*

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

公開日: : オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の価値としてHDRに焦点が当たった印象を受けた。
 4K化という意味で大きく遅れているプロジェクターにも嬉しいニュースがあった。

 それにしても、兎にも角にも猫も杓子もHDR。
 はいはいハイダイナミックレンジハイダイナミックレンジ。

 ハイダイナミックレンジは単に明るいということを指すのではない。それはわかる。
 ハイダイナミックレンジをより高度に表現すべく、今回のCESで発表されたテレビではLEDバックライトのエリア分割数が大幅に増えたものが多い。より緻密なエリア駆動ができるようになるので、画質的な恩恵は大きい。これは素直に喜ぶべきことだ。

 ただ……

 結局単なる輝度競争にしかなっていないように見えるのは気のせいだろうか。
 作る側も、伝える側も、言及するのはほとんど最高輝度のことばかり。
 ULTRA HD PREMIUMは最高輝度だけじゃなく黒レベルも規定しているというのに。

 だいたい1000nit以上なんて数値……
 これはあくまでピーク輝度であって映像の平均的な輝度はもっともっと下だろうが、それでも従来より格段に上がっていることは想像に難くない。
 現状使っているテレビやプロジェクターでさえ相当輝度を落として見ていて、それでもなお眩しすぎると感じることがあるのに、これ以上輝度を上げられても正直困る。
 「お使いのテレビでHDRをきちんと表現するには輝度を最大値に設定する必要があります」なんてことになれば、もう目が潰れるんじゃないか。

 ん? 照明下においては輝度が高いほうが間違いなく高画質?
 いや、少なくとも画質を云々するなら完全暗室以外の環境はあり得ない。


 眩しいディスプレイより黒が黒いディスプレイが欲しい。
 ずっと昔にとあるレビューを信じてコントラスト比4万対1のプラズマを買ったらコントラスト比2200対1の液晶よりもよほど黒が浮いていたなんて笑い話、もう二度と御免である。



【CES2016】記事まとめ


スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

Bubble DS/UPnP アルバムアート表示について

※この記事は2012年9月11日に書かれたものです ふと思い立ってBubble DSを

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】QNAP TS-119でKazoo Serverを使う

LINN - SOFTWARE Available for Windows and Mac ope

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑