*

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

 ガルパン劇場版の音声はステレオ・5.1chに加えてDTS HEADPHONE:Xが収録されている。
 DTS HEADPHONE:Xは何やら革新的な技術として大々的にPRされているが、要はヘッドホンでもサラウンドのような音が楽しめるという、まぁいつものアレである。

 スピーカーを使ったリアルなマルチチャンネル・サラウンドを実践している手前、経験上この手の宣伝文句は正直言って「あっそふーん」程度にしか思わないのだが、せっかく入っているのだからと試してみた次第。

 音声特典からDTS HEADPHONE:Xを選択して、SC-LX85にいつものK701をぶっ挿していざ視聴。使うヘッドホンとして実力不足ではあるまい。
20160605ガルパンヘッドホン01

 音声仕様としてはあくまでDTS-HD Master Audioの2chということになるようだ。
20160605ガルパンヘッドホン02


 ………


 ……


 …


 何よりもまず、サラウンド感云々よりも耳を傷めないかと心配になった。
 スピーカーで味わっているレベルの迫力を出そうと思えば確実に耳が死ぬ。
 さらにダイナミックレンジが容赦なく広いため、会話や日常的な効果音がきちんと聴こえる音量に設定するだけで戦闘時にはとんでもないことになってしまい、上手い落としどころを見つけるのがなかなか難しい。
 BDに付属する「鑑賞の手引き」にも書かれている通り、くれぐれも音量の出し過ぎには注意である。

 そして肝心のサラウンド感。
 とりあえず、DTS HEADPHONE:Xであれば、ヘッドホンだけでシアター並みのサラウンドを楽しめるようになる……なんてことはない。この手の売り文句に過剰な期待を……抱くなとは言わないが、あくまでも、「のような」、である。
 そう前置きしたうえで、通常のステレオ音声と比べて効果があることは確かだ。

 空間が一回り大きくなることで、前方180度の音の定位感が明瞭になり、音が空間を動き回る感覚も強まる。
 「後方へ/後方から・回り込む/突き抜ける」音については残念ながら(もしくは当然のことながら)リアルサラウンドのような鬼気迫る移動感は得られない。が、響き成分が補強されるおかげで聴き応えは確実に増す。耳が危うい。

 というわけで、ガルパン劇場版に収録されているDTS HEADPHONE:X音声は、サラウンド感を楽しむというよりも、むしろヘッドホン用に調整・最適化された音声として意義が感じられる。そして耳の健康には要注意。

 本当にサラウンドで楽しみたいなら、スピーカーで聴こう。
 サラウンドはいいぞ。



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。  DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワー

記事を読む

Nmode X-PM7 続・音質編 LモードとHモード

 HモードのX-PM7は素晴らしいスピーカー駆動力を示したが、ホワイトノイズの多さに我慢ならなくなっ

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

EPSON EH-LS10000がやってきた

 そのうち帰っていくけど。  それにしてもでかい。  重い。  かっこいい……かどうか

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】 Asset UPnP for QNAP Testバージョンを追う

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ④

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑