*

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。
 NAS/サーバーも“オーディオ機器”として捉えるならばなおさらだ。
 “ネットワーク”という特性を活かして物理的に遠く離れた場所に設置するならいざしらず、NAS/サーバーをオーディオラックに設置するとなれば、オーディオ的なセンスに溢れたハードウェアを期待したくもなる。
 

 L1は製品ページでこんな風に謳われている。

BEAUTIFUL
A perfect match for the LUMIN power supplies, unlike many NAS units, this server is designed to look at home in your hi-fi rack.



 前回の記事から重複も多いが、あらためて外観から見ていく。


 正面から見れば、A1/S1の外部電源とデザインはまったく同じ。
13

 分厚いフロントパネルに加え、実に頑強な筐体も同様。
14
15
16

 フロントパネルのLEDは動作状況のインジケーター。
21

 背面。USBが充実している。そんなに増設したいのか。
17

 インシュレーター。手抜きなし。
18


 問題の外部電源。
19

 裏を見ると……
20


 搭載しているHDDは2TB。
 製品ページには1TBとの記載があるが、要は2.5インチのHDDなら積めるということだろう。
 ただ、自分で交換できるような代物なのかは不明。
WS000462

 音源の移動はPCからUSB経由で行う。この辺は運用編で後述。
 USB3.0接続ながら速度はあまり出ない。
 下は手持ちのライブラリを突っ込んでいるの図。
WS000463

 LANに接続後、音源のスキャンが始まる。
 クイックスタートガイドによれば100アルバム/2分程度とのことだが、確かにそのくらいの時間はかかる。長い。長いうえに、色々と挙動が不安定。この辺はソフト編で後述。


 搭載しているのがSSDではなくHDDということで気になるのは動作音
 常にカリカリカリカリ音を出しているようでは音楽を聴くどころの話ではない。

 その点、L1はよく静音化されている。決して無音ではないが、よほど視聴位置の近くに置くでもしない限り、音楽を聴いている最中にHDDのシーク音が耳障りになるようなことはあるまい。ちなみに音源のスキャン中にはそれなりに音がする。

 外部電源は見た目的にはまったくありがたみはないが、品質的に悪いものではないらしく、例えばQNAP TS-119の付属品のように不愉快な高周波音を出したりはしない。無音である。
 とはいうものの、L1の“オーディオラックに映えるデザイン”を誇っておきながら電源がどう見ても汎用品というのはいかがなものか。本気でモノとしての存在感やクオリティを追求するなら、やはりL1にもA1/S1のように強力な外部電源を用意すべきではあるまいか。

 どれだけ高くなるかは知らないが。

スポンサーリンク


関連記事

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Nimitra C

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero C

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Badgers And Other Beings

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Badgers

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑