*

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。
 せっかくS1が手元にあるのだから、これを試さないわけにはいくまい。

 手元にまともなDSD 5.6MHzの音源がなかったので、Signe Bakke / CRYSTALLINEという音源を購入した。

 ただ、単にLUMIN S1でDSD 5.6MHzの音源を聴いたのでは何の比較にもならないので、購入した音源をDSD 2.8MHzに変換(JRiver Media Centerを使用)したうえで、


・LUMIN A1でDSD 2.8MHzを聴く
・LUMIN S1でDSD 2.8MHzを聴く
・LUMIN S1でDSD 5.6MHzを聴く


 という流れで聴いた。
 DSD 2.8MHzまで対応しているLUMIN A1との比較、そしてDSD 2.8MHzとDSD 5.6MHzの比較にもなる。


 聴いたのはSigne Bakke / CRYSTALLINEより、「Child of Light – Prisms in the Forest」。
 それはそうとUbisoftのChild of Lightは実に面白った。
 13



 まず、LUMIN A1でDSD 2.8MHzを聴いた。

 静かな曲であり、極めて高S/N。
 美しく心洗われる旋律で、透徹した響きには一切の刺々しさがない。
 「元からそういう曲なんだよ」と言われればそこまでだし、こういうのが“DSDの音”なのかもしれないが、個人的にはもう少々刺激や力感が欲しくなった。


 次に、LUMIN S1でDSD 2.8MHzを聴いた。

 A1とS1の差として、音の純度が若干高まっているが、大きな違いはない。
 というより、よくわからん。


 最後に、LUMIN S1でDSD 5.6MHzを聴いた。
16

 !?

 別物だった。
 静寂や透明感は一切損なうことなく、そこに瑞々しい生命力が加わり、非の打ち所がない音になった。

 なぜこうも違うのだろう。
 DSDの2.8MHzと5.6MHzの違いなのだろうか。
 それともJRiver Media Centerの変換がイマイチなだけなのだろうか。
 より確実を期すためにはJRiverで変換するのではなく、e-onkyoから直接2.8MHzの音源を購入して比較すべきなのだろうが、あいにくそこまでする義理はない。
 なんにせよこの違いは衝撃だった。


 LUMIN S1で聴くDSDは間違いなくいい音だった。
 ただ、それは“DSDだからいい音”なのかどうかは分からない。
 PCMからDSDに変えたところで、DVDからBDになるような変化があるわけではない。
 魔法はない。
 ちなみに、純粋に音としてはPCM 352.8kHz/24bitのJan Gunnar Hoff / Livingの方が好みである。



 問題もある。

 今までは雑誌の付録音源を使い、精々音が出ることを確認するくらいしかしていなかった。
 そして今回はきちんとアルバムを買って通して聴いてみたり、DSD 5.6MHzとDSD 2.8MHzを切り替えつつ聴いたりしてみた。

 するとまぁ出るわ出るわ、精神衛生上非常によろしくないノイズが。

 「ボッ」「ブツッ」「プツッ」

 プレイリストのとおり再生していると各トラックの頭で出るし、曲をスキップしても出る。
 DSD 2.8MHz→DSD 5.6MHz、あるいはDSD 5.6MHz→DSD 2.8MHzの切り替えの際は時折「ブツッブツッブツッブツッ……」と鳴り出し再生不能に。
 これらのノイズはA1でも出るし、S1でも出る。S1の方が高頻度。
 出たり出なかったりするのがまた困る。
 
 一応環境を書いておくと、NASはQNAP TS-119にサーバーソフトはTwonkyMedia7.2.7の組み合わせ。
 LUMINが公式に推奨するMinimServer 0.81を使っても、頻度は下がるもののやはりノイズは出る。
 限りなく完璧に近いユーザーエクスペリエンスを実現していたLUMINにとって、これは大きなマイナスだ。

 「DSD 5.6MHzが聴ける」ことをS1の売りにしたいのなら、この問題はさっさとどうにかすべき。

 DSDは怖いな。



 しかし、希望はある。

 LUMINを作っているPixel Magic社は非常に対応の早いメーカーなので、この問題もそう遠くない将来改善されることと思う。
 どうしてそんなことを言えるかというと、

 2014/07/09にファームウェアが更新されたが、
17
 18

 この「0.5秒の頭欠け」という問題、実は7/8に私が指摘したもの。

 そしたらなんと一日で修正された。(単なる偶然という可能性も大いにあるが)たまげたなぁ……

 完璧なシステムを作ることはもちろん大切だが、不具合が生じた時すぐに対処するという姿勢もそれと同じくらい大事だろう。
 大したメーカーである。


 DSDにおけるノイズの問題も、すぐにどうにかしてしまいそうな気がする。


 どうにかなった。

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

4K BDは2015年末に登場

4K Blu-ray Confirmed, Coming in Late 2015  待ち

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第19回『カンフーハッスル』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 スーパーカンフームービー。 少林サッカーから色んな意味で正統進化した

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第136回『X-MEN 3』 新装版

画質:11 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、6.1ch。

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 通りすがりの若者その1 より:

    こんにちは。
    LUMIN S1が自宅にあるのはいいですね。
    USBDACを使ってDSD128をネイティブで聴く時も毎回じゃ無いんですがブツッとノイズが入ることががあります。
    私も気になる方なのでチェックしてたらPCMと比べてDSD音源はCPUパフォーマンスをかなり喰っているみたいです。なのでおそらくバックグラウンドで何か動き出すと時々プツプツとノイズが発生します。
    (4GBメモリのCore2Duoの低スペックPCを使ってます)
    また以前ヤマハに問い合わせしたのですが、
    NP-S2000のDACがDSD音源に対応しているみたいなのでアップデートで対応可能か聞いてみるとDSDを再生させるパフォーマンスが足りないため技術的に不可能という回答を頂いたことがあります。

    この記事みて気になったのですが
    DSD再生のネットワークオーディオはプレイヤーだけでなくメディアサーバーの方のCPUなどのパフォーマンスにノイズなどは影響しますか??

    • sakakihajime より:

      通りすがりの若者その1さん

      急遽LUMIN S1の試聴機が舞い込むことになったりして、相変わらずアプリ検証記事は伸び伸びになっております。
      もう手元を離れましたが、一般ユーザー宅にやって来たのはおそらく日本で最初なので、気合を入れて臨みました。

      DSDに関して、なるほどサーバー側のスペックですか。その発想はありませんでした。
      PCとQNAP TS-119、色々なサーバーソフトでノイズの出方を見てみましょう。おっかないですが。
      【音源管理の精髄】第8章のネタがまた増えます。
      いやはやDSDはおっかないですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑