*

サーバーで音は変わるか? ハード編

公開日: : 最終更新日:2014/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?



 最近某社から発売された超高級オーディオ用NASが注目を集めている。無限の資金力でもあれば私も欲しいところだが現実は厳しい。
 その製品に限った話ではなく、“高音質”を謳うNASは今までも登場してきた。それこそQNAP TS-119に始まり、密かに登場して密かに消えていったRipNAS StatementやZIGSOW ZSS-1など、非常に高額な製品もあった。
 で、その手のNASは当然の如くレビュー等でべた褒めされるわけだが、私は疑り深いので「本当にサーバーで音が変わるのか?」と思わずにはいられない。
 サーバーで音は変わるか。魔境に相応しいテーマである。
 
 なお、一言でサーバーと言っても、ハードとソフトという二つの要素がある。(詳細はこの記事
 仮にサーバーで音が変わるとして、その理由がハードによるものなのかソフトによるものなのかを把握するため、それぞれについて検証を行う。
 まずは、ハード編。



○検証したサーバー

QNAP TS-119 + EL SOUNDアナログ電源(SSD 600GB)
普段使っているWindowsのデスクトップPC(HDD 2TB)

 今回はサーバーの“ハード”の比較なので、この二つに同一のサーバーソフトであるAsset UPnPを用いて検証を行った。
 なお、Asset UPnPのバージョンはQNAP:4.2、Windows:4.1となっている。両者でバージョンが違うのは少々気になるところだが、現時点でどちらも最新バージョンなので特に差異はないと判断した。



○再生環境

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



○検証音源
アルバムfragile 20140226
 Yes / Fragileより「Roundabout」
 96kHz/24bitのハイレゾ版を使用。
 説明不要の一曲。
 特にハイレゾ版の音質は素晴らしく、下手な最新録音のソフトが裸足で逃げ出すほど。
 これまた数えきれないほど聴いてきた、私の不動のリファレンス曲。



○比較
1

 LUMIN Appを用いて、それぞれのサーバーからRoundaboutをプレイリストに登録し、連続再生。


 ……


 …


 変わる。


 決して大きな違いではないが、明らかにQNAP TS-119の方が良い。
 より力強く、明瞭で、それでいて雑味が少ない。


 この手の微妙な問題に関し、私は基本的に「変わらないなら変わらないに越したことはない」という姿勢を取っている。
 とはいえ、自分自身で検証した結果として変化を聴き取れたのなら、それを受け入れるだけの謙虚さは持ち合わせているつもりだ。


 以前、TS-119にアナログ電源を導入した時、明らかな音質の向上を体験したことがある。アナログ電源を導入した理由は耳にまで聴こえるアダプタのノイズをどうにかするためであり、音質は副次的なものに過ぎなかったが、こういうこともあるのかと驚いた記憶がある。
 しかし、それはあくまでTS-119という同一機種内でのことであって、他機種と比べてどうか、ということまでは気にしなかった。

 そして今回、TS-119とPCを同一環境で比較してみて、音質の変化を確認した。
 理由としては、電源、ストレージがHDDかSSDか、筐体の作り(オーディオ的な意味で)、内部のノイズなど、色々と考えられる。
 この辺りは深入りすれば容易に泥沼地獄に嵌るのでこれ以上は首を突っ込む気はないが、あくまで個人的な経験上、やはり電源の影響が大きいように思う。もっとも、ではなぜ電源を変えれば音が良くなるのかと聞かれたところで、技術者でもない私に理由を答えられるはずもなし。ただ、聴いて、そう感じたとしか言いようがない。


 同一の再生機材、同一のサーバーソフト、同一のネットワーク環境において、サーバーのハードを変えれば音は変わる。


 これが今回の検証結果である。

 “オーディオ用高音質NAS”という謳い文句も、あながち嘘ではなさそうだ。



続き・ソフト編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【おしらせ】音展2014に参加します

 ユーザー代表? として、LUMIN製品について話すことになりました。  会場と時間帯は以

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ④

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑