*

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/Phasemationは「EPA-007x」を披露


 DST-01が登場した時から、スフォルツァートは国産ネットワークオーディオプレーヤーの麒麟児であり希望の星だった。
 国産ネットワークオーディオプレーヤー第一世代(と勝手に呼んでいる)と同時期に突如現れた偉容。様子見に徹した感のある国内メーカーをぶっちぎって度肝を抜いた凄まじい筐体と、あえてトランスポートに徹するという思想。DST-01に凝縮されたオーディオ機器としてのこだわりは、今なお世界トップクラスであると思う。


 さて、ずっと前からHPに記載はあったし、謎の海外向けページに写真が出ていたりもしたが、ここにきて色々と情報が出てきたDSP-01。DST-01と並び、「01」の名を冠するスフォルツァートのトップエンド。海外だと型番が違うようだが。

 DST-01のエクストリームマッシブな筐体を見た後では、DSP-03やDSP-05は、音質はさておきモノとしては心動くようなものではなかった。その一方で予告されているDST-01の対になるというDACは待てど暮らせど影も形も見えないし、DST-01のDSD対応も置き去りにされたまま。DST-01が実現しようとしていた究極の世界は結局夢のまま終わり、DSP-03とDSP-05がメインになっていくのだろうか……という印象があった。

 と、そんななかでのDSP-01。
 DST-01は相変わらず放置かとかDSRはどうなったとか色々思わないではないが、これだけ夢に満ち溢れた純然たるネットワークオーディオプレーヤーが登場するというのは実に喜ばしい。
 超期待している。
 物凄く期待している。
 どこかで見たようなDACの構成に加え、さらに重厚になった筐体、電源への妄執的(もちろん褒め言葉)こだわりは、まさにDST-01が実現しようとしていた夢を引き継ぐものだ。そしてついに電源のみならずクロックまでセパレートしてしまったのか。いいぞもっとやれ。
 いつまでもUSB DACやCDプレーヤーとくっつけたような製品でお茶を濁し続ける国内メーカーばかりの現状で、スフォルツァートの姿勢は本当に素晴らしい。眩しい。輝いてる!

 ユーザビリティさえまともになれば、間違いなくKLIMAX DSやLUMIN S1に並ぶ傑出したネットワークオーディオプレーヤーになるはずだ。 
 むしろ、是非とも、KLIMAX DSやLUMIN S1を買ったユーザーが「ぬわああああ畜生こっち買えばよかった!!」と心から悔しがるような、悔しがれるような、そんな素晴らしいプレーヤーに仕上げてほしいものだ。
 そうじゃなきゃ面白くない。
 


 ちなみにDSP-01にあわせてコントロールアプリやユーザビリティを改善刷新すると某誌にあるけれど、当然DSP-01だけじゃなくスフォルツァート製品群すべてがその恩恵を受けられるんですよね? ここにきて情けなさ過ぎる断絶なんて起こしませんよね?

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

【レビュー】Panasonic DMP-UB90

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った  4Kディスプレイもない

記事を読む

【音源管理の精髄】 普遍的なライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 『普遍的なライブラリ』とは、 ・大元となる音源(CDやダウンロードしたファイル)からの情

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第79回『マクロス・ゼロ』

画質:4→8(1話→5話) 音質:6 映像はAVCで基本的にハイビットレート。 音声はド

記事を読む

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

 色々とおまけつき。  それはそうとパッケージデザイン酷過ぎない? ポスターじゃあるまいし……

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑