*

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。

 BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりにも巨大だった。
 PS3はBD黎明期における事実上唯一の「手が届くBDプレーヤー」であり、しかも単体BDプレーヤーと比べて二桁・三桁違う販売数でBDの普及に大きく貢献しながら、AV業界、特にメディアのPS3に対する態度は常に「所詮ゲーム機」だった。PS3のBDプレーヤーとしてのスムーズかつ安定した動作はまったく無視され、常にフリーズしているかのような動作のBDプレーヤーが「AV機器だから」ということで持て囃されていた。
 まぁ、今になって考えてみればその理由もわからないではないが。

 ただ、BDドライブの搭載は(決してこれだけが理由ではないにせよ)PS3の価格を高騰させた。「ゲーム機としては」あまりにも高くなった価格は、PS3の普及の大きな足かせになってしまった。発売からかなりの期間、「BDなんて積まずにゲーム機に特化すればよかったのに」という言説をいったいどれだけ目にしたことか。

 時は流れ、PS4が発売される。
 PS3での諸々の反省を生かし、ゲーム機としての立ち位置に特化した結果、現時点で大きな成功を収めていることは知っての通りである。

 そして最近、PS4 Proが発売になった。
 あくまでも「より良いゲーム体験を実現するためのもの」であるとして、正式発表の段階でUHD BDドライブを搭載しないことが明らかになった。

 その途端、AV業界は「なぜUHD BDを積まなかったのか」と騒ぎ出した。そりゃ「所詮ゲーム機」でも、ゲームになんてまったく興味がないとしても、新メディアの普及という点では間違いなく役に立つもんな。結果的に自分たちも得をする。なんともわかりやすい手の平返しである。
 私自身はPS3でBDに触れたこともあり、PS3のBDプレーヤーとしての価値も大いに認め、「所詮ゲーム機」などと思ったことはない。そしてUHD BDの普及を願う者として、PS4 ProにUHD BDを積んでほしかったとは思っている。しかし、それは極めて個人的かつ自分本位な願望に過ぎないと承知している。
 PS4の「あくまでもゲーム機」という立ち位置を考えれば、ゲーマーの端くれとして、性能強化版のPS4 ProであってもUHD BDを積まない理由は理解できる。PS3/BDの時と異なり、UHD BDは既にまともなプレーヤーがいくつも存在するというのも大きい。

 一方、AV業界だけでなくゲームメディアやゲーマーの一部までも「なぜUHD BDを積まなかったのか」と言う理由は少々測りかねる。10年前はまったく逆のことを言っていなかったか。
 とはいえ、現にゲーム機であることに特化したPS4がこれだけの成功を収めている事実を見れば、PS4 ProがUHD BDを積まなかったことが間違いだとは到底思えない。

UHD BD対応「Xbox One S」が11月24日発売。1TBモデルで34,980円 – AV Watch

 XBOX One SはUHD BDを搭載し、またそのことを売りにしているので、かつてPS3が担った「ゲーム機による映像メディアの普及」という大役は、そちらに任せればいい。単体UHD BDプレーヤーに比べれば桁違いに売れることは間違いない。日本での展開は限りなく謎だが。


 やっぱりゲーム機はゲームやってなんぼ。
 PS4 Proはこれでいいのだ。



PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

言の葉の穴 2014-2015

 あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきましてありがとうございました。

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

【BDレビュー】 第248回『千年女優』

 チヨコさんこんなに可愛かったっけ…… 画質:8 音質:10 映像:AVC M

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回と前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。  それを踏まえて

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑