*

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。

 BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりにも巨大だった。
 PS3はBD黎明期における事実上唯一の「手が届くBDプレーヤー」であり、しかも単体BDプレーヤーと比べて二桁・三桁違う販売数でBDの普及に大きく貢献しながら、AV業界、特にメディアのPS3に対する態度は常に「所詮ゲーム機」だった。PS3のBDプレーヤーとしてのスムーズかつ安定した動作はまったく無視され、常にフリーズしているかのような動作のBDプレーヤーが「AV機器だから」ということで持て囃されていた。
 まぁ、今になって考えてみればその理由もわからないではないが。

 ただ、BDドライブの搭載は(決してこれだけが理由ではないにせよ)PS3の価格を高騰させた。「ゲーム機としては」あまりにも高くなった価格は、PS3の普及の大きな足かせになってしまった。発売からかなりの期間、「BDなんて積まずにゲーム機に特化すればよかったのに」という言説をいったいどれだけ目にしたことか。

 時は流れ、PS4が発売される。
 PS3での諸々の反省を生かし、ゲーム機としての立ち位置に特化した結果、現時点で大きな成功を収めていることは知っての通りである。

 そして最近、PS4 Proが発売になった。
 あくまでも「より良いゲーム体験を実現するためのもの」であるとして、正式発表の段階でUHD BDドライブを搭載しないことが明らかになった。

 その途端、AV業界は「なぜUHD BDを積まなかったのか」と騒ぎ出した。そりゃ「所詮ゲーム機」でも、ゲームになんてまったく興味がないとしても、新メディアの普及という点では間違いなく役に立つもんな。結果的に自分たちも得をする。なんともわかりやすい手の平返しである。
 私自身はPS3でBDに触れたこともあり、PS3のBDプレーヤーとしての価値も大いに認め、「所詮ゲーム機」などと思ったことはない。そしてUHD BDの普及を願う者として、PS4 ProにUHD BDを積んでほしかったとは思っている。しかし、それは極めて個人的かつ自分本位な願望に過ぎないと承知している。
 PS4の「あくまでもゲーム機」という立ち位置を考えれば、ゲーマーの端くれとして、性能強化版のPS4 ProであってもUHD BDを積まない理由は理解できる。PS3/BDの時と異なり、UHD BDは既にまともなプレーヤーがいくつも存在するというのも大きい。

 一方、AV業界だけでなくゲームメディアやゲーマーの一部までも「なぜUHD BDを積まなかったのか」と言う理由は少々測りかねる。10年前はまったく逆のことを言っていなかったか。
 とはいえ、現にゲーム機であることに特化したPS4がこれだけの成功を収めている事実を見れば、PS4 ProがUHD BDを積まなかったことが間違いだとは到底思えない。

UHD BD対応「Xbox One S」が11月24日発売。1TBモデルで34,980円 – AV Watch

 XBOX One SはUHD BDを搭載し、またそのことを売りにしているので、かつてPS3が担った「ゲーム機による映像メディアの普及」という大役は、そちらに任せればいい。単体UHD BDプレーヤーに比べれば桁違いに売れることは間違いない。日本での展開は限りなく謎だが。


 やっぱりゲーム機はゲームやってなんぼ。
 PS4 Proはこれでいいのだ。



PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

言の葉の穴・二周年

 もっと、ずっと前にやるべきだったことが、ようやく動き出した感がある。  しかし、まだまだ。

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4月10日(月)です。 当初は

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑