*

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。
 マウスをカチカチもしたくない。
 要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、もうPCの存在を意識したくないのだ。
 CDプレーヤーはリモコンが使えたんだぞ。
 PCオーディオだかネットワークオーディオだか知らないが、なんとかならないものか。

 なんとでもなる。


 PCオーディオはもっと自由になれる。


 コントロールこそがネットワークオーディオの本質である。
 再生機器としてPCとUSB DACを使うかネットワークオーディオプレーヤーを使うかは問題ではない。


 というわけで、今回紹介するのはfoobar2000のコントロールアプリ、foobarCon。
 androidアプリである。
 基本無料、PRO版が168円。
 ちなみにiOS用としては以前MonkeyMote 4 foobar2000を紹介している。


 foobarConを使うためには、それ用のコンポーネントが必要になる。
 まずfoobarConのHPからfoobar2000用のコンポーネントをダウンロードしてインストールしよう。
20150812foobarConPC04

 foobar2000の「Preference」からコンポーネントと設定を確認する。
20150812foobarConPC01

 プラグインの設定画面。
 色々あるが、とりあえず初期設定のままで問題ない。
20150812foobarConPC01-2

 続いて、foobarConを起動する。
 なお、検証にはNexus 9を使用している。
20150812foobarCon端末02

 自動スキャンがオンになっていれば「サーバーのリスト」にfoobar2000を起動しているPCのIPアドレスが現れるはずなので、それを選択して「接続」。
20150812foobarCon端末03

 これでfoobar2000のコントロールが可能になる。

 画面左端からのスワイプでメニューが出てくる。
20150812foobarCon端末17

 基本的に「プレイリスト」「ライブラリ」「再生中」を切り替えながら操作を行うことになる。
 ちなみにfoobarConにおける「ブラウザ」とはPCの中身をそのまんま覗いていくというもの。それ自体はサーバーソフトにおける「フォルダ」と同じだが、こちらは範囲が音源フォルダに限定されない。

 初期状態で「ライブラリ」に用意されているツリー。
 少々クセがある。この中の「ユーザー」はfoobar2000側からツリーの構造を編集可能。
20150812foobarCon端末16

 ブラウズはリスト・タイル表示に両対応。foobarConではグリッド表示と呼ぶようだ。
20150812foobarCon端末04
 
 ブラウズ時にアルバムアートの縦横比は維持されるが、正方形からはみ出した部分はカットされる。
20150812foobarCon端末05

 グリッド表示の際のアルバムアートのサイズも変えられる。あまり違いはないが。
20150812foobarCon端末06

 あと、よくよく見るとブラウズ時のアルバムアートはリサイズして表示されている。粗い。
 ただそのおかげか、表示・スクロールともに非常にスムーズ。
20150812foobarCon端末07

 再生画面。
 必要な機能は揃っている。というより、画面のあちこちを押すと隠れているものが色々と出てくる。
 なーんかごちゃごちゃしていて、アルバムアートの上下に白枠が覆いかぶさっている。
20150812foobarCon端末08

 というわけで、foobarConは縦画面で使うのがよさそうだ。
 ちなみにアルバム名やら何やらの情報は数秒で消える。
 広告が邪魔なら168円払ってPRO版を買おう。
20150812foobarCon端末18

 問題なくfoobar2000をコントロールできている。
20150812foobarConPC02

 プレイリスト。
 基本的な再生ボタンは画面下に残る。
20150812foobarCon端末09

 プレイリスト内の曲順の入れ替えが可能。
20150812foobarCon端末10

 再生画面とプレイリストは画面の左右スワイプでも切り替え可能。
20150812foobarCon端末11

 再生画面からブラウズ画面に戻るには、画面左端をスワイプしてメニューを出すか、再生画面上部の白枠(上の画像参照)をタップすればいい。
 再生中の場合はブラウズ画面の下に同様の白枠が表示され、タップにより再生画面に戻る。
 少々煩雑な気がする。
20150812foobarCon端末12

 設定項目も充実している。
 詳しくは触れないが、中にはこんなのも。
 なかなか痒いところに手が届く作り。日本語が怪しいが気にしない方向で。
20150812foobarCon端末13

 なんとなくiOSのMonkeyMote 4 foobar2000と同時に使ってみた。
 三者の同期確認。
 特に意味はない。
20150812foobarCon端末15
20150812foobarCon端末01
20150812foobarConPC03


 foobar2000をコントロールするandroid用アプリは色々あり、もっとメジャーなものとして「foobar2000 controller」というまんまな名前のアプリもある。が、実際に使ってみたところfoobarConの方が良いと感じる。
 各機能の切り替えが少々煩雑であり、使いこなすには慣れが必要にも思えるが、音楽再生に必要な機能を一通り揃えており、設定の幅も広い。初期状態でもそれなりに使いものになる。
 同じfoobar2000のコントロールアプリとしてMonkeyMote 4 foobar2000と比較すると、シンプルにわかりやすくまとまったMonkeyMote 4 foobar2000、使いこなすに慣れが必要な一方でより多機能なfoobarCon、といったところか。総合的な完成度はほぼ同じ。
 iOS端末を持っていればMonkeyMote 4 foobar2000を使えばいいし、android端末を持っていればfoobarConを使えばいい。

 foobar2000とfoobarConの組み合わせ。
 これこそ『ネットワークオーディオ』である。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第173回『バットマン ビギンズ』

画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. お邪魔いたします。
    貴ブログの「FOOBAR CON」の記事、とても参考になりましたので、私のブログにリンクを貼らせて頂きました。(ありがとうございます)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑