*

「ネットワークオーディオプラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。


 まず、JRiver Media Center(以下JRiver)は音声・画像・映像すべてに対応するマルチメディアソフトである。が、基本的にオーディオの文脈で登場することが多いようだ。

 再生ソフトとしてのJRiverは「ライブラリ機能統合型」で、そのカテゴリの中で総合的に最も多機能なソフトと言って差し支えない。Roonが登場した今でさえ、基本的にその立ち位置は変わらない。

 タグを十全に活かしたライブラリ機能――『サーバー』、DSDを含むハイレゾに完全対応し音質評価もすこぶる高い再生機能――『プレーヤー』、極めて優れた完成度を持つJRemoteを擁する盤石の操作性――『コントロール』。
 コントロールアプリとしてJRemoteの導入が前提になるとはいえ、JRiverはネットワークオーディオの全領域を網羅し、それ自体で非常にレベルの高いネットワークオーディオ環境を構築することが可能である。

 そんなJRiverの総合力は単なる再生ソフトとしての域を越えたところにあり、DigiBit ariaなど、JRiverを純然たるオーディオ機器――ミュージックサーバーの基幹ソフトとして採用する例もある。この点で、JRiverは「専用コントロールアプリを持ってネットワークオーディオの実践が可能な」他の再生ソフト(foobar2000とか)と一線を画する。


 「ネットワークオーディオのプラットフォーム」という概念を披瀝したところで、あらためてJRiver Media Centerの価値を再確認したい。
 DigiBit ariaやPlayback Designs Syrah Serverなど、JRiverをプラットフォームに採用した製品にどんなことができるのか、という点でも役に立つはずである。

JRiver Media Centerでネットワークオーディオする!(サーバーソフトとして)
JRiver Media Centerと『JRemote』

 上の二つの記事でサーバーソフトの側面とコントロールの側面については既に触れたが、ここでは他のネットワークオーディオ関連機能として、意外と知られていない「プッシュ再生」を取り上げる。上の記事と併せて読んでほしい。


※従来この記事で書いていたナビゲーションツリーのカスタマイズ方法については別記事として独立させた。

JRiver Media Centerのライブラリビュー(ナビゲーションツリー)のカスタマイズ方法



 プッシュ再生を行う場合も、JRemoteを使うのが圧倒的に便利である。
 音楽再生の操作はは既出の記事を見てもらうとして、ここで注目するのはJRemoteの画面左下の「プレイヤー」という部分。

 タップするとこんな画面が出てくる。
20160605JRiveripad07

 Current zone:プレイヤーとなっているが、この「プレイヤー」とはPCを指す。スピーカーのアイコンをタップすれば、接続したUSB DACやら何やらを選択・切り替え可能。
20160605JRiveripad09

 ここでの「Zones」は音声出力先のこと。
 見ての通り、JRemoteを動かしているiPadで鳴らすことも、ネットワークに繋がったLUMIN A1やBubbleUPnPが動いているNexus 9で鳴らすこともできる。

 さらに「Link」で同期再生だって可能。
20160605JRiveripad08

 つまるところ、見た目はRoonほど垢抜けているわけではないが、JRiverはDLNAを使ってRoonのZonesと同じことができるのである。本来はRoonに先立つJRiverの機能を先に紹介すべきだったと少々反省している。


 さて、ここで重要……というより貴重なのは、ZonesにDLNA対応のプレーヤーを選んだ場合。
 何が貴重かって、DLNAの「2 Box Push System」という激レアなシステム構成になるところである。

 ネットワークオーディオの文脈でDLNAが使われる時、DMSとDMRとDMC、すなわちサーバーとプレーヤーとコントロールが分離独立する「3 Box System」が基本となる。DELAやfidataの場合はDMSとDMRが同一機器の中に同居していたりするが。

 JRemoteの「Zones」で表示されている「プレイヤー」とiPad以外の機器はあくまでDMRである。でもってこの時、DMSであるJRiverが自らDMRにデータを配信している。つまりJRiverはコントロールも受け持っているのであり、「DMS+DMC」という状態になっている。この「コントロール機能(DMC)を備えるサーバー(DMS)から直接プレーヤー(DMR)にデータを配信する」ことをDLNAの「プッシュ再生」と呼ぶ。「DMS+DMC」&「DMR」で箱二つの2 Box System。
 実はTwonky Serverのブラウザ画面からもプッシュ再生ができるのだが、あくまでオマケ的な機能に過ぎない。操作性的に実用レベルでのプッシュ再生が可能なのはホントJRiverくらいしか思い付かない。もちろんプッシュ再生はJRiver本体から可能だが、他の再生操作もそうであるように、やっぱりJRemoteから行ったほうが遥かに快適である。
 ちなみにJRemoteは「DMSとDMCを兼ねるJRiverを外からコントロールしている」だけで、DLNAの範疇外にある。ややこしいが、この場合でもJRemoteはDMCではない。

 で、このプッシュ再生ができて何の意味があるんだ、ということだが……
 On-Device Playlistに対応しないプレーヤーであっても、JRemoteはDMCではない(プレイリストはJRiver本体が持っている)ので、JRemoteを終了させてもプレイリスト通り再生が続く、とかそういうアレ。

 試しにOPPO BDP-103でプッシュ再生を試したところ、問題なく再生できた。
20160605JRiveripad11

 アプリを終了させても、
20160605JRiveripad02

 再生は続く。
20160605JRiveripad01

 もっとも、JRiverはRoonのRoonReady/RAATのような独自プロトコルを使っておらず、ユーザビリティはあくまでDLNAの限界に支配されてしまう。ギャップレス再生が急にできるようになるなんて奇跡は起こらない。

 あとは、他のコントロールアプリからアクセスするとJRiver(サーバー)はアルバムアートの解像度を下げるという意味不明かついやらしい挙動をするが、JRemoteを使ってプッシュ再生すればそれを回避できることくらいか。
 JRemoteは実際素晴らしい完成度のコントロールアプリなので、BubbleUPnP Serverとの併用も考えて上手に使おう。


 ちなみに、JRemoteは音源の情報をタグを含めて徹底的に表示するだけでなく、そこから直接タグの編集も可能。JRiver本体に直結しているからこそできる芸当である。
 JRiverの音源管理&ライブラリ構築ソフトとしての性能と使い勝手はMediaMonkeyに劣るが、JRiver & JRemoteで再生している最中にちょっと気になった部分を修正する程度ならば有用と言える。音源管理&ライブラリ構築は本来別枠でやるものだ。
20160605JRiveripad04
20160605JRiveripad03




 せっかくなので、ついでにJRiverの再生機能の設定画面も載せておく。
 バージョン21ではDSD512への出力エンコーディングすら可能になっている。
20160605JRiverPC18
20160605JRiverPC17
20160605JRiverPC15



 Asset UPnPに匹敵する強力なナビゲーションツリー/サーバー機能と、トップクラスの音源再生機能と、JRemoteによる優秀な操作性。
 JRiverを「ネットワークオーディオのプラットフォーム」として考えた時、トータルで実現する機能と性能のレベルは非常に高く、匹敵しようとするだけでも相当ハードルが高い。
 正直な話、JRiverを採用したDigiBitやPlayback Designsは限りなく正しい選択をしたと言える。ここまで紹介してきたJRiverの全機能が純然たるオーディオ機器としてパッケージングされているのである。そりゃもう強い。(もっとも、その手の機器でJRiver本体の各種設定がどれだけ解放されるのか、という疑問もあるにはある)

 もっとずっと前に紹介すべきだった内容に終始した感はあるが、Roonをはじめとする様々なソフトが割拠する今でも、JRiver Media Centerのソフトとしての総合力はまったく陳腐化していないことが伝われば幸いである。
 その時々の流行とは無関係に、良いものは良い。

 バージョン22ではどんな進化を遂げるのだろう。
 個人的にはさっさとTIDALをビルトインしてもらいたいものだが……



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気にしないことにしている。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近で

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

画質:13 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第137回『2001年 宇宙の旅』

画質:8 無限の彼方:10☆ 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHD。ビット

記事を読む

UHD BDまであと少し!

次世代BD「Ultra HD Blu-ray」年内に複数社から製品登場へ - ライセンシングまもなく

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『BubbleUPnP』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑