*

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。
 せっかくS1が手元にあるのだから、これを試さないわけにはいくまい。

 手元にまともなDSD 5.6MHzの音源がなかったので、Signe Bakke / CRYSTALLINEという音源を購入した。

 ただ、単にLUMIN S1でDSD 5.6MHzの音源を聴いたのでは何の比較にもならないので、購入した音源をDSD 2.8MHzに変換(JRiver Media Centerを使用)したうえで、


・LUMIN A1でDSD 2.8MHzを聴く
・LUMIN S1でDSD 2.8MHzを聴く
・LUMIN S1でDSD 5.6MHzを聴く


 という流れで聴いた。
 DSD 2.8MHzまで対応しているLUMIN A1との比較、そしてDSD 2.8MHzとDSD 5.6MHzの比較にもなる。


 聴いたのはSigne Bakke / CRYSTALLINEより、「Child of Light – Prisms in the Forest」。
 それはそうとUbisoftのChild of Lightは実に面白った。
 13



 まず、LUMIN A1でDSD 2.8MHzを聴いた。

 静かな曲であり、極めて高S/N。
 美しく心洗われる旋律で、透徹した響きには一切の刺々しさがない。
 「元からそういう曲なんだよ」と言われればそこまでだし、こういうのが“DSDの音”なのかもしれないが、個人的にはもう少々刺激や力感が欲しくなった。


 次に、LUMIN S1でDSD 2.8MHzを聴いた。

 A1とS1の差として、音の純度が若干高まっているが、大きな違いはない。
 というより、よくわからん。


 最後に、LUMIN S1でDSD 5.6MHzを聴いた。
16

 !?

 別物だった。
 静寂や透明感は一切損なうことなく、そこに瑞々しい生命力が加わり、非の打ち所がない音になった。

 なぜこうも違うのだろう。
 DSDの2.8MHzと5.6MHzの違いなのだろうか。
 それともJRiver Media Centerの変換がイマイチなだけなのだろうか。
 より確実を期すためにはJRiverで変換するのではなく、e-onkyoから直接2.8MHzの音源を購入して比較すべきなのだろうが、あいにくそこまでする義理はない。
 なんにせよこの違いは衝撃だった。


 LUMIN S1で聴くDSDは間違いなくいい音だった。
 ただ、それは“DSDだからいい音”なのかどうかは分からない。
 PCMからDSDに変えたところで、DVDからBDになるような変化があるわけではない。
 魔法はない。
 ちなみに、純粋に音としてはPCM 352.8kHz/24bitのJan Gunnar Hoff / Livingの方が好みである。



 問題もある。

 今までは雑誌の付録音源を使い、精々音が出ることを確認するくらいしかしていなかった。
 そして今回はきちんとアルバムを買って通して聴いてみたり、DSD 5.6MHzとDSD 2.8MHzを切り替えつつ聴いたりしてみた。

 するとまぁ出るわ出るわ、精神衛生上非常によろしくないノイズが。

 「ボッ」「ブツッ」「プツッ」

 プレイリストのとおり再生していると各トラックの頭で出るし、曲をスキップしても出る。
 DSD 2.8MHz→DSD 5.6MHz、あるいはDSD 5.6MHz→DSD 2.8MHzの切り替えの際は時折「ブツッブツッブツッブツッ……」と鳴り出し再生不能に。
 これらのノイズはA1でも出るし、S1でも出る。S1の方が高頻度。
 出たり出なかったりするのがまた困る。
 
 一応環境を書いておくと、NASはQNAP TS-119にサーバーソフトはTwonkyMedia7.2.7の組み合わせ。
 LUMINが公式に推奨するMinimServer 0.81を使っても、頻度は下がるもののやはりノイズは出る。
 限りなく完璧に近いユーザーエクスペリエンスを実現していたLUMINにとって、これは大きなマイナスだ。

 「DSD 5.6MHzが聴ける」ことをS1の売りにしたいのなら、この問題はさっさとどうにかすべき。

 DSDは怖いな。



 しかし、希望はある。

 LUMINを作っているPixel Magic社は非常に対応の早いメーカーなので、この問題もそう遠くない将来改善されることと思う。
 どうしてそんなことを言えるかというと、

 2014/07/09にファームウェアが更新されたが、
17
 18

 この「0.5秒の頭欠け」という問題、実は7/8に私が指摘したもの。

 そしたらなんと一日で修正された。(単なる偶然という可能性も大いにあるが)たまげたなぁ……

 完璧なシステムを作ることはもちろん大切だが、不具合が生じた時すぐに対処するという姿勢もそれと同じくらい大事だろう。
 大したメーカーである。


 DSDにおけるノイズの問題も、すぐにどうにかしてしまいそうな気がする。


 どうにかなった。

スポンサーリンク


関連記事

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

今度こそさらば、SongBook

さらば、SongBook おかえり、SongBook  最初にさらばと言った途端So

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 通りすがりの若者その1 より:

    こんにちは。
    LUMIN S1が自宅にあるのはいいですね。
    USBDACを使ってDSD128をネイティブで聴く時も毎回じゃ無いんですがブツッとノイズが入ることががあります。
    私も気になる方なのでチェックしてたらPCMと比べてDSD音源はCPUパフォーマンスをかなり喰っているみたいです。なのでおそらくバックグラウンドで何か動き出すと時々プツプツとノイズが発生します。
    (4GBメモリのCore2Duoの低スペックPCを使ってます)
    また以前ヤマハに問い合わせしたのですが、
    NP-S2000のDACがDSD音源に対応しているみたいなのでアップデートで対応可能か聞いてみるとDSDを再生させるパフォーマンスが足りないため技術的に不可能という回答を頂いたことがあります。

    この記事みて気になったのですが
    DSD再生のネットワークオーディオはプレイヤーだけでなくメディアサーバーの方のCPUなどのパフォーマンスにノイズなどは影響しますか??

    • sakakihajime より:

      通りすがりの若者その1さん

      急遽LUMIN S1の試聴機が舞い込むことになったりして、相変わらずアプリ検証記事は伸び伸びになっております。
      もう手元を離れましたが、一般ユーザー宅にやって来たのはおそらく日本で最初なので、気合を入れて臨みました。

      DSDに関して、なるほどサーバー側のスペックですか。その発想はありませんでした。
      PCとQNAP TS-119、色々なサーバーソフトでノイズの出方を見てみましょう。おっかないですが。
      【音源管理の精髄】第8章のネタがまた増えます。
      いやはやDSDはおっかないですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑