*

サーバーで音は変わるか? ハード編

公開日: : 最終更新日:2014/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?



 最近某社から発売された超高級オーディオ用NASが注目を集めている。無限の資金力でもあれば私も欲しいところだが現実は厳しい。
 その製品に限った話ではなく、“高音質”を謳うNASは今までも登場してきた。それこそQNAP TS-119に始まり、密かに登場して密かに消えていったRipNAS StatementやZIGSOW ZSS-1など、非常に高額な製品もあった。
 で、その手のNASは当然の如くレビュー等でべた褒めされるわけだが、私は疑り深いので「本当にサーバーで音が変わるのか?」と思わずにはいられない。
 サーバーで音は変わるか。魔境に相応しいテーマである。
 
 なお、一言でサーバーと言っても、ハードとソフトという二つの要素がある。(詳細はこの記事
 仮にサーバーで音が変わるとして、その理由がハードによるものなのかソフトによるものなのかを把握するため、それぞれについて検証を行う。
 まずは、ハード編。



○検証したサーバー

QNAP TS-119 + EL SOUNDアナログ電源(SSD 600GB)
普段使っているWindowsのデスクトップPC(HDD 2TB)

 今回はサーバーの“ハード”の比較なので、この二つに同一のサーバーソフトであるAsset UPnPを用いて検証を行った。
 なお、Asset UPnPのバージョンはQNAP:4.2、Windows:4.1となっている。両者でバージョンが違うのは少々気になるところだが、現時点でどちらも最新バージョンなので特に差異はないと判断した。



○再生環境

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



○検証音源
アルバムfragile 20140226
 Yes / Fragileより「Roundabout」
 96kHz/24bitのハイレゾ版を使用。
 説明不要の一曲。
 特にハイレゾ版の音質は素晴らしく、下手な最新録音のソフトが裸足で逃げ出すほど。
 これまた数えきれないほど聴いてきた、私の不動のリファレンス曲。



○比較
1

 LUMIN Appを用いて、それぞれのサーバーからRoundaboutをプレイリストに登録し、連続再生。


 ……


 …


 変わる。


 決して大きな違いではないが、明らかにQNAP TS-119の方が良い。
 より力強く、明瞭で、それでいて雑味が少ない。


 この手の微妙な問題に関し、私は基本的に「変わらないなら変わらないに越したことはない」という姿勢を取っている。
 とはいえ、自分自身で検証した結果として変化を聴き取れたのなら、それを受け入れるだけの謙虚さは持ち合わせているつもりだ。


 以前、TS-119にアナログ電源を導入した時、明らかな音質の向上を体験したことがある。アナログ電源を導入した理由は耳にまで聴こえるアダプタのノイズをどうにかするためであり、音質は副次的なものに過ぎなかったが、こういうこともあるのかと驚いた記憶がある。
 しかし、それはあくまでTS-119という同一機種内でのことであって、他機種と比べてどうか、ということまでは気にしなかった。

 そして今回、TS-119とPCを同一環境で比較してみて、音質の変化を確認した。
 理由としては、電源、ストレージがHDDかSSDか、筐体の作り(オーディオ的な意味で)、内部のノイズなど、色々と考えられる。
 この辺りは深入りすれば容易に泥沼地獄に嵌るのでこれ以上は首を突っ込む気はないが、あくまで個人的な経験上、やはり電源の影響が大きいように思う。もっとも、ではなぜ電源を変えれば音が良くなるのかと聞かれたところで、技術者でもない私に理由を答えられるはずもなし。ただ、聴いて、そう感じたとしか言いようがない。


 同一の再生機材、同一のサーバーソフト、同一のネットワーク環境において、サーバーのハードを変えれば音は変わる。


 これが今回の検証結果である。

 “オーディオ用高音質NAS”という謳い文句も、あながち嘘ではなさそうだ。



続き・ソフト編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかアルバムのサムネイル粗くない?(

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【祝】エヴァついにBD化

新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX & 新世紀エヴァンゲリオン TV放映版 DVD BO

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboなど展開 - avwatch

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第91回『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

画質:10 音質:10+α(7.1ch収録のため) 映像はAVCでビットレートは基本30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第173回『バットマン ビギンズ』

画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

LUMINがQobuzに対応

 Qobuz。  「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。  TIDAL同様、ロスレスクオリ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑