえ、予想以上の差があった。
 コレほんとにアナログ電源を入れればLUMIN L1に劣らない(同レベルとは言ってない)音が出るのかと、少々心配になってしまった。
 ただ、がっちりした筐体のファンレスPCを買ってきていきなりオーディオ機器を凌駕するような音が出せるなら苦労しないし、私もそんな期待はしていない。

 「オーディオ機器」の壁は高い。LUMIN L1はオーディオ機器としての矜持が偽りでないことを見事に証明し、そしてcanarino Filsはその領域に到達し得る資質を示した。
 両者にとって良い結果である。これでいいのである。

 とにかくアナログ電源がやってきた段階でサーバー編その2をやろう。
 その時が決戦だ。


決戦!


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

 ついに完結? 画質:10 音質:13 映像:AVC 音声:ドルビーTR

記事を読む

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑