*

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

 ガルパン劇場版の音声はステレオ・5.1chに加えてDTS HEADPHONE:Xが収録されている。
 DTS HEADPHONE:Xは何やら革新的な技術として大々的にPRされているが、要はヘッドホンでもサラウンドのような音が楽しめるという、まぁいつものアレである。

 スピーカーを使ったリアルなマルチチャンネル・サラウンドを実践している手前、経験上この手の宣伝文句は正直言って「あっそふーん」程度にしか思わないのだが、せっかく入っているのだからと試してみた次第。

 音声特典からDTS HEADPHONE:Xを選択して、SC-LX85にいつものK701をぶっ挿していざ視聴。使うヘッドホンとして実力不足ではあるまい。
20160605ガルパンヘッドホン01

 音声仕様としてはあくまでDTS-HD Master Audioの2chということになるようだ。
20160605ガルパンヘッドホン02


 ………


 ……


 …


 何よりもまず、サラウンド感云々よりも耳を傷めないかと心配になった。
 スピーカーで味わっているレベルの迫力を出そうと思えば確実に耳が死ぬ。
 さらにダイナミックレンジが容赦なく広いため、会話や日常的な効果音がきちんと聴こえる音量に設定するだけで戦闘時にはとんでもないことになってしまい、上手い落としどころを見つけるのがなかなか難しい。
 BDに付属する「鑑賞の手引き」にも書かれている通り、くれぐれも音量の出し過ぎには注意である。

 そして肝心のサラウンド感。
 とりあえず、DTS HEADPHONE:Xであれば、ヘッドホンだけでシアター並みのサラウンドを楽しめるようになる……なんてことはない。この手の売り文句に過剰な期待を……抱くなとは言わないが、あくまでも、「のような」、である。
 そう前置きしたうえで、通常のステレオ音声と比べて効果があることは確かだ。

 空間が一回り大きくなることで、前方180度の音の定位感が明瞭になり、音が空間を動き回る感覚も強まる。
 「後方へ/後方から・回り込む/突き抜ける」音については残念ながら(もしくは当然のことながら)リアルサラウンドのような鬼気迫る移動感は得られない。が、響き成分が補強されるおかげで聴き応えは確実に増す。耳が危うい。

 というわけで、ガルパン劇場版に収録されているDTS HEADPHONE:X音声は、サラウンド感を楽しむというよりも、むしろヘッドホン用に調整・最適化された音声として意義が感じられる。そして耳の健康には要注意。

 本当にサラウンドで楽しみたいなら、スピーカーで聴こう。
 サラウンドはいいぞ。



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【CES2016】続・ネットワークオーディオ色々

 やっぱり終わってから色々と記事が上がってきた。 Cary Audio AiOS Netw

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑