*

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。

 BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりにも巨大だった。
 PS3はBD黎明期における事実上唯一の「手が届くBDプレーヤー」であり、しかも単体BDプレーヤーと比べて二桁・三桁違う販売数でBDの普及に大きく貢献しながら、AV業界、特にメディアのPS3に対する態度は常に「所詮ゲーム機」だった。PS3のBDプレーヤーとしてのスムーズかつ安定した動作はまったく無視され、常にフリーズしているかのような動作のBDプレーヤーが「AV機器だから」ということで持て囃されていた。
 まぁ、今になって考えてみればその理由もわからないではないが。

 ただ、BDドライブの搭載は(決してこれだけが理由ではないにせよ)PS3の価格を高騰させた。「ゲーム機としては」あまりにも高くなった価格は、PS3の普及の大きな足かせになってしまった。発売からかなりの期間、「BDなんて積まずにゲーム機に特化すればよかったのに」という言説をいったいどれだけ目にしたことか。

 時は流れ、PS4が発売される。
 PS3での諸々の反省を生かし、ゲーム機としての立ち位置に特化した結果、現時点で大きな成功を収めていることは知っての通りである。

 そして最近、PS4 Proが発売になった。
 あくまでも「より良いゲーム体験を実現するためのもの」であるとして、正式発表の段階でUHD BDドライブを搭載しないことが明らかになった。

 その途端、AV業界は「なぜUHD BDを積まなかったのか」と騒ぎ出した。そりゃ「所詮ゲーム機」でも、ゲームになんてまったく興味がないとしても、新メディアの普及という点では間違いなく役に立つもんな。結果的に自分たちも得をする。なんともわかりやすい手の平返しである。
 私自身はPS3でBDに触れたこともあり、PS3のBDプレーヤーとしての価値も大いに認め、「所詮ゲーム機」などと思ったことはない。そしてUHD BDの普及を願う者として、PS4 ProにUHD BDを積んでほしかったとは思っている。しかし、それは極めて個人的かつ自分本位な願望に過ぎないと承知している。
 PS4の「あくまでもゲーム機」という立ち位置を考えれば、ゲーマーの端くれとして、性能強化版のPS4 ProであってもUHD BDを積まない理由は理解できる。PS3/BDの時と異なり、UHD BDは既にまともなプレーヤーがいくつも存在するというのも大きい。

 一方、AV業界だけでなくゲームメディアやゲーマーの一部までも「なぜUHD BDを積まなかったのか」と言う理由は少々測りかねる。10年前はまったく逆のことを言っていなかったか。
 とはいえ、現にゲーム機であることに特化したPS4がこれだけの成功を収めている事実を見れば、PS4 ProがUHD BDを積まなかったことが間違いだとは到底思えない。

UHD BD対応「Xbox One S」が11月24日発売。1TBモデルで34,980円 – AV Watch

 XBOX One SはUHD BDを搭載し、またそのことを売りにしているので、かつてPS3が担った「ゲーム機による映像メディアの普及」という大役は、そちらに任せればいい。単体UHD BDプレーヤーに比べれば桁違いに売れることは間違いない。日本での展開は限りなく謎だが。


 やっぱりゲーム機はゲームやってなんぼ。
 PS4 Proはこれでいいのだ。



PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】Asset UPnP for QNAP正式リリース

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

Twonky Serverのトンキー病が直ったところで

アイ・オーのオーディオNAS“fidata”「HFAS1」、RAIDモード変更に対応 - Phile

記事を読む

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Wi-Fiの速度がコントロールアプリの挙動に与える影響

 前々から疑問だった。  アプリの挙動に影響するものはライブラリの中身やデバイスの性能だけではない

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑