*

サーバーで音は変わるか? ハード編

公開日: : 最終更新日:2014/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?



 最近某社から発売された超高級オーディオ用NASが注目を集めている。無限の資金力でもあれば私も欲しいところだが現実は厳しい。
 その製品に限った話ではなく、“高音質”を謳うNASは今までも登場してきた。それこそQNAP TS-119に始まり、密かに登場して密かに消えていったRipNAS StatementやZIGSOW ZSS-1など、非常に高額な製品もあった。
 で、その手のNASは当然の如くレビュー等でべた褒めされるわけだが、私は疑り深いので「本当にサーバーで音が変わるのか?」と思わずにはいられない。
 サーバーで音は変わるか。魔境に相応しいテーマである。
 
 なお、一言でサーバーと言っても、ハードとソフトという二つの要素がある。(詳細はこの記事
 仮にサーバーで音が変わるとして、その理由がハードによるものなのかソフトによるものなのかを把握するため、それぞれについて検証を行う。
 まずは、ハード編。



○検証したサーバー

QNAP TS-119 + EL SOUNDアナログ電源(SSD 600GB)
普段使っているWindowsのデスクトップPC(HDD 2TB)

 今回はサーバーの“ハード”の比較なので、この二つに同一のサーバーソフトであるAsset UPnPを用いて検証を行った。
 なお、Asset UPnPのバージョンはQNAP:4.2、Windows:4.1となっている。両者でバージョンが違うのは少々気になるところだが、現時点でどちらも最新バージョンなので特に差異はないと判断した。



○再生環境

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



○検証音源
アルバムfragile 20140226
 Yes / Fragileより「Roundabout」
 96kHz/24bitのハイレゾ版を使用。
 説明不要の一曲。
 特にハイレゾ版の音質は素晴らしく、下手な最新録音のソフトが裸足で逃げ出すほど。
 これまた数えきれないほど聴いてきた、私の不動のリファレンス曲。



○比較
1

 LUMIN Appを用いて、それぞれのサーバーからRoundaboutをプレイリストに登録し、連続再生。


 ……


 …


 変わる。


 決して大きな違いではないが、明らかにQNAP TS-119の方が良い。
 より力強く、明瞭で、それでいて雑味が少ない。


 この手の微妙な問題に関し、私は基本的に「変わらないなら変わらないに越したことはない」という姿勢を取っている。
 とはいえ、自分自身で検証した結果として変化を聴き取れたのなら、それを受け入れるだけの謙虚さは持ち合わせているつもりだ。


 以前、TS-119にアナログ電源を導入した時、明らかな音質の向上を体験したことがある。アナログ電源を導入した理由は耳にまで聴こえるアダプタのノイズをどうにかするためであり、音質は副次的なものに過ぎなかったが、こういうこともあるのかと驚いた記憶がある。
 しかし、それはあくまでTS-119という同一機種内でのことであって、他機種と比べてどうか、ということまでは気にしなかった。

 そして今回、TS-119とPCを同一環境で比較してみて、音質の変化を確認した。
 理由としては、電源、ストレージがHDDかSSDか、筐体の作り(オーディオ的な意味で)、内部のノイズなど、色々と考えられる。
 この辺りは深入りすれば容易に泥沼地獄に嵌るのでこれ以上は首を突っ込む気はないが、あくまで個人的な経験上、やはり電源の影響が大きいように思う。もっとも、ではなぜ電源を変えれば音が良くなるのかと聞かれたところで、技術者でもない私に理由を答えられるはずもなし。ただ、聴いて、そう感じたとしか言いようがない。


 同一の再生機材、同一のサーバーソフト、同一のネットワーク環境において、サーバーのハードを変えれば音は変わる。


 これが今回の検証結果である。

 “オーディオ用高音質NAS”という謳い文句も、あながち嘘ではなさそうだ。



続き・ソフト編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stream If you pl

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』こそがネットワークオーディオの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑