*

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。
 NAS/サーバーも“オーディオ機器”として捉えるならばなおさらだ。
 “ネットワーク”という特性を活かして物理的に遠く離れた場所に設置するならいざしらず、NAS/サーバーをオーディオラックに設置するとなれば、オーディオ的なセンスに溢れたハードウェアを期待したくもなる。
 

 L1は製品ページでこんな風に謳われている。

BEAUTIFUL
A perfect match for the LUMIN power supplies, unlike many NAS units, this server is designed to look at home in your hi-fi rack.



 前回の記事から重複も多いが、あらためて外観から見ていく。


 正面から見れば、A1/S1の外部電源とデザインはまったく同じ。
13

 分厚いフロントパネルに加え、実に頑強な筐体も同様。
14
15
16

 フロントパネルのLEDは動作状況のインジケーター。
21

 背面。USBが充実している。そんなに増設したいのか。
17

 インシュレーター。手抜きなし。
18


 問題の外部電源。
19

 裏を見ると……
20


 搭載しているHDDは2TB。
 製品ページには1TBとの記載があるが、要は2.5インチのHDDなら積めるということだろう。
 ただ、自分で交換できるような代物なのかは不明。
WS000462

 音源の移動はPCからUSB経由で行う。この辺は運用編で後述。
 USB3.0接続ながら速度はあまり出ない。
 下は手持ちのライブラリを突っ込んでいるの図。
WS000463

 LANに接続後、音源のスキャンが始まる。
 クイックスタートガイドによれば100アルバム/2分程度とのことだが、確かにそのくらいの時間はかかる。長い。長いうえに、色々と挙動が不安定。この辺はソフト編で後述。


 搭載しているのがSSDではなくHDDということで気になるのは動作音
 常にカリカリカリカリ音を出しているようでは音楽を聴くどころの話ではない。

 その点、L1はよく静音化されている。決して無音ではないが、よほど視聴位置の近くに置くでもしない限り、音楽を聴いている最中にHDDのシーク音が耳障りになるようなことはあるまい。ちなみに音源のスキャン中にはそれなりに音がする。

 外部電源は見た目的にはまったくありがたみはないが、品質的に悪いものではないらしく、例えばQNAP TS-119の付属品のように不愉快な高周波音を出したりはしない。無音である。
 とはいうものの、L1の“オーディオラックに映えるデザイン”を誇っておきながら電源がどう見ても汎用品というのはいかがなものか。本気でモノとしての存在感やクオリティを追求するなら、やはりL1にもA1/S1のように強力な外部電源を用意すべきではあるまいか。

 どれだけ高くなるかは知らないが。

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMの

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

no image

【アプリ紹介】 Denon Remote App iPad版検証

ようやくiPadに対応したので早速検証してみる。 Denon Remote AppはMaran

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑