*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピングMediaMonkeyで1枚リッピングmoraから1枚ダウンロードし、合計4枚のアルバムが音源フォルダに入っている=ライブラリが構築されている。

 あとは、このフォルダをサーバーで公開すれば、いわゆるネットワークオーディオは完結する。
 「音を聴く」ぶんには、これ以上やることはない。
 (サーバー編はもう少し待って)



 だが、しかし!

 甘い!

 これでは『理想的なライブラリ』には程遠い!



 この記事はこだわりの領域である。
 どうでもいいと思うのであれば、スキップしても構わない。




 さて、今まで用意してきた四枚のアルバムをあらためて見てみよう。


 Oasis / Whatever
WS000199
WS000274

 Michael Jackson / King of Pop – Japan Edition
WS000207
WS000275

 Tingvall Trio / Skagerrak
WS000235
WS000236

 Yes / Tormato
WS000268
WS000269



 問題点を洗い出そう。


①アルバムアートがおかしい
小さい。入ってない。無駄にでかい。

②タイトル・ファイル名ともに文字化けしている
Tingvall Trioの場合。

③ファイル名が不親切
Yesの場合。

④重要なタグ(ジャンル)が入っていない
Yesの場合。


 では、磨き上げよう。



 まずはアルバムアートから。

 「アルバムアート? 入ってないならまだしも、そんなもん見れれば何でもいいじゃん」
 一理ある。気にしたい部分、気になる部分、どうでもいい部分は人それぞれ。
 私の役目は、「気になる人」に対し、どうすればいいのかを提示することだ。

 さて、上で見た通り、アルバムアートが入っていないSkagerrakは論外として、最も解像度の低いOasis / Whateverが最終的にコントロールアプリでどのように見えるのかを以下に示す。
2014-02-16 13.31.04

 「気にならない」と言われてしまえばそれまでだ。
 が、私は気になる。
 何が悲しくてこんな圧縮ノイズだらけのボケた画像を拝まなければならないというのだ。

 ではどうするのか。
 もちろん、自分でアルバムアートを更新するのである。
 画像を入手する方法として、スキャンと画像編集についてはこちらも参照。

 MediaMonkeyを開く時が来た。
 ところでMediaMonkeyってどこでダウンロードすればいいの? どうやってインストールすればいいの? 音源を追加するにはどうしたらいいの? ……そんなことまでここでは書かない。


 これがMediaMonkeyから見た四枚のアルバム。
WS000276

 アルバムアートを手動でどうにかするには、まず目当てのアルバムを右クリックし、「アートワークのプロパティを編集」または「プロパティ」を選択する。「アートワークのプロパティを編集」が近道なのだが、あえてここは「プロパティ」から。
WS000277

 これが「プロパティ」の編集画面。
 「アートワーク」へ。
WS000278

 で、これが現在入っている250×250というふざけた解像度のアルバムアートである。
 「全選択ファイルに適用」して削除削除!
WS000279

 ふぅ……
WS000280

 白枠の中を適当に右クリックし、「貼り付け」。
 (うまくスクリーンショットが取れず微妙に欠けている)
 既にアルバムアートは自分で用意していることを前提としている。
WS000281

 以下のような設定になっていることを確認して「OK」。
WS000293

 新たなアルバムアートが登録される。
 そして「OK」。
WS000283

 やったぜ。
WS000294

 そしてこの通り。
2014-02-16 13.31.44

 手持ちのCDのジャケットをスキャンして作った画像なので感動もひとしお。
 CDの記憶は永遠に残る。



 MediaMonkeyが素晴らしいのは、いちいち変なことをせずとも、プロパティ→右クリック→貼り付けという極めて単純な操作だけで、複数のファイルに対してアルバムアートの登録が完結するところだ。奇妙なサイズ/容量制限もない。
 私の知る限り、アルバムアートの登録に関してここまでダイレクトな操作感を実現しているソフトは他にない。



 同じ要領で、Michael Jackson / King of Pop – Japan EditionとTingvall Trio / Skagerrakもアルバムアートを入れ直そう。

 そして、こうなる。

WS000295

WS000296

 ちなみにアルバムアートの解像度が1536×1536に統一されているのは、iPad Airに最適化しているためである。



 お次は、2400×2400という無駄にでかいアルバムアートが埋め込まれているYes / Tormato。
 でかいアルバムアートが付いてくること自体は非常に喜ばしいことなのだが、現状では2400×2400という解像度を十全に生かすことはできない。となると、これはもう単なるマシンパワーと容量の無駄遣いでしかない。
 よって、私の場合はiPad Airの解像度に最適化して埋め直すという作業が必要になる。

 しかし、ダウンロードした音源なので、困ったことに、画像ファイルが手元にない。

 こんな時も、MediaMonkeyの出番である。

 アートワークのプロパティを開いて……
WS000297

 なんと! 右クリックから「保存」が選べる。
WS000298

 MediaMonkey最高。
WS000299

 あとはこの保存した画像ファイルをいじって、最適なアルバムアートを作って埋め込めばいい。
 ついでにワーナーの黒枠も消してやった。
WS000300



 これにてアルバムアートの問題は解決。


 次にTingvall Trio / Skagerrakの文字化け問題について。
 ここで直したいのは、「タイトル」と「ファイル名」の両方。


 またMediaMonkeyの出番だ。
 もちろん一曲一曲手入力で修正していってもいいのだが、せっかくだからMediaMonkeyの便利機能を使おう。


 アルバムを右クリック→「Webから自動タグ付け」を選択。
WS000309

 すると、こんな画面が出てくる。
 何を隠そう、MediaMonkeyにおける「Webから自動タグ付け」の「Web」とはAmazonのことである。
 つまり、Amazonから該当しそうなアルバムを見つけてきて、そのデータからタグを入力するという機能である。
WS000303

 しかし、上の画像を見てわかる通り、アルバムタイトルやアーティスト、アルバムアートなんかは見つけてきてくれるのだが、肝心の「タイトル」は見つけられなかったらしく、出てこない。
 所詮MediaMonkeyはこの程度か……となるにはまだ早い。
 右上の「Option」を押すと……
 !?
WS000305

 デフォルトでは、MediaMonkeyが探しにいくのは日本のAmazonである。この手のマイナーな音源が見つからなかったとしても無理はない。
 では、Tingvall Trioはスウェーデンのジャズトリオなので、最寄りのドイツを選んでみよう。
 するとこの通り。
 ウムラウトもきちんと表記されているデータが見つかった。
WS000308

 あとは見つかったデータの中から“何を適用するか”を選択して、右下の「自動タグ」を押せば完了。
 この場合、必要なのは「タイトル」だけなのでそのようにしている。
 見てのとおり、一曲ずつ適用する・しないを選択できる。さすが。

 そして、ドイツのAmazonの力を借りて、スウェーデンのジャズトリオのアルバムの曲名を修正し終わった。
 もっとも、ボーナストラック的なものの存在のためか? 収録されている曲数が異なり、完全にソフト任せにはできなかったが。
 やったぜ。
WS000307


 まだ終わりではない。


 数えきれないほど言っていることだが、タグとしての「タイトル」とエクスプローラーから見える「ファイル名」は別物である。タグを修正したところで、ファイル名はそのままである。逆もまたしかり。
 よって、もうひと手間必要になる。まぁ、極端な話、タグさえしっかりしていれば別にファイル名を直す必要はないのだが、その辺はきっちりやっておかないと気が済まないのだ。


 ファイル名の修正も……もちろん手入力でもいいのだが、やはりここはMediaMonkeyの便利機能を使おう。MediaMonkey最高。


 使うのは右クリックからの「ファイル体系化」。
 WS000310

 「ファイル体系化」とは、ファイルのプロパティ、つまりタグを元にしてファイルの移動やファイル名の変換を自動で行うというもの。
 こんな画面が出てくる。
 先ほど修正したタイトルと、「場所」で設定した命名規則に基づいて、新しいファイル名が示されているのがわかるだろうか。
WS000311

 左上のチェックでは、新たに別の場所にコピーするのか、それとも完全に元のファイルを置き換えるのかを選択する。この場合は置き換えで構わない。
 問題がなければ、右下の「OK」。
 そしてこの通り。
WS000312

 ちなみに以前の状態がコレ。
 アルバムアートも入ったし、ファイル名も修正された。
WS000234


 一応言っておくと、音源のブラウズをタグベースではなくフォルダ&ファイル名ベースで行おうとしている人は、このファイル名に「トラック番号」を入れておくのは不可欠である。
 かつ、一桁台のトラック番号は「1」「2」「3」……ではなく、「01」「02」「03」……としたほうがよい。そうしなければ、「11」「12」……と二桁のトラック番号があるアルバムの場合、並びが曲順通りにならない。

 タグベースでブラウズする場合はまったく問題にはならないが。



 ※上のMediaMonkeyのSSではファイル体系化を経たファイル名の先頭に「1」「2」「3」……とトラック番号が一桁で振られているが、ソフトのアップデートを経て、トラック番号が二桁で振られるようになった。




 ただ、ここまで書いてきておいてアレだが、アルバムアートはともかく、このタグやファイル名の修正について言えば、dBpoweramp CD Ripperを使えばリッピング時点でほぼ完璧に仕上がるため、いちいちMediaMonkeyが登場する機会はほとんどない。

 しかし、リッピングという工程のないハイレゾ音源は別だ。配信サイトによってファイル名の表記もタグの付け方もまるきり統一されていない以上、MediaMonkeyで磨き上げる――諸々の修正をかける重要性は大きい。

 というわけで、Yes / Tormatoを磨き上げよう。
 アルバムアートの入れ直しは先ほど終わったので、あとはタグの編集とファイル名の修正のみ。


 右クリック→プロパティ
WS000313

 タグ編集画面
WS000314

 私が欲しいのは真っ先に「ジャンル」、ついでに録音日とオリジナル録音日もなんとなく入力
 ちなみに右側のマスにチェックを入れると、「アルバム内のすべてのファイルに適用」となる。
WS000315

 あとは先ほどのように「ファイル体系化」をして、この通り。
WS000318

 これがダウンロードしたての状態。
 きちんとファイル名も修正されている。
 それにしてもmoraは不親切だな。
WS000317



 やっと終わった。
 Oasis / Whatever以外の音源も出来栄えを確認しよう。


2014-02-16 13.32.50
2014-02-16 13.34.21
1


 完璧。

 以上!



 ここまで読んで、「何だコレ死ぬほどめんどくせえ!」と思うかもしれない。
 私もここまで書くのは死ぬほどめんどくさかった。

 しかし、安心してほしい。
 やるべきことをきちんと理解・把握しさえすれば、上で延々と書いてきた作業など1分もあれば終わる。
 アルバムアートにこだわらないとすれば、リッピングの際に気を付けるだけで基本的には事足りる。

 手を抜いて、機械任せにして、テキトーにアルバムを積み重ねて、結果として滅茶苦茶なライブラリになるくらいなら、音源にほんの少しの愛情をかけよう。




【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第152回『ファイトクラブ』

画質:10 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【アプリ紹介】DiXiM DMC iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月20日時点のものです ●イントロダクション

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ボスケテ より:

    お久しぶりです。
    お陰様で、N-50を付属リモコンで操作してwavを聞いていた私も
    タブレットで2playerを使いflacを聞くように成りました。
    今後もよろしくお願いします。

    • sakakihajime より:

      ボスケテさん

      御無沙汰しております。
      そしてこちらでは初めまして。
      お役に立てれば幸いです。

      androidは一時期のスマホを除き、相変わらずノータッチです。
      資金的に時間的にも限りがあるので、両刀使いはなかなか難しいところですが、いつかは同一環境下で横断的にコントロールアプリのレビューをしてみたいですね。

      今後も色々と記事を上げていきますので、お時間のある時にでもご覧いただければと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

→もっと見る

PAGE TOP ↑