*

WAVとFLACで音は変わるか?

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 変わりません。









    









 こんな具合に終わってしまっても個人的にはまったく構わないのだが、さすがにこれでは無責任すぎるか。

 というわけで、LUMIN A1を導入したタイミングでもあるし、あらためて「WAV対FLAC」という極めて不毛な検証を行ってみた。
 なお、言うまでもないことだが、これは私の環境における私の結論、私の意見であって、それをあらゆるケースに当てはめようといった意図があるわけではない。


 検証/比較に用いたのは以下の3曲。
 
アルバムhelge lien trio natsukashii
 Helge Lien Trio / Natsukashiiより、表題曲の「Natsukashii」
 Linn RecordsからFLACでダウンロードしたハイレゾ音源(192kHz/24bit)で、私の手持ちのすべての音源の中で最上級のS/Nを誇る、とにかく静かな静かな曲。
 完全な無音の中から極めて繊細に浮かび上がるピアノ、ベース、ドラムが織り成す幽冥さ、そして“懐かしさ”が肝。絶対に雑味が混入してはいけない類の曲。
 比較はFLACからdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに192kHz/24bitのまま変換したものを使用。


アルバムme and myself
 Annika / Me & Myselfより、表題曲の「Me & Myself」
 女性ボーカル代表として。聖剣伝説LOMの「Song Of Mana」を歌っているAnnika嬢のアルバム。実はオーディオ的にも優秀録音盤。とはいえ音質云々を抜きにしてすンばらしいアルバムなのでみんな買おう。特に表題曲の「Me & Myself」は鳥肌ものの素晴らしさ。
 比較はCDからFLAC Lossless Uncompressedでリッピングした音源をdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに変換したものを使用。


アルバムnever too much
 Luther Vandross / Never Too Muchより「She’s a Super Lady」
 男性ボーカル代表として。イントロから疾走する猛烈にかっこいいベース、ビシバシと刻むリズムセクションに魂溢れる声が炸裂する。聴きどころ満載の超優秀録音盤。
 比較はCDからFLAC Lossless Uncompressedでリッピングした音源をdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに変換したものを使用。


 再生環境は以下のとおり。

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



 各音源の詳細は以下のとおり。
 dBpoweramp Music Converterを使った変換のため、WAVになってもタグが残っていることにも注目。

FLAC
WS000392
WAV
WS000394

FLAC
WS000396
WAV
WS000398

FLAC
WS000400
WAV
WS000402

 FLAC Lossless Uncompressedだと、むしろWAVより容量がでかくなっているのがわかる。


 LUMIN A1で再生中の図。
 WAVに変換した音源はアーティストもアルバムタイトルも「不明」になってしまっている。
 上記画像を見る限り間違いなくタグは入っているはずなのだが、TwonkyMedia7.2.7はWAVのタグを認識しなくなったのか? バージョン6.○○では認識していたような……
 これだからWAVは困る。
app


 そして、肝心の音質差について。
 
 まったく違いが判らない。
 こんな検証までして、WAVとFLACの音質差があるなら聴き取ってやろうという姿勢をとること自体が馬鹿馬鹿しく思えてくる。
 よって、WAVとFLACの音質差は、「気にするだけ時間の無駄」というのが私の結論である。

 WAVとFLACの音質差が分からないのは、もしかしたら私の耳がいかれているか、あるいはシステムのレベルが著しく低いからなのかもしれないが、それならそれで一向に構わない。気にしたい人は気にすればいいし、「WAVとFLACの音質差を聴き取れる耳の良さ」や「WAVとFLACの音質差を描き分けられる自分のシステム」を誇りたいのなら存分に誇ればいいと思う。


 この記事でも書いているが、私にとって、大切なのは

 タグを用いた音源の管理運用>>>越えられない壁>>>WAVとFLACの存在するかどうかも怪しい音質差

 である。
 この姿勢は変わらない。


続き

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第136回『X-MEN 3』 新装版

画質:11 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、6.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Houses Of The Holy (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Houses Of

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第34回『ソード・フィッシュ』

ケツアゴ+素っ裸+マトリックスな映画。 画質:9 音質:6 映像はVC-1でビッ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. やたろう より:

    それでは、WAVから取り込んでFLACで変換したらどんなもんでしょう。
    また、数が少ないがデータディスクで(WAV収録の物)FLACで変換したらどんなもんでしょう。

  2. さば味噌 より:

    FLAC Lossless Uncompressed は容量がWAVと同等な点、「Uncompressed = 非圧縮」という名前から、中身はWAVではないでしょうか?

    そうであるならば、音が変わらないのも当然です。

    ここで一読者として、通常のFLAC(レベル5~6が一般的)とWAVの音質が異なるのか、という疑問が浮かびます。

    差し支えなければ、通常のFLACとWAVとの比較について書いていただけないでしょうか?

  3. sakakihajime より:

    >やたろうさん

    検証してみましょう。
    ただ、WAV収録のデータディスクがないので、WAVでダウンロードしたハイレゾ音源を検証で使用します。


    >さば味噌さん

    私は原理的な部分はよくわからないのですが、するとFLAC Lossless Uncompressed = 実質的なWAV、という認識でよいのでしょうか?
    私がFLACを使用する最大の理由は「タグが使用可能」ということなので、もしそうだとすれば音質面の懸念は(それが実際に存在するかどうかはさておき)一切なくなります。

    圧縮レベル5~6の“通常の”FLACについても、後日検証してみましょう。

    ちなみに、この記事のHelge Lien Trio / Natsukashiiは画像のとおり、45%の圧縮がかかったFLACです。
    この音源についても、音質差はさっぱり判らなかったということは記事に書いた通りです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑