*

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/Phasemationは「EPA-007x」を披露


 DST-01が登場した時から、スフォルツァートは国産ネットワークオーディオプレーヤーの麒麟児であり希望の星だった。
 国産ネットワークオーディオプレーヤー第一世代(と勝手に呼んでいる)と同時期に突如現れた偉容。様子見に徹した感のある国内メーカーをぶっちぎって度肝を抜いた凄まじい筐体と、あえてトランスポートに徹するという思想。DST-01に凝縮されたオーディオ機器としてのこだわりは、今なお世界トップクラスであると思う。


 さて、ずっと前からHPに記載はあったし、謎の海外向けページに写真が出ていたりもしたが、ここにきて色々と情報が出てきたDSP-01。DST-01と並び、「01」の名を冠するスフォルツァートのトップエンド。海外だと型番が違うようだが。

 DST-01のエクストリームマッシブな筐体を見た後では、DSP-03やDSP-05は、音質はさておきモノとしては心動くようなものではなかった。その一方で予告されているDST-01の対になるというDACは待てど暮らせど影も形も見えないし、DST-01のDSD対応も置き去りにされたまま。DST-01が実現しようとしていた究極の世界は結局夢のまま終わり、DSP-03とDSP-05がメインになっていくのだろうか……という印象があった。

 と、そんななかでのDSP-01。
 DST-01は相変わらず放置かとかDSRはどうなったとか色々思わないではないが、これだけ夢に満ち溢れた純然たるネットワークオーディオプレーヤーが登場するというのは実に喜ばしい。
 超期待している。
 物凄く期待している。
 どこかで見たようなDACの構成に加え、さらに重厚になった筐体、電源への妄執的(もちろん褒め言葉)こだわりは、まさにDST-01が実現しようとしていた夢を引き継ぐものだ。そしてついに電源のみならずクロックまでセパレートしてしまったのか。いいぞもっとやれ。
 いつまでもUSB DACやCDプレーヤーとくっつけたような製品でお茶を濁し続ける国内メーカーばかりの現状で、スフォルツァートの姿勢は本当に素晴らしい。眩しい。輝いてる!

 ユーザビリティさえまともになれば、間違いなくKLIMAX DSやLUMIN S1に並ぶ傑出したネットワークオーディオプレーヤーになるはずだ。 
 むしろ、是非とも、KLIMAX DSやLUMIN S1を買ったユーザーが「ぬわああああ畜生こっち買えばよかった!!」と心から悔しがるような、悔しがれるような、そんな素晴らしいプレーヤーに仕上げてほしいものだ。
 そうじゃなきゃ面白くない。
 


 ちなみにDSP-01にあわせてコントロールアプリやユーザビリティを改善刷新すると某誌にあるけれど、当然DSP-01だけじゃなくスフォルツァート製品群すべてがその恩恵を受けられるんですよね? ここにきて情けなさ過ぎる断絶なんて起こしませんよね?

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 『タグ』とは何か? 【ネットワークオーディオTips】

 タグ。  PCオーディオとネットワークオーディオの両方、特にネットワークオーディオの文脈で語られ

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Fourplay / Fourplay

・アーティスト / アルバムタイトル Fourplay / Fourplay ・購入元 H

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

 コンテンツを楽しむ環境にほんの少しでもこだわれば、まさにそれこそがホームシアターなのである……と言

記事を読む

【音源管理の精髄】 タグ編集&CDのリッピングにかかる時間 【ネットワークオーディオTips】

 タグの編集と管理はめんどくさい。  確かにめんどくさい。  それは事実だ。  では、どれ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑