*

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

公開日: : 最終更新日:2017/02/26 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編


 使用中は結構な発熱がある。
 同じデジタルアンプ、それもアナログ電源を積んだNmode X-PM7よりも発熱は相当にでかい。触れなくなるほどではないが……

 そしてフロントパネルのLEDがビカビカと光る。


 ひとまず、純粋に聴き慣れた環境でNmode X-PM7と比較すべく、LUMIN A1のデジタルボリュームを使って直結した。
 この時点で、無音時の残留ノイズはX-PM7(Lモード)よりも小さく、非常に抑えられている。

 はてさてどんな音がするものかと思い曲を再生した途端、背景に強烈なサーノイズが流れた。
 何じゃこりゃと思い、再生を止めるとノイズも消える。
 再生する。ノイズ出る。
 止める。消える。
 ……
 …


 とりあえずLUMIN A1のオマケ程度のデジタルボリュームを使ってパワーアンプに直結するなんて手抜き……もといイレギュラーなケースは忘れて、逢瀬DACをDACプリとして使う。
 こちらでは曲を再生してもノイズは出ない。さっきは悪い夢でも見たのだろうか。

 で、音。

 クリアでパワフル。確かにそうだ。
 X-PM7と比べて明らかに低音は伸びているし、量も出ている。ベースラインの輪郭も混濁せずに明瞭さを維持する。
 少なくともSapphireに対して駆動力不足という感じは受けない。

 ……ただ、それ以上の印象がない。
 出てくる音があまりにも素っ気なくて、聴いていて面食らった。
 アンプとして、「スピーカーを鳴らす機械」として高性能であることは明らかだ。Sapphireをしっかりと駆動し、上から下まで滲みなく、明瞭な音を鳴らしている。悲しい環境に置かれたDynaudioにありがちな音離れの悪さとは無縁である。
 しかし淡々と高性能に徹した結果だろうか、出てくる音にまるで色彩、特徴といったものが感じられない。
 正直に言って、Sapphireからこれほどまでにモノクロームな音が出てきたのは初めての経験で、なんとも困り果ててしまった。

 DACプリとパワーという、最も「逢瀬の音」を表出する組み合わせがこの音となると、はたしてDAC単体で得た「生気みなぎる音」という印象は何だったのかとも思ってしまう。Nmodeとの組み合わせが神懸かり的に巧くいったのだろうか。

 結局のところ、本機は私には合わなかった。
 音楽を聴くという行為に求めているものが違った、としか言いようがない。
 陰気なDynaudioをNmodeが持ち前のスピード感で蹴っ飛ばして陽の下で輝かせる、その組み合わせの妙を崩すには至らなかった。

 繰り返すが、Dynaudio Sapphireを精確に駆動しており、WATERFALL Power 400のアンプとしての性能に疑いはない。低音は明瞭さと量感が両立し、残留ノイズも気にならないレベルに抑えられている。より冷静かつ客観的に音楽に向き合おうと思えば、おおよそ色付け呼べるものを持たない、本機の超然とした高性能こそが好適だろう。



【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Technics Music App』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

BUFFALOからネットワークオーディオ向けに新NAS登場?

 ネットワークオーディオの未来とは大きく出たな。    ちなみに私が考える理想のサーバーとは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第152回『ファイトクラブ』

画質:10 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Technics Music App ブラウズとプレイリストについて

 以前に検証した際、Technics Music Appはブラウズ領域にもプレイリストにも音源のアル

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑