*

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。
 マウスをカチカチもしたくない。
 要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、もうPCの存在を意識したくないのだ。
 CDプレーヤーはリモコンが使えたんだぞ。
 PCオーディオだかネットワークオーディオだか知らないが、なんとかならないものか。

 なんとでもなる。


 PCオーディオはもっと自由になれる。


 コントロールこそがネットワークオーディオの本質である。
 再生機器としてPCとUSB DACを使うかネットワークオーディオプレーヤーを使うかは問題ではない。


 というわけで、今回紹介するのはfoobar2000のコントロールアプリ、foobarCon。
 androidアプリである。
 基本無料、PRO版が168円。
 ちなみにiOS用としては以前MonkeyMote 4 foobar2000を紹介している。


 foobarConを使うためには、それ用のコンポーネントが必要になる。
 まずfoobarConのHPからfoobar2000用のコンポーネントをダウンロードしてインストールしよう。
20150812foobarConPC04

 foobar2000の「Preference」からコンポーネントと設定を確認する。
20150812foobarConPC01

 プラグインの設定画面。
 色々あるが、とりあえず初期設定のままで問題ない。
20150812foobarConPC01-2

 続いて、foobarConを起動する。
 なお、検証にはNexus 9を使用している。
20150812foobarCon端末02

 自動スキャンがオンになっていれば「サーバーのリスト」にfoobar2000を起動しているPCのIPアドレスが現れるはずなので、それを選択して「接続」。
20150812foobarCon端末03

 これでfoobar2000のコントロールが可能になる。

 画面左端からのスワイプでメニューが出てくる。
20150812foobarCon端末17

 基本的に「プレイリスト」「ライブラリ」「再生中」を切り替えながら操作を行うことになる。
 ちなみにfoobarConにおける「ブラウザ」とはPCの中身をそのまんま覗いていくというもの。それ自体はサーバーソフトにおける「フォルダ」と同じだが、こちらは範囲が音源フォルダに限定されない。

 初期状態で「ライブラリ」に用意されているツリー。
 少々クセがある。この中の「ユーザー」はfoobar2000側からツリーの構造を編集可能。
20150812foobarCon端末16

 ブラウズはリスト・タイル表示に両対応。foobarConではグリッド表示と呼ぶようだ。
20150812foobarCon端末04
 
 ブラウズ時にアルバムアートの縦横比は維持されるが、正方形からはみ出した部分はカットされる。
20150812foobarCon端末05

 グリッド表示の際のアルバムアートのサイズも変えられる。あまり違いはないが。
20150812foobarCon端末06

 あと、よくよく見るとブラウズ時のアルバムアートはリサイズして表示されている。粗い。
 ただそのおかげか、表示・スクロールともに非常にスムーズ。
20150812foobarCon端末07

 再生画面。
 必要な機能は揃っている。というより、画面のあちこちを押すと隠れているものが色々と出てくる。
 なーんかごちゃごちゃしていて、アルバムアートの上下に白枠が覆いかぶさっている。
20150812foobarCon端末08

 というわけで、foobarConは縦画面で使うのがよさそうだ。
 ちなみにアルバム名やら何やらの情報は数秒で消える。
 広告が邪魔なら168円払ってPRO版を買おう。
20150812foobarCon端末18

 問題なくfoobar2000をコントロールできている。
20150812foobarConPC02

 プレイリスト。
 基本的な再生ボタンは画面下に残る。
20150812foobarCon端末09

 プレイリスト内の曲順の入れ替えが可能。
20150812foobarCon端末10

 再生画面とプレイリストは画面の左右スワイプでも切り替え可能。
20150812foobarCon端末11

 再生画面からブラウズ画面に戻るには、画面左端をスワイプしてメニューを出すか、再生画面上部の白枠(上の画像参照)をタップすればいい。
 再生中の場合はブラウズ画面の下に同様の白枠が表示され、タップにより再生画面に戻る。
 少々煩雑な気がする。
20150812foobarCon端末12

 設定項目も充実している。
 詳しくは触れないが、中にはこんなのも。
 なかなか痒いところに手が届く作り。日本語が怪しいが気にしない方向で。
20150812foobarCon端末13

 なんとなくiOSのMonkeyMote 4 foobar2000と同時に使ってみた。
 三者の同期確認。
 特に意味はない。
20150812foobarCon端末15
20150812foobarCon端末01
20150812foobarConPC03


 foobar2000をコントロールするandroid用アプリは色々あり、もっとメジャーなものとして「foobar2000 controller」というまんまな名前のアプリもある。が、実際に使ってみたところfoobarConの方が良いと感じる。
 各機能の切り替えが少々煩雑であり、使いこなすには慣れが必要にも思えるが、音楽再生に必要な機能を一通り揃えており、設定の幅も広い。初期状態でもそれなりに使いものになる。
 同じfoobar2000のコントロールアプリとしてMonkeyMote 4 foobar2000と比較すると、シンプルにわかりやすくまとまったMonkeyMote 4 foobar2000、使いこなすに慣れが必要な一方でより多機能なfoobarCon、といったところか。総合的な完成度はほぼ同じ。
 iOS端末を持っていればMonkeyMote 4 foobar2000を使えばいいし、android端末を持っていればfoobarConを使えばいい。

 foobar2000とfoobarConの組み合わせ。
 これこそ『ネットワークオーディオ』である。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Natsukashii

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Natsukashii

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Cirklar

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

SongBook HD Version 1.060

コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』  アルバムアートの表示が改善

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. お邪魔いたします。
    貴ブログの「FOOBAR CON」の記事、とても参考になりましたので、私のブログにリンクを貼らせて頂きました。(ありがとうございます)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑