*

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

公開日: : オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の価値としてHDRに焦点が当たった印象を受けた。
 4K化という意味で大きく遅れているプロジェクターにも嬉しいニュースがあった。

 それにしても、兎にも角にも猫も杓子もHDR。
 はいはいハイダイナミックレンジハイダイナミックレンジ。

 ハイダイナミックレンジは単に明るいということを指すのではない。それはわかる。
 ハイダイナミックレンジをより高度に表現すべく、今回のCESで発表されたテレビではLEDバックライトのエリア分割数が大幅に増えたものが多い。より緻密なエリア駆動ができるようになるので、画質的な恩恵は大きい。これは素直に喜ぶべきことだ。

 ただ……

 結局単なる輝度競争にしかなっていないように見えるのは気のせいだろうか。
 作る側も、伝える側も、言及するのはほとんど最高輝度のことばかり。
 ULTRA HD PREMIUMは最高輝度だけじゃなく黒レベルも規定しているというのに。

 だいたい1000nit以上なんて数値……
 これはあくまでピーク輝度であって映像の平均的な輝度はもっともっと下だろうが、それでも従来より格段に上がっていることは想像に難くない。
 現状使っているテレビやプロジェクターでさえ相当輝度を落として見ていて、それでもなお眩しすぎると感じることがあるのに、これ以上輝度を上げられても正直困る。
 「お使いのテレビでHDRをきちんと表現するには輝度を最大値に設定する必要があります」なんてことになれば、もう目が潰れるんじゃないか。

 ん? 照明下においては輝度が高いほうが間違いなく高画質?
 いや、少なくとも画質を云々するなら完全暗室以外の環境はあり得ない。


 眩しいディスプレイより黒が黒いディスプレイが欲しい。
 ずっと昔にとあるレビューを信じてコントラスト比4万対1のプラズマを買ったらコントラスト比2200対1の液晶よりもよほど黒が浮いていたなんて笑い話、もう二度と御免である。



【CES2016】記事まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第136回『X-MEN 3』 新装版

画質:11 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、6.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)

 KinskyはLINN純正のコントロールアプリである。  それでいて、なぜかDSのコントロールア

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 KOKIA / Where to go my love?

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / Where to go my love?

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑