*

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、実際に何らかのアクセサリを用いて行ったことがなかった。
 スピーカーセッティングは当然厳密にやるにしても、機器にスパイクを履かせてスパイク受けを置く、インシュレーターを噛ます、オーディオボードを敷く、その手のものに比べると、「ルームチューニング」はずっと敷居が高かった。壁、あるいは天井に何かくっつける・貼り付ける必要があるというのは、賃貸暮らしをしている時点で難しいからだ。

 現在の部屋に置いてあるのはオーディオ機材&ラック以外はBDの棚だけで、明らかに響きが過剰。ただ、その響き自体今までのオーディオ遍歴の中で得られなかった類のものなので、ずっと放置してきたし、それを楽しんできたのも事実。
 が、ここいらでオーディオの経験値を上げようと一念発起。

 何かしようと思ったとき、最も目に付いたのがこの部分。

8

 いわゆる部屋のコーナーで、しかも硬いスクリーンボックスが近くにある。
 見るからに嫌な響きを溜め込んでそうな部分だ。


 で、導入したのがコレ。

5


 SOUND SPHERE PM400である。
 色は問答無用でブラックを選択。
 公式HPの情報は色々と古いので要注意。

 なんでコレを選んだのかと言われれば、
・馴染のショップで詳しくレビューされていた
・黒がカラーにある
・安い

 特に三番目。


 ひっくり返すとこんな感じ。

6

 かなり軽い。
 そしてベースの素材は木材のようだ。ペンキか何かで白く塗っている。
 本来であればマグネットが貼ってあるのだが……


 壁紙と黒さの比較。
 これだけの黒さがあれば、シアターユースとして真っ黒にした壁紙からも無闇に浮かずに済みそうだ。

7


 というわけで、いざ設置。
 壁に鉄板シート? をタッカーで止め、本体のマグネットと接着する方式。
 見ての通り、部屋の構造上天井に2ミリ程度の段差があり、天井との接着強度が気になる。

 3

 そして、取り付け。

4

 こんな感じ。


 肝心の音の変化はと言うと、


・今までマスキングされていた細かい音が聞こえるようになり、音数が増えた
・低音の輪郭が明瞭になった
・音楽に包み込まれる感覚は減退した


 こんなところだろうか。
 どれも過剰な響きがなくなったことによる変化と言える。
 ただ、確かに過剰な響きだったかもしれないが、それを今まで楽しんできたのも事実なので、最初はかなり違和感を覚えた。

 トレードオフか。


 それにしても、とにかくよく吸音する、という印象。吸音材なるものは初めて使ったが、こんなに吸うものなのかと驚いている。
 コーナーに設置しただけで、私にとっては劇薬のような効果だった。当分はこのままでいこうと思う。

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③―

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

【UHD BDレビュー】総まとめ

 せっかく見れるようになったからには記録を残さねば、ということでさっそくレビューを始める。  ただ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXの

記事を読む

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

【BDレビュー】第305回『キングスマン』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑