*

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、実際に何らかのアクセサリを用いて行ったことがなかった。
 スピーカーセッティングは当然厳密にやるにしても、機器にスパイクを履かせてスパイク受けを置く、インシュレーターを噛ます、オーディオボードを敷く、その手のものに比べると、「ルームチューニング」はずっと敷居が高かった。壁、あるいは天井に何かくっつける・貼り付ける必要があるというのは、賃貸暮らしをしている時点で難しいからだ。

 現在の部屋に置いてあるのはオーディオ機材&ラック以外はBDの棚だけで、明らかに響きが過剰。ただ、その響き自体今までのオーディオ遍歴の中で得られなかった類のものなので、ずっと放置してきたし、それを楽しんできたのも事実。
 が、ここいらでオーディオの経験値を上げようと一念発起。

 何かしようと思ったとき、最も目に付いたのがこの部分。

8

 いわゆる部屋のコーナーで、しかも硬いスクリーンボックスが近くにある。
 見るからに嫌な響きを溜め込んでそうな部分だ。


 で、導入したのがコレ。

5


 SOUND SPHERE PM400である。
 色は問答無用でブラックを選択。
 公式HPの情報は色々と古いので要注意。

 なんでコレを選んだのかと言われれば、
・馴染のショップで詳しくレビューされていた
・黒がカラーにある
・安い

 特に三番目。


 ひっくり返すとこんな感じ。

6

 かなり軽い。
 そしてベースの素材は木材のようだ。ペンキか何かで白く塗っている。
 本来であればマグネットが貼ってあるのだが……


 壁紙と黒さの比較。
 これだけの黒さがあれば、シアターユースとして真っ黒にした壁紙からも無闇に浮かずに済みそうだ。

7


 というわけで、いざ設置。
 壁に鉄板シート? をタッカーで止め、本体のマグネットと接着する方式。
 見ての通り、部屋の構造上天井に2ミリ程度の段差があり、天井との接着強度が気になる。

 3

 そして、取り付け。

4

 こんな感じ。


 肝心の音の変化はと言うと、


・今までマスキングされていた細かい音が聞こえるようになり、音数が増えた
・低音の輪郭が明瞭になった
・音楽に包み込まれる感覚は減退した


 こんなところだろうか。
 どれも過剰な響きがなくなったことによる変化と言える。
 ただ、確かに過剰な響きだったかもしれないが、それを今まで楽しんできたのも事実なので、最初はかなり違和感を覚えた。

 トレードオフか。


 それにしても、とにかくよく吸音する、という印象。吸音材なるものは初めて使ったが、こんなに吸うものなのかと驚いている。
 コーナーに設置しただけで、私にとっては劇薬のような効果だった。当分はこのままでいこうと思う。

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第10位『キングダム・オブ・ヘブン』 ― 最初期に示されたBDの理想像

【BDレビュー】第2回『キングダム・オブ・ヘブン』  敬愛するリドリー・スコット監

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Alive

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Alive ・購入元 HDtrac

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【BDレビュー】第301回『トレマーズ ブラッドライン』

 マメに写真を撮ってアイコンに仕立ててきたが、くたびれたのでおしまい。  というわけで、UHD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑