*

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品――コンテンツそのものの価値は変わらない。
 どんな音響機器で聴こうが素晴らしい音楽は素晴らしいし、どんな映像機器で見ようが素晴らしい映像作品は素晴らしい。
 ノイズまみれのVHSを14インチのブラウン管に繋いで見たインデペンデンス・デイは死ぬほど面白かったし、古いPCに付属してきた小さなスピーカーで聴いた時の傷痕は計り知れない感動を与えてくれた。
 下手な映画館が裸足で逃げ出すようなレベルのホームシアターでアニメを見ようがゲームをしようが、高級オーディオとか呼ばれているものでアニソンを聴こうがピコピコ音を聴こうが、それをとやかく言われる筋合いはない。

 私はいわゆる「オーディオ(オーディオ・ビジュアルを含む)」という趣味が「高尚」と見なされるのも、あるいはそれを自称するのも大嫌いである。クラシックやジャズを聴かないとオーディオじゃない? そんなもん知るか。
 その一方で、「オーディオのメインストリームから外れている」と見なされているコンテンツ――特にアニソンやゲーム等のオタク要素の強いコンテンツを好むことに対し、それ自体に何らかの特別な価値や意義を見出すような姿勢にも違和感を覚える。


 コンテンツに貴賎なし。
 オーディオに相応しいとか相応しくないとか、なぜそんな区別をする必要があるのか。
 聴きたいものを聴けばいいし、見たいものを見ればいい。ただそれだけの話だ。
 ひたすら楽しんだ者勝ちである。
 再生品質の飽くなき追求を否定する気はまったくないが、私にとってオーディオとは楽しみを増幅させるためにある
 「楽しみ」は「感動」と言い換えてもいい。

 自分が愛してやまない作品が、いい画・いい音によってさらに面白くなる

 これこそがオーディオの与えてくれる夢ではないのか。
 自らオーディオの可能性を狭める必要などどこにもないのだ。


 ただし、作品そのものの価値とは無関係に、画質音質の優劣は厳然と存在する


 例えばDVDとBDの差は言うに及ばず、BDという土俵にあっても作品によって天と地ほどの画質差が存在する。
 BDを見ていて、「この映画、もっと高画質ならなぁ……」と残念に思うことも、「なんだこの手抜きクソ画質は! ふざけんな!」と怒り狂うことも往々にしてある。
 こんな風に思うのも、私にとって高画質は楽しみを増幅する大きな要素だからだ。だからこそ高画質を求めるし、画質の善し悪しは評価の対象にもなる。


 音質についても、映像(音響)や音源によって、歴然たる音質差が存在する。
 経験上、あくまで相対的にだが、洋楽に比べると全体的に邦楽は音質で劣る。そしていわゆるアニソンは劣るを通り越してひどいの領域に片足を突っ込んでいるものも多い。「この曲、もっと音が良ければなぁ……」と思うことも往々にしてある。映像音響だってそうだ。凄まじい映像が繰り広げらていても、それに対する音響がしょぼくてがっかりすることだって往々にしてある。
 こんな風に思うのも、私にとって高音質は楽しみを増幅する大きな要素だからだ。だからこそ高音質を求めるし、音質の善し悪しは評価の対象にもなる。


 勘違いしないでほしいのは、繰り返しになるが、作品そのものの価値と画質音質は別物だということ。
 「クソ画質だからこの映画は無価値」「クソ音質だからこの曲は無価値」、こんなことはあってはならない。逆に、「超高画質だからこの映画は素晴らしい」「超高音質だからこの曲は素晴らしい」、こんなこともあってはならない。


 コンテンツに貴賎なし


 作品そのものの価値を心から認め、愛するからこそ、そこから得られる楽しみを増幅し、感動を最大化するために、オーディオにこだわる。
 好きな作品/コンテンツがあるのなら、それを変に特別視する必要も恥じる必要もない。作品やジャンルによっては画質や音質で大きな差があるのは事実だが、それを踏まえたうえで、より善い再生品質を求めて環境を構築していけばいい。

 そして、システムの実力を測るためには、好き嫌いに関係なく、高画質高音質のコンテンツが必要なこともまた確かである。
 そこがオーディオのめんどくさいところであり、また面白いところでもある。


 『アニソンオーディオ』を読んでいて、ふとこんなことを考えた。



【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。  というこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 Asset UPnP Re

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第152回『ファイトクラブ』

画質:10 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 北米盤 【DTS:X】

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』 画質:11 (画質はHD環境・B

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】 Asset UPnP for QNAP Testバージョンを追う

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第206回『REDLINE』

川尻大先生の「走る男」を思い出すな…… 画質:9 音質:12 映像はAVC、音声

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑