*

マランツ・NA-11登場記念 ネットワークオーディオの現在と未来を考える

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2013年2月5日に書かれたものです


マランツ、60周年記念のUSB-DAC/ネットオーディオプレーヤー「NA-11S1」



 すべてのネットワークプレーヤーに言えることだが、ギャップレスはもう当然の前提条件として、以下の二つはどうだろうか?


◎本体側にプレイリスト/キューを保持できるのか?
DMCが起動してないと次の曲が再生されない、なんてザマはいい加減NG
DLNAの仕様です、なんて情けなさすぎる言い訳もNG


◎再生中のシークはできるのか?
PC上では当たり前にできることができないなんてのはNG


 私はハイレゾだのDSDだのと大騒ぎする前にやることがあるでしょとずっと言い続けているが、未だに『ユーザビリティ』というものに対してメーカー含む業界の意識が低すぎる。ギャップレス程度で誇らしげにしていること自体、ある意味では異常。
 あと極端な話、KinskyとSongBook Liteという非常に洗練された汎用アプリがある以上、少なくとも音楽を快適に聴くうえで“メーカー純正アプリ”の価値は微妙。しょぼくれた出来の純正アプリを見栄張って出すくらいなら、PrimareのようにSongBookと協業して自社製品向けに最適化するとか、そういう路線のほうが遥かに高品質なうえにユーザー志向でもある。

 LINN DSがネットワークオーディオプレーヤーというジャンルにおいて未だに孤高かつ独走の地位を保っているのは、ひとえにユーザビリティという点において圧倒的な優位性があるからだろう。色々なメーカーが同ジャンルに参入し、そこで「LINN DSでは当たり前のように出来ていたことが、何年も後発の製品なのにまるで出来ない!」ということが明らかになった挙句、LINN DSの優位性がますます明確になるという皮肉な結果になってしまった。LINN DSより高音質な機器はいくらでもあるだろう。ただ、LINN DSの本当の強みとはそこではない。
 音楽を快適に聴くうえで当たり前に必要とされることを、ユーザーにそうと意識させずに完璧に提供する、この優れたユーザビリティこそ、LINN DSの本懐であり、核心である。
 いったいどれほどのメーカーがそこに気付いているのだろうか。

 私はLINNの回し者ではない。
 しかし残念ながら、ネットワークオーディオというジャンルにおいて、未だにLINN一強なのは事実である。
 音質の追及、おおいに結構。ハイレゾ、DSD、狂奔おおいに結構!
 ただし、「その機器/システムを使っていかに快適に音楽を聴くか」ということを真剣に考えない限り、本当の意味でLINNと同じ土俵に立つことはできないだろうし、LINN一人勝ちの構図も変わらないだろう。

 繰り返すが、私はLINNの回し者ではない。
 ネットワークオーディオという手法こそ、これからのオーディオが目指すべきひとつの解であると信じているだけだ。そしてこの文脈において、LINN一強の現状が歯がゆく悔しくもある。
 マランツのNA-11なんて、それこそMAJIK-DSが裸足で逃げ出すレベルの音質を備えているに違いない。ただ、それだけでは、音がいいだけでは、現状DSのシステムで実現できている快適さを手放すには至らない、というのが偽らざる心境だ。逆に、DSと同等のユーザビリティを備えてさえいれば、もはやDSである必要は無い。というよりむしろ、純粋に音質という評価軸で考えたとき、LINN製品って正直どうなの? と思わなくもない。
 狭義のネットワークオーディオ――LAN経由で音源をストリーミング再生するオーディオ機器が廃れ、狭義のPCオーディオ――PCとUSBで接続するDACが完全に主流になったとしても、コントロールのインターフェースとしては、間違いなくネットワークオーディオの流儀が生きるだろう。
 その時、そうなった時、日本のオーディオ業界は、業界として、はたしてユーザーにノウハウを提供できるのか?

 目指すべき地点は未だ遠い。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

LUMIN A1を試す・音質編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編  LUMIN THE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

2015年の心残りその3 aria music serverはどうなった?

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch aria music

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

画質:15 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑