*

「 BD・ホームシアター関連 」 一覧

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされたアンダーワールドの一作目。二作目が割りとストレートなモンスターアクション映画なのに対して、一作目は結

続きを見る

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13 映像はAVC収録。ビットレートは不定。 音声はDTS-HDMA収録。ウチの環境ではコア

続きを見る

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触手+陸で死んでる的な意味で タイラント「死ィねェェェェエ!!!」 AKIRA+マッド

続きを見る

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじくしょぼいです。 つーかこれ、デジタル撮影かと思ったらアナログみたいですね。 画質:7

続きを見る

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛辞を! 40回を越えて今一度。コレが当視聴記のモットーであります。 75~92の間でしか

続きを見る

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:13 音質:9 映像はAVCで30台後半を維持。 音声はリニアPCM。 画質について

続きを見る

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力! そうそう、馬鹿映画はこうじゃなくっちゃ。ねぇ。 でも…… 画質:9 音質:10 映像はAVCでビット

続きを見る

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかなり高め。 音声は日本語英語両方をドルビーTRUEHD収録。これをして最近のSPE方式と呼ぶ。

続きを見る

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。 画質:7 音質:9→10(DTS-HDMA) 映像はAVCで30台を中心に推移。40台

続きを見る

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~ 画質:5 音質:5 映像はMEPG-2でビットレートは20台で安定。 音声はドルビーデジ

続きを見る

【BDレビュー】 第35回『沈黙の戦艦』

画質:7 音質:7 映像はVC-1でビットレートは20台前半。 音声はドルビーデジタルのみ。 画質について。 馬鹿にしちゃあいけませんぜ、コイツが意外と綺麗なんです。 暗い部分が

続きを見る

【BDレビュー】 第34回『ソード・フィッシュ』

ケツアゴ+素っ裸+マトリックスな映画。 画質:9 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はドルビーデジタルのみ。 画質について。 ワーナーとして

続きを見る

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなりファンタジー入ってます。 画質:10 音質:7 映像はAVCでビットレートは千変

続きを見る

【BDレビュー】 第32回『エネミー・ライン』

また火薬爆薬が過剰な映画です。 私が買った中で初のAVCエンコードの作品だったような。 画質的にはどうなんだろうと、当時は興味津々でした。 結果は…… 画質:3 音質:8→11

続きを見る

【BDレビュー】 第31回『U-571』

潜水艦映画です。 知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。 とてつもない音響のソフトで、その素晴らしさは私が見てきた全てのソフトでも最上位に属します。サラウンド環境を整えて間もない

続きを見る

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買ったようなもので、恐らく今発表されたとしても買わなかったと思います。 とはいえ、いい映画でした。

続きを見る

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUEHDでビットレートは2.5Mbps前後。 画質について。 まず、でかでかと黒枠があります。で

続きを見る

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビットレートは平均して20Mbps程度。 音声はFOXでおなじみDTS-HDMA。うちの環境ではコア部分

続きを見る

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。 “最後のアナログ作品”なんて言われてるけど、実際は攻殻同様デジタルとアナログのハイブリッド。攻殻に比

続きを見る

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDTS-HD収録、私の環境ではDTSコアの再生。 画質について。 素直に高画質。 色の鮮やかさ

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑