*

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

 ガルパン劇場版の音声はステレオ・5.1chに加えてDTS HEADPHONE:Xが収録されている。
 DTS HEADPHONE:Xは何やら革新的な技術として大々的にPRされているが、要はヘッドホンでもサラウンドのような音が楽しめるという、まぁいつものアレである。

 スピーカーを使ったリアルなマルチチャンネル・サラウンドを実践している手前、経験上この手の宣伝文句は正直言って「あっそふーん」程度にしか思わないのだが、せっかく入っているのだからと試してみた次第。

 音声特典からDTS HEADPHONE:Xを選択して、SC-LX85にいつものK701をぶっ挿していざ視聴。使うヘッドホンとして実力不足ではあるまい。
20160605ガルパンヘッドホン01

 音声仕様としてはあくまでDTS-HD Master Audioの2chということになるようだ。
20160605ガルパンヘッドホン02


 ………


 ……


 …


 何よりもまず、サラウンド感云々よりも耳を傷めないかと心配になった。
 スピーカーで味わっているレベルの迫力を出そうと思えば確実に耳が死ぬ。
 さらにダイナミックレンジが容赦なく広いため、会話や日常的な効果音がきちんと聴こえる音量に設定するだけで戦闘時にはとんでもないことになってしまい、上手い落としどころを見つけるのがなかなか難しい。
 BDに付属する「鑑賞の手引き」にも書かれている通り、くれぐれも音量の出し過ぎには注意である。

 そして肝心のサラウンド感。
 とりあえず、DTS HEADPHONE:Xであれば、ヘッドホンだけでシアター並みのサラウンドを楽しめるようになる……なんてことはない。この手の売り文句に過剰な期待を……抱くなとは言わないが、あくまでも、「のような」、である。
 そう前置きしたうえで、通常のステレオ音声と比べて効果があることは確かだ。

 空間が一回り大きくなることで、前方180度の音の定位感が明瞭になり、音が空間を動き回る感覚も強まる。
 「後方へ/後方から・回り込む/突き抜ける」音については残念ながら(もしくは当然のことながら)リアルサラウンドのような鬼気迫る移動感は得られない。が、響き成分が補強されるおかげで聴き応えは確実に増す。耳が危うい。

 というわけで、ガルパン劇場版に収録されているDTS HEADPHONE:X音声は、サラウンド感を楽しむというよりも、むしろヘッドホン用に調整・最適化された音声として意義が感じられる。そして耳の健康には要注意。

 本当にサラウンドで楽しみたいなら、スピーカーで聴こう。
 サラウンドはいいぞ。



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂。  部屋の内も外も等し

記事を読む

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・追記】 【考察】

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね…… 画質:11 音質:10

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・追記】 『オペラ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑