*

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

 ガルパン劇場版の音声はステレオ・5.1chに加えてDTS HEADPHONE:Xが収録されている。
 DTS HEADPHONE:Xは何やら革新的な技術として大々的にPRされているが、要はヘッドホンでもサラウンドのような音が楽しめるという、まぁいつものアレである。

 スピーカーを使ったリアルなマルチチャンネル・サラウンドを実践している手前、経験上この手の宣伝文句は正直言って「あっそふーん」程度にしか思わないのだが、せっかく入っているのだからと試してみた次第。

 音声特典からDTS HEADPHONE:Xを選択して、SC-LX85にいつものK701をぶっ挿していざ視聴。使うヘッドホンとして実力不足ではあるまい。
20160605ガルパンヘッドホン01

 音声仕様としてはあくまでDTS-HD Master Audioの2chということになるようだ。
20160605ガルパンヘッドホン02


 ………


 ……


 …


 何よりもまず、サラウンド感云々よりも耳を傷めないかと心配になった。
 スピーカーで味わっているレベルの迫力を出そうと思えば確実に耳が死ぬ。
 さらにダイナミックレンジが容赦なく広いため、会話や日常的な効果音がきちんと聴こえる音量に設定するだけで戦闘時にはとんでもないことになってしまい、上手い落としどころを見つけるのがなかなか難しい。
 BDに付属する「鑑賞の手引き」にも書かれている通り、くれぐれも音量の出し過ぎには注意である。

 そして肝心のサラウンド感。
 とりあえず、DTS HEADPHONE:Xであれば、ヘッドホンだけでシアター並みのサラウンドを楽しめるようになる……なんてことはない。この手の売り文句に過剰な期待を……抱くなとは言わないが、あくまでも、「のような」、である。
 そう前置きしたうえで、通常のステレオ音声と比べて効果があることは確かだ。

 空間が一回り大きくなることで、前方180度の音の定位感が明瞭になり、音が空間を動き回る感覚も強まる。
 「後方へ/後方から・回り込む/突き抜ける」音については残念ながら(もしくは当然のことながら)リアルサラウンドのような鬼気迫る移動感は得られない。が、響き成分が補強されるおかげで聴き応えは確実に増す。耳が危うい。

 というわけで、ガルパン劇場版に収録されているDTS HEADPHONE:X音声は、サラウンド感を楽しむというよりも、むしろヘッドホン用に調整・最適化された音声として意義が感じられる。そして耳の健康には要注意。

 本当にサラウンドで楽しみたいなら、スピーカーで聴こう。
 サラウンドはいいぞ。



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。 画

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑