*

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。
 NAS/サーバーも“オーディオ機器”として捉えるならばなおさらだ。
 “ネットワーク”という特性を活かして物理的に遠く離れた場所に設置するならいざしらず、NAS/サーバーをオーディオラックに設置するとなれば、オーディオ的なセンスに溢れたハードウェアを期待したくもなる。
 

 L1は製品ページでこんな風に謳われている。

BEAUTIFUL
A perfect match for the LUMIN power supplies, unlike many NAS units, this server is designed to look at home in your hi-fi rack.



 前回の記事から重複も多いが、あらためて外観から見ていく。


 正面から見れば、A1/S1の外部電源とデザインはまったく同じ。
13

 分厚いフロントパネルに加え、実に頑強な筐体も同様。
14
15
16

 フロントパネルのLEDは動作状況のインジケーター。
21

 背面。USBが充実している。そんなに増設したいのか。
17

 インシュレーター。手抜きなし。
18


 問題の外部電源。
19

 裏を見ると……
20


 搭載しているHDDは2TB。
 製品ページには1TBとの記載があるが、要は2.5インチのHDDなら積めるということだろう。
 ただ、自分で交換できるような代物なのかは不明。
WS000462

 音源の移動はPCからUSB経由で行う。この辺は運用編で後述。
 USB3.0接続ながら速度はあまり出ない。
 下は手持ちのライブラリを突っ込んでいるの図。
WS000463

 LANに接続後、音源のスキャンが始まる。
 クイックスタートガイドによれば100アルバム/2分程度とのことだが、確かにそのくらいの時間はかかる。長い。長いうえに、色々と挙動が不安定。この辺はソフト編で後述。


 搭載しているのがSSDではなくHDDということで気になるのは動作音
 常にカリカリカリカリ音を出しているようでは音楽を聴くどころの話ではない。

 その点、L1はよく静音化されている。決して無音ではないが、よほど視聴位置の近くに置くでもしない限り、音楽を聴いている最中にHDDのシーク音が耳障りになるようなことはあるまい。ちなみに音源のスキャン中にはそれなりに音がする。

 外部電源は見た目的にはまったくありがたみはないが、品質的に悪いものではないらしく、例えばQNAP TS-119の付属品のように不愉快な高周波音を出したりはしない。無音である。
 とはいうものの、L1の“オーディオラックに映えるデザイン”を誇っておきながら電源がどう見ても汎用品というのはいかがなものか。本気でモノとしての存在感やクオリティを追求するなら、やはりL1にもA1/S1のように強力な外部電源を用意すべきではあるまいか。

 どれだけ高くなるかは知らないが。

スポンサーリンク


関連記事

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいことベースの横断的な再生ソフト紹介

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

→もっと見る

PAGE TOP ↑