*

WAVとFLACで音は変わるか?

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 変わりません。









    









 こんな具合に終わってしまっても個人的にはまったく構わないのだが、さすがにこれでは無責任すぎるか。

 というわけで、LUMIN A1を導入したタイミングでもあるし、あらためて「WAV対FLAC」という極めて不毛な検証を行ってみた。
 なお、言うまでもないことだが、これは私の環境における私の結論、私の意見であって、それをあらゆるケースに当てはめようといった意図があるわけではない。


 検証/比較に用いたのは以下の3曲。
 
アルバムhelge lien trio natsukashii
 Helge Lien Trio / Natsukashiiより、表題曲の「Natsukashii」
 Linn RecordsからFLACでダウンロードしたハイレゾ音源(192kHz/24bit)で、私の手持ちのすべての音源の中で最上級のS/Nを誇る、とにかく静かな静かな曲。
 完全な無音の中から極めて繊細に浮かび上がるピアノ、ベース、ドラムが織り成す幽冥さ、そして“懐かしさ”が肝。絶対に雑味が混入してはいけない類の曲。
 比較はFLACからdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに192kHz/24bitのまま変換したものを使用。


アルバムme and myself
 Annika / Me & Myselfより、表題曲の「Me & Myself」
 女性ボーカル代表として。聖剣伝説LOMの「Song Of Mana」を歌っているAnnika嬢のアルバム。実はオーディオ的にも優秀録音盤。とはいえ音質云々を抜きにしてすンばらしいアルバムなのでみんな買おう。特に表題曲の「Me & Myself」は鳥肌ものの素晴らしさ。
 比較はCDからFLAC Lossless Uncompressedでリッピングした音源をdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに変換したものを使用。


アルバムnever too much
 Luther Vandross / Never Too Muchより「She’s a Super Lady」
 男性ボーカル代表として。イントロから疾走する猛烈にかっこいいベース、ビシバシと刻むリズムセクションに魂溢れる声が炸裂する。聴きどころ満載の超優秀録音盤。
 比較はCDからFLAC Lossless Uncompressedでリッピングした音源をdBpoweramp Music Converterを用いてWAVに変換したものを使用。


 再生環境は以下のとおり。

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



 各音源の詳細は以下のとおり。
 dBpoweramp Music Converterを使った変換のため、WAVになってもタグが残っていることにも注目。

FLAC
WS000392
WAV
WS000394

FLAC
WS000396
WAV
WS000398

FLAC
WS000400
WAV
WS000402

 FLAC Lossless Uncompressedだと、むしろWAVより容量がでかくなっているのがわかる。


 LUMIN A1で再生中の図。
 WAVに変換した音源はアーティストもアルバムタイトルも「不明」になってしまっている。
 上記画像を見る限り間違いなくタグは入っているはずなのだが、TwonkyMedia7.2.7はWAVのタグを認識しなくなったのか? バージョン6.○○では認識していたような……
 これだからWAVは困る。
app


 そして、肝心の音質差について。
 
 まったく違いが判らない。
 こんな検証までして、WAVとFLACの音質差があるなら聴き取ってやろうという姿勢をとること自体が馬鹿馬鹿しく思えてくる。
 よって、WAVとFLACの音質差は、「気にするだけ時間の無駄」というのが私の結論である。

 WAVとFLACの音質差が分からないのは、もしかしたら私の耳がいかれているか、あるいはシステムのレベルが著しく低いからなのかもしれないが、それならそれで一向に構わない。気にしたい人は気にすればいいし、「WAVとFLACの音質差を聴き取れる耳の良さ」や「WAVとFLACの音質差を描き分けられる自分のシステム」を誇りたいのなら存分に誇ればいいと思う。


 この記事でも書いているが、私にとって、大切なのは

 タグを用いた音源の管理運用>>>越えられない壁>>>WAVとFLACの存在するかどうかも怪しい音質差

 である。
 この姿勢は変わらない。


続き

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

【音源管理の精髄】 「アルバムの曲順がおかしい」という問題について 【ネットワークオーディオTips】

【2017/11/15追記】  Twonky Serverはバージョン8.5からWAVのタグが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. やたろう より:

    それでは、WAVから取り込んでFLACで変換したらどんなもんでしょう。
    また、数が少ないがデータディスクで(WAV収録の物)FLACで変換したらどんなもんでしょう。

  2. さば味噌 より:

    FLAC Lossless Uncompressed は容量がWAVと同等な点、「Uncompressed = 非圧縮」という名前から、中身はWAVではないでしょうか?

    そうであるならば、音が変わらないのも当然です。

    ここで一読者として、通常のFLAC(レベル5~6が一般的)とWAVの音質が異なるのか、という疑問が浮かびます。

    差し支えなければ、通常のFLACとWAVとの比較について書いていただけないでしょうか?

  3. sakakihajime より:

    >やたろうさん

    検証してみましょう。
    ただ、WAV収録のデータディスクがないので、WAVでダウンロードしたハイレゾ音源を検証で使用します。


    >さば味噌さん

    私は原理的な部分はよくわからないのですが、するとFLAC Lossless Uncompressed = 実質的なWAV、という認識でよいのでしょうか?
    私がFLACを使用する最大の理由は「タグが使用可能」ということなので、もしそうだとすれば音質面の懸念は(それが実際に存在するかどうかはさておき)一切なくなります。

    圧縮レベル5~6の“通常の”FLACについても、後日検証してみましょう。

    ちなみに、この記事のHelge Lien Trio / Natsukashiiは画像のとおり、45%の圧縮がかかったFLACです。
    この音源についても、音質差はさっぱり判らなかったということは記事に書いた通りです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑