*

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

公開日: : 最終更新日:2017/02/26 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編


 使用中は結構な発熱がある。
 同じデジタルアンプ、それもアナログ電源を積んだNmode X-PM7よりも発熱は相当にでかい。触れなくなるほどではないが……

 そしてフロントパネルのLEDがビカビカと光る。


 ひとまず、純粋に聴き慣れた環境でNmode X-PM7と比較すべく、LUMIN A1のデジタルボリュームを使って直結した。
 この時点で、無音時の残留ノイズはX-PM7(Lモード)よりも小さく、非常に抑えられている。

 はてさてどんな音がするものかと思い曲を再生した途端、背景に強烈なサーノイズが流れた。
 何じゃこりゃと思い、再生を止めるとノイズも消える。
 再生する。ノイズ出る。
 止める。消える。
 ……
 …


 とりあえずLUMIN A1のオマケ程度のデジタルボリュームを使ってパワーアンプに直結するなんて手抜き……もといイレギュラーなケースは忘れて、逢瀬DACをDACプリとして使う。
 こちらでは曲を再生してもノイズは出ない。さっきは悪い夢でも見たのだろうか。

 で、音。

 クリアでパワフル。確かにそうだ。
 X-PM7と比べて明らかに低音は伸びているし、量も出ている。ベースラインの輪郭も混濁せずに明瞭さを維持する。
 少なくともSapphireに対して駆動力不足という感じは受けない。

 ……ただ、それ以上の印象がない。
 出てくる音があまりにも素っ気なくて、聴いていて面食らった。
 アンプとして、「スピーカーを鳴らす機械」として高性能であることは明らかだ。Sapphireをしっかりと駆動し、上から下まで滲みなく、明瞭な音を鳴らしている。悲しい環境に置かれたDynaudioにありがちな音離れの悪さとは無縁である。
 しかし淡々と高性能に徹した結果だろうか、出てくる音にまるで色彩、特徴といったものが感じられない。
 正直に言って、Sapphireからこれほどまでにモノクロームな音が出てきたのは初めての経験で、なんとも困り果ててしまった。

 DACプリとパワーという、最も「逢瀬の音」を表出する組み合わせがこの音となると、はたしてDAC単体で得た「生気みなぎる音」という印象は何だったのかとも思ってしまう。Nmodeとの組み合わせが神懸かり的に巧くいったのだろうか。

 結局のところ、本機は私には合わなかった。
 音楽を聴くという行為に求めているものが違った、としか言いようがない。
 陰気なDynaudioをNmodeが持ち前のスピード感で蹴っ飛ばして陽の下で輝かせる、その組み合わせの妙を崩すには至らなかった。

 繰り返すが、Dynaudio Sapphireを精確に駆動しており、WATERFALL Power 400のアンプとしての性能に疑いはない。低音は明瞭さと量感が両立し、残留ノイズも気にならないレベルに抑えられている。より冷静かつ客観的に音楽に向き合おうと思えば、おおよそ色付け呼べるものを持たない、本機の超然とした高性能こそが好適だろう。



【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第68回『魔法にかけられて』

画質・実写部:9 アニメーション部:14  音質:12 映像はAVCでビットレートは高め。

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第222回『となりのトトロ』

あらためて見るとなんだこの神作画のオンパレードは……たまげたなぁ…… 画質:10 音質:1

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第53回『ブレイブストーリー』

画質:5 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは精々20Mbps。 音声はドルデジ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑