*

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品――コンテンツそのものの価値は変わらない。
 どんな音響機器で聴こうが素晴らしい音楽は素晴らしいし、どんな映像機器で見ようが素晴らしい映像作品は素晴らしい。
 ノイズまみれのVHSを14インチのブラウン管に繋いで見たインデペンデンス・デイは死ぬほど面白かったし、古いPCに付属してきた小さなスピーカーで聴いた時の傷痕は計り知れない感動を与えてくれた。
 下手な映画館が裸足で逃げ出すようなレベルのホームシアターでアニメを見ようがゲームをしようが、高級オーディオとか呼ばれているものでアニソンを聴こうがピコピコ音を聴こうが、それをとやかく言われる筋合いはない。

 私はいわゆる「オーディオ(オーディオ・ビジュアルを含む)」という趣味が「高尚」と見なされるのも、あるいはそれを自称するのも大嫌いである。クラシックやジャズを聴かないとオーディオじゃない? そんなもん知るか。
 その一方で、「オーディオのメインストリームから外れている」と見なされているコンテンツ――特にアニソンやゲーム等のオタク要素の強いコンテンツを好むことに対し、それ自体に何らかの特別な価値や意義を見出すような姿勢にも違和感を覚える。


 コンテンツに貴賎なし。
 オーディオに相応しいとか相応しくないとか、なぜそんな区別をする必要があるのか。
 聴きたいものを聴けばいいし、見たいものを見ればいい。ただそれだけの話だ。
 ひたすら楽しんだ者勝ちである。
 再生品質の飽くなき追求を否定する気はまったくないが、私にとってオーディオとは楽しみを増幅させるためにある
 「楽しみ」は「感動」と言い換えてもいい。

 自分が愛してやまない作品が、いい画・いい音によってさらに面白くなる

 これこそがオーディオの与えてくれる夢ではないのか。
 自らオーディオの可能性を狭める必要などどこにもないのだ。


 ただし、作品そのものの価値とは無関係に、画質音質の優劣は厳然と存在する


 例えばDVDとBDの差は言うに及ばず、BDという土俵にあっても作品によって天と地ほどの画質差が存在する。
 BDを見ていて、「この映画、もっと高画質ならなぁ……」と残念に思うことも、「なんだこの手抜きクソ画質は! ふざけんな!」と怒り狂うことも往々にしてある。
 こんな風に思うのも、私にとって高画質は楽しみを増幅する大きな要素だからだ。だからこそ高画質を求めるし、画質の善し悪しは評価の対象にもなる。


 音質についても、映像(音響)や音源によって、歴然たる音質差が存在する。
 経験上、あくまで相対的にだが、洋楽に比べると全体的に邦楽は音質で劣る。そしていわゆるアニソンは劣るを通り越してひどいの領域に片足を突っ込んでいるものも多い。「この曲、もっと音が良ければなぁ……」と思うことも往々にしてある。映像音響だってそうだ。凄まじい映像が繰り広げらていても、それに対する音響がしょぼくてがっかりすることだって往々にしてある。
 こんな風に思うのも、私にとって高音質は楽しみを増幅する大きな要素だからだ。だからこそ高音質を求めるし、音質の善し悪しは評価の対象にもなる。


 勘違いしないでほしいのは、繰り返しになるが、作品そのものの価値と画質音質は別物だということ。
 「クソ画質だからこの映画は無価値」「クソ音質だからこの曲は無価値」、こんなことはあってはならない。逆に、「超高画質だからこの映画は素晴らしい」「超高音質だからこの曲は素晴らしい」、こんなこともあってはならない。


 コンテンツに貴賎なし


 作品そのものの価値を心から認め、愛するからこそ、そこから得られる楽しみを増幅し、感動を最大化するために、オーディオにこだわる。
 好きな作品/コンテンツがあるのなら、それを変に特別視する必要も恥じる必要もない。作品やジャンルによっては画質や音質で大きな差があるのは事実だが、それを踏まえたうえで、より善い再生品質を求めて環境を構築していけばいい。

 そして、システムの実力を測るためには、好き嫌いに関係なく、高画質高音質のコンテンツが必要なこともまた確かである。
 そこがオーディオのめんどくさいところであり、また面白いところでもある。


 『アニソンオーディオ』を読んでいて、ふとこんなことを考えた。



【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第227回『ダークナイト ライジング』

画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】おすすめのコントロールアプリ

 この記事は随時更新の予定。  コントロールアプリはネットワークオーディオの最後の仕上げ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第231回『紅の豚』

画質:9 AVC ラピュタ以降、耳をすませばで、ジブリにおけるフィルム作品のBD化は完成された

記事を読む

【BDレビュー】第285回『ベイマックス』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑