*

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品――コンテンツそのものの価値は変わらない。
 どんな音響機器で聴こうが素晴らしい音楽は素晴らしいし、どんな映像機器で見ようが素晴らしい映像作品は素晴らしい。
 ノイズまみれのVHSを14インチのブラウン管に繋いで見たインデペンデンス・デイは死ぬほど面白かったし、古いPCに付属してきた小さなスピーカーで聴いた時の傷痕は計り知れない感動を与えてくれた。
 下手な映画館が裸足で逃げ出すようなレベルのホームシアターでアニメを見ようがゲームをしようが、高級オーディオとか呼ばれているものでアニソンを聴こうがピコピコ音を聴こうが、それをとやかく言われる筋合いはない。

 私はいわゆる「オーディオ(オーディオ・ビジュアルを含む)」という趣味が「高尚」と見なされるのも、あるいはそれを自称するのも大嫌いである。クラシックやジャズを聴かないとオーディオじゃない? そんなもん知るか。
 その一方で、「オーディオのメインストリームから外れている」と見なされているコンテンツ――特にアニソンやゲーム等のオタク要素の強いコンテンツを好むことに対し、それ自体に何らかの特別な価値や意義を見出すような姿勢にも違和感を覚える。


 コンテンツに貴賎なし。
 オーディオに相応しいとか相応しくないとか、なぜそんな区別をする必要があるのか。
 聴きたいものを聴けばいいし、見たいものを見ればいい。ただそれだけの話だ。
 ひたすら楽しんだ者勝ちである。
 再生品質の飽くなき追求を否定する気はまったくないが、私にとってオーディオとは楽しみを増幅させるためにある
 「楽しみ」は「感動」と言い換えてもいい。

 自分が愛してやまない作品が、いい画・いい音によってさらに面白くなる

 これこそがオーディオの与えてくれる夢ではないのか。
 自らオーディオの可能性を狭める必要などどこにもないのだ。


 ただし、作品そのものの価値とは無関係に、画質音質の優劣は厳然と存在する


 例えばDVDとBDの差は言うに及ばず、BDという土俵にあっても作品によって天と地ほどの画質差が存在する。
 BDを見ていて、「この映画、もっと高画質ならなぁ……」と残念に思うことも、「なんだこの手抜きクソ画質は! ふざけんな!」と怒り狂うことも往々にしてある。
 こんな風に思うのも、私にとって高画質は楽しみを増幅する大きな要素だからだ。だからこそ高画質を求めるし、画質の善し悪しは評価の対象にもなる。


 音質についても、映像(音響)や音源によって、歴然たる音質差が存在する。
 経験上、あくまで相対的にだが、洋楽に比べると全体的に邦楽は音質で劣る。そしていわゆるアニソンは劣るを通り越してひどいの領域に片足を突っ込んでいるものも多い。「この曲、もっと音が良ければなぁ……」と思うことも往々にしてある。映像音響だってそうだ。凄まじい映像が繰り広げらていても、それに対する音響がしょぼくてがっかりすることだって往々にしてある。
 こんな風に思うのも、私にとって高音質は楽しみを増幅する大きな要素だからだ。だからこそ高音質を求めるし、音質の善し悪しは評価の対象にもなる。


 勘違いしないでほしいのは、繰り返しになるが、作品そのものの価値と画質音質は別物だということ。
 「クソ画質だからこの映画は無価値」「クソ音質だからこの曲は無価値」、こんなことはあってはならない。逆に、「超高画質だからこの映画は素晴らしい」「超高音質だからこの曲は素晴らしい」、こんなこともあってはならない。


 コンテンツに貴賎なし


 作品そのものの価値を心から認め、愛するからこそ、そこから得られる楽しみを増幅し、感動を最大化するために、オーディオにこだわる。
 好きな作品/コンテンツがあるのなら、それを変に特別視する必要も恥じる必要もない。作品やジャンルによっては画質や音質で大きな差があるのは事実だが、それを踏まえたうえで、より善い再生品質を求めて環境を構築していけばいい。

 そして、システムの実力を測るためには、好き嫌いに関係なく、高画質高音質のコンテンツが必要なこともまた確かである。
 そこがオーディオのめんどくさいところであり、また面白いところでもある。


 『アニソンオーディオ』を読んでいて、ふとこんなことを考えた。



【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

スポンサーリンク


関連記事

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,600 万曲以上、月額1,96

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。 Twonky Rel

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【BDレビュー】第329回『MAMA』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:9 音質:10 (評価の詳

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑