*

WAVとFLACで音は変わるか?

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 変わりません。









    









 こんな具合に終わってしまっても個人的にはまったく構わないのだが、さすがにこれでは無責任すぎるか。

 というわけで、LUMIN A1を導入したタイミングでもあるし、あらためて「WAV対FLAC」という極めて不毛な検証を行ってみた。
 なお、言うまでもないことだが、これは私の環境における私の結論、私の意見であって、それをあらゆるケースに当てはめようといった意図があるわけではない。


 検証/比較に用いたのは以下の3曲。
 
アルバムhelge lien trio natsukashii
 Helge Lien Trio / Natsukashiiより、表題曲の「Natsukashii」
 Linn RecordsからFLACでダウンロードしたハイレゾ音源(192kHz/24bit)で、私の手持ちのすべての音源の中で最上級のS/Nを誇る、とにかく静かな静かな曲。
 完全な無音の中から極めて繊細に浮かび上がるピアノ、ベース、ドラムが織り成す幽冥さ、そして“懐かしさ”が肝。絶対に雑味が混入してはいけない類の曲。
 比較はFLACからdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに192kHz/24bitのまま変換したものを使用。


アルバムme and myself
 Annika / Me & Myselfより、表題曲の「Me & Myself」
 女性ボーカル代表として。聖剣伝説LOMの「Song Of Mana」を歌っているAnnika嬢のアルバム。実はオーディオ的にも優秀録音盤。とはいえ音質云々を抜きにしてすンばらしいアルバムなのでみんな買おう。特に表題曲の「Me & Myself」は鳥肌ものの素晴らしさ。
 比較はCDからFLAC Lossless Uncompressedでリッピングした音源をdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに変換したものを使用。


アルバムnever too much
 Luther Vandross / Never Too Muchより「She’s a Super Lady」
 男性ボーカル代表として。イントロから疾走する猛烈にかっこいいベース、ビシバシと刻むリズムセクションに魂溢れる声が炸裂する。聴きどころ満載の超優秀録音盤。
 比較はCDからFLAC Lossless Uncompressedでリッピングした音源をdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに変換したものを使用。


 再生環境は以下のとおり。

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



 各音源の詳細は以下のとおり。
 dBpoweramp Music Converterを使った変換のため、WAVになってもタグが残っていることにも注目。

FLAC
WS000392
WAV
WS000394

FLAC
WS000396
WAV
WS000398

FLAC
WS000400
WAV
WS000402

 FLAC Lossless Uncompressedだと、むしろWAVより容量がでかくなっているのがわかる。


 LUMIN A1で再生中の図。
 WAVに変換した音源はアーティストもアルバムタイトルも「不明」になってしまっている。
 上記画像を見る限り間違いなくタグは入っているはずなのだが、TwonkyMedia7.2.7はWAVのタグを認識しなくなったのか? バージョン6.○○では認識していたような……
 これだからWAVは困る。
app


 そして、肝心の音質差について。
 
 まったく違いが判らない。
 こんな検証までして、WAVとFLACの音質差があるなら聴き取ってやろうという姿勢をとること自体が馬鹿馬鹿しく思えてくる。
 よって、WAVとFLACの音質差は、「気にするだけ時間の無駄」というのが私の結論である。

 WAVとFLACの音質差が分からないのは、もしかしたら私の耳がいかれているか、あるいはシステムのレベルが著しく低いからなのかもしれないが、それならそれで一向に構わない。気にしたい人は気にすればいいし、「WAVとFLACの音質差を聴き取れる耳の良さ」や「WAVとFLACの音質差を描き分けられる自分のシステム」を誇りたいのなら存分に誇ればいいと思う。


 この記事でも書いているが、私にとって、大切なのは

 タグを用いた音源の管理運用>>>越えられない壁>>>WAVとFLACの存在するかどうかも怪しい音質差

 である。
 この姿勢は変わらない。


続き

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

LUMINがQobuzに対応

 Qobuz。  「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。  TIDAL同様、ロスレスクオリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

【レビュー】DELA N1Z ― 音楽の座

DELA N1Z 来たる 運用編 サーバーソフト編 音質編 USB DAC接続機能を試したか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

画質:13 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. やたろう より:

    それでは、WAVから取り込んでFLACで変換したらどんなもんでしょう。
    また、数が少ないがデータディスクで(WAV収録の物)FLACで変換したらどんなもんでしょう。

  2. さば味噌 より:

    FLAC Lossless Uncompressed は容量がWAVと同等な点、「Uncompressed = 非圧縮」という名前から、中身はWAVではないでしょうか?

    そうであるならば、音が変わらないのも当然です。

    ここで一読者として、通常のFLAC(レベル5~6が一般的)とWAVの音質が異なるのか、という疑問が浮かびます。

    差し支えなければ、通常のFLACとWAVとの比較について書いていただけないでしょうか?

  3. sakakihajime より:

    >やたろうさん

    検証してみましょう。
    ただ、WAV収録のデータディスクがないので、WAVでダウンロードしたハイレゾ音源を検証で使用します。


    >さば味噌さん

    私は原理的な部分はよくわからないのですが、するとFLAC Lossless Uncompressed = 実質的なWAV、という認識でよいのでしょうか?
    私がFLACを使用する最大の理由は「タグが使用可能」ということなので、もしそうだとすれば音質面の懸念は(それが実際に存在するかどうかはさておき)一切なくなります。

    圧縮レベル5~6の“通常の”FLACについても、後日検証してみましょう。

    ちなみに、この記事のHelge Lien Trio / Natsukashiiは画像のとおり、45%の圧縮がかかったFLACです。
    この音源についても、音質差はさっぱり判らなかったということは記事に書いた通りです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑