*

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答



 この記事を書くか否かは正直なところ非常に迷った。
 しかし、両者の「音質」にばかり焦点が当てられ、「タグ」という問題にはほとんど見向きもされないという現状には我慢ならず、私自身の意見を投じることとした。


 とりあえず、WAV派・FLAC派双方の言い分を私なりにまとめてみる。



WAV派

・FLACは可逆圧縮/ロスレスとはいっても、再生時にはデコードが必要になる。それが再生機器に余計な仕事をさせ、何らかのノイズを生じさせることになり、結果として音質に悪影響を与える。その点、WAVは正真正銘の無圧縮であり、音質劣化は生じない。
よって、WAVこそが最高の音質であり、WAVを使うべきである。

・タグ? そんなものは知らん。



FLAC派

・タグが使えて便利。

・何がどう便利だって? だからタグが…………

・そもそもタグとは何かだって? ………………



 FLAC派弱すぎ。

 確かに、FLACは「Free Lossless Audio Codec」の名の通りロスレスとはいえ、再生に際してはデコードが必要になる。これが音質に対してどれほどの影響を及ぼすのか、人によって意見は異なるだろう。
 ただ、音質面で「WAV=FLAC」にはなるとしても、「WAV<FLAC」になることはない。音源そのものは同じなのだから当然である。
 よって、FLAC派は「タグが使えて便利だ」という点を、WAVに対する明確な優位性として強く主張しなければならない。ならないのだが、それがきちんとなされていない。
 FLACを使うと、実際のところどう便利なのかをまるで示せていない。
 それゆえに、タグの価値は殆ど顧みられないまま、音質至上主義というオーディオ的にごもっともな正義を掲げるWAV派が台頭する。

 こんなことを言うと「WAV派許すまじ!」なんてふうに聞こえるかもしれないが、別にそんなことはない。私は単にタグの何たるかについて知ってほしいだけだし、WAV派にもFLAC派にも、タグの何たるかをきちんと理解したうえで、「あえて私はこっちを選ぶんだ!」という状況になってほしいだけだ。
 「そもそもタグって何だ?」という人はまず以下の記事を読んでほしい。


『タグ』とは何か?

『タグ』はなぜ重要か

『タグ』に関するありがちな誤解


 WAVか、FLACか。

 難しい。

 そこであえて言わせてもらえば、私の選択は、FLACである。

 その理由は以下の通り。


1.音源を管理運用するうえで、タグは絶対に必要不可欠だから

2.WAVではタグが使えない(?)から
(これだけを見て早合点は禁物)

3.有意な音質差が感じられないから



 1について

 そもそも、音源をデジタルファイルとして扱うことによる最大の利点とは何か?
 その答えが「ディスクプレーヤーでは避けられなかった回転機構が発するノイズから解放されることで、未曽有の高音質を実現できる」――つまるところ「高音質」だという人に対し、私が提供できる情報は皆無に等しい。
 是非、デジタルファイル再生における究極の音質を目指して頑張っていただきたい。

 私の答えはというと、「音源の管理運用」である。

 音源がディスクという物理メディアの制約から解放されることで、数十枚・数百枚・時に数千枚のアルバムを横断した音楽体験が可能となる。視聴位置から一歩も動くことなく、CDの80分縛りに付き合う必要もなく、まさに自分の思うがままに、自分のライブラリを縦横無尽に駆け巡れる。
 これだけ言うと、「そんなもんiPodが登場した時点でとうに実現しているじゃないか」と思われるかもしれない。実際その通りである。
 しかし、ここで重要なのは、「オーディオという音質が至上命題とされる恐るべき魔界においても、ようやくPCオーディオやネットワークオーディオという形で、iPodが嚆矢となった新たな音源管理/音楽再生の方法論が広まりつつある」ということだ。

 さらなる高音質を求め、CDからSACDへといった変化・事件は今までもあった。(レコードからCDへ、という変化はまた別の意味を持つだろうが……)そして今度はディスクメディアから純粋なデータ音源に変わり、回転機構がないことで高音質を目指すと言っても、結局音質の追及という点では今までの延長線上にすぎない。
 しかし、「音源の運用管理」は違う。従来とは完全に別物の思考方法である。
 聴きたい曲が3曲あり、その3曲が別々のCDに収録されていたとしよう。ディスクを使う以上、その都度、椅子から立ち上がり、ディスクをかけかえなければならない。その行為にかかる手間はレコードからCDに移り変わる中で劇的に軽減されたと思うが、根本的には何も変わっていない。CDが増えれば物理的に置き場所もかさむ。どこに何を置いたのか忘れる。CDをかけかけるのが面倒になり、徐々に聴くアルバムが固定化されていく……これでは悲しすぎる。音楽を聴くうえで、手間はあくまでも手間でしかない。もっとも、ディスクをトレイに載せるという行為そのものに何かしらの楽しみ、儀式的な意味を見出す向きもあるとは思うが、それはまた別の話。

 音源をデジタルファイルとして管理運用し、自分自身のライブラリとして構築することにより、音楽を聴く際にディスクという物理メディアに起因する諸々の手間から解放される。これがPCオーディオやネットワークオーディオの本懐ではないか。オーディオ界隈の媒体で度々登場する「快適な音楽再生」も、結局はここに由来する。高音質の追及、大いに結構。ただし、高音質の追及は音源に限らずプレーヤーにアンプにスピーカー、ケーブルにボードにラックにセッティング、ありとあらゆる領域で実現できるのに対し、ディスクメディアを超越した「快適な音楽再生」は「音源の管理運用」においてしか実現できない。

 私はもっと快適に音楽を聴きたいと思った。
 そしてそのためにこそ、音源をデジタルファイルとして管理運用する道を選び、ネットワークオーディオという方法論を選んだ。

 しかし、実際の管理運用やライブラリの構築のためには、今までも散々述べてきたとおり、『タグ』の存在が必要不可欠である。

 だからこそ私は、タグが使える、そして完全に機能するFLACを選ぶ。

 長くなってしまった。
 次。



 2について

 よく聞く話だが、WAVではタグが使えないらしい。
 タグの重要性を認識すればこそ、「WAVではタグが使えないからFLACを使う」という人も多かろう。

 しかし、これは本当か?
 本当にWAVではタグが使えないのか?

 というわけで、検証してみた。


WAVでリッピングするとタグはどうなる?


 上の記事からの結論。


 WAVではタグが使えない、などということはない。

 WAVでもタグは使える。


 ただし、FLACに比べると色々制約があることも確かである。
 WAVでリッピングした音源とFLACでリッピングした音源ではタグに微妙な差が存在する。
 WAVからFLACへの変換の際、変換するソフトによって情報が消え去ることもある。
 再生ソフトやサーバーソフトによって扱いが変わることも往々にしてある。

 WAVでもタグが使えると言っても、それが機能するかどうかは使用するソフト次第なのだ。

 一方で、FLACではこのような問題はまず生じない。
 AIFFやALACといった他の選択肢と比べても、FLACの汎用性は抜きん出ている。
 このソフトではタグが機能するがあのソフトでは駄目、などということがない。

 ちなみにiTunesではそもそもFLACが使えないので、どうしても慣れ親しんだiTunesを使いたいという人はAIFFかALACを選ぼう。iTunesとWAVの組み合わせは音源/ライブラリの汎用性が死ぬので推奨しない。もっとも、WAVとFLACの音質差に大きな価値を見出すような人が、iTunesを再生ソフトに使い続けているとはとても思えないが。
 

 というわけで、「WAVではタグが使えないから」ではなく、「FLACはあらゆる局面においてタグが十全に機能する」ということこそ、私がFLACを選択する真の理由である。

 音源とライブラリには普遍性が必要だ。


WAVにおける日本語のタグの取り扱い


 誤解のないように言っておくと、これはFLACだとかWAVだとか以前に、きちんとタグを管理編集することを前提にした検証である。
 FLACならひとりでにタグが管理編集されるわけでも、WAVなら問答無用でタグが使えないというものでもない。そもそも初めから情報を入れておかなければ、「WAVでは情報が表示されない!」とも言いようがない。あくまでタグありき、使う側の意識ありきである。

 WAVがどうした、FLACがこうしたと言う前に、きちんとタグを編集し、音源を管理し、自分にとって快適なライブラリを構築することのほうが遥かに大切だ。



 3について

 これが一番難しい。
 どう転んでも感覚的な物言いにならざるを得ない。
 ただまぁ、あらゆる領域で何をやっても「激変激変また激変!」と叫びまくっているのがオーディオ業界だし、己の感覚を信じて何かを言う分にはまったく問題あるまい。

 ということで、私も叫ぼうと思う。


 WAVとFLACで音なんか変わらん!


 CDからリッピングした音源でも、ハイレゾ(~192kHz/24bit)の音源でも、WAVとFLACの比較試聴は行った。ついでにAIFFとALACも含めて比較した。しかし結果として、有意な音質差を見出すことはできず、WAVに音質的な優位性を感じることはできなかった。
 もちろん、「WAVの方がFLACより明らかに高音質だ!」と断言する人もいるだろう。それを否定する気は毛頭ない。WAVとFLACの音質差など存在しない・分からないと判断する人間を糞耳だと罵倒したいのなら、いくらでもすればいい。

 ただ、私にとっては存在するかどうかも怪しい音質差に、「快適な音楽再生を実現するための鍵」を失う危険を冒してまで手にする価値はないと判断しただけのこと。

 というよりむしろ、ハードにソフトにセッティング、さらには再生する音源それ自体など、


 最終的な「音質」を決定付ける膨大な要素がある中で、

 WAVとFLACの音質差なんて死ぬほどどうでもいい。



 タグを駆使して自分にとって理想的なライブラリを作り上げ、それがもたらす快適な音楽再生という果実を日々享受してもなお、WAVとFLACの音質差なんかを気にする暇があるのなら、機材のセッティングを完璧に突き詰めて部屋を掃除して美味いものを食べてぐっすり眠った方が、よっぽどいい音が聴けると私は思う。


 ところで、dBpoweramp CD Ripperでは、リッピングの設定で「Lossless Uncompressed」というものを選べる。これは「FLACではあるけれど、圧縮はしていない」というものだ。
 事実として、この設定でリッピングした音源のビットレートは44.1kHz/16bitのWAVの1411kbpsと同じか、見るソフトによっては“越えてさえいる”。紛れもない無圧縮である。
 つまるところ、FLAC Lossless Uncompressedとは「FLACというフォーマット/器だけを利用した無圧縮」ということになる。もちろんタグは完璧に機能する。
 WAVは無圧縮だから音質的に云々、という人は、ぜひこの設定を試してみてもらいたい。WAVとFLACの音質差を気にする人にとって本質的に問題なのはWAVか否かではなく、無圧縮か否かのはずだ。
 なお、私もリッピングは基本的にFLAC Lossless Uncompressedの設定で行っている。別に圧縮なんてせずともストレージの容量は足りているし、「もしかしたらFLACの圧縮率によって音質差が……」なんて不安を感じずに済む。上で叫んでおいてアレだが、私もオーディオファイルの端くれなので、やはりこういう安心感は大切。



 さて、色々長々と書いてきたが、私はFLACでいい。

 選択は個々人に委ねられているが、私はFLACがいい。
 

 
 一応付け加えておくと、dBpoweramp Batch Converterを使えば、FLACからWAVへの変換はライブラリ内の全フォルダ一括で可能である。アルバムアートも含め、基本的にタグの情報も保持されるようだ。
 ということは、「FLACで作ったライブラリからWAVへの変換は相当な困難を伴う」なんてことはあり得ない。逆もまた然り。

 そして言うまでもないことだが、例えばFLACで買った音源をWAVで買い直すなどという必要は皆無である。逆もまた然り。単に変換すればいいのだ。


 追記として、この辺の内容については以下の記事に詳しく書いた。

 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換


 
 FLAC⇔WAVの変換が労力なく、かつタグを保持したまま行えるとしても、それ以前の問題として、タグを用いた音源管理の重要性は変わらない
 WAVとFLACの音質差などどうでもいい。気にしたければ気にすればいい。

 タグについてきちんと理解し、音源管理の重要性を認識してくれるのなら、ユーザーがWAVとFLACのどちらを選択するかなど大した問題ではない
 BDの収録音声がリニアPCMなら喜んで、DTS-HD Master AudioまたはドルビーTRUEHDなら悲しむ人がいるのか? そんな人は見たこともない。

 さらに言ってしまえば、WAVとFLACは可逆的にいつでも変換可能である以上、両者の音質を比較していちいち大騒ぎすること自体、本来であればナンセンスだと私は思う。



 この記事の本当の目的はWAVとFLACの違いについて、ましてや両者の音質差について延々と議論することではない。

 タグについて、そして音源管理の重要性を理解してもらうことである。



続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

よくある質問と検索ワードへの回答

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】オーディオラボオガワ KITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーディオ講座

 去る3月14日、山形のオーディオラボオガワでKITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーデ

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoonReady

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日におい

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ターボ より:

    言いたいことはわかりますが、専門的な単語が多すぎ。コアなマニアにしか伝わらない。あなたは音楽を楽しんでいますか?文章によっているようにしか思えませんね。失礼な言い方ですみませんね。マニア向けだったとしたら、余計なお世話でしたね。

  2. henzi より:

    部外者の私が書き込むような内容ではないかもしれませんが。
    >ターボ さん
    うーん、そうでしょうかね…
    そもそもこのトピックに辿り着く人とは、wavとflacの管理で悩みながら調べているような
    あなたの仰るマニア(?)な方々がメイン層なのではないでしょうか?
    私はオーディオ機器をウォークマンくらいしか持っておらず、無理やり区分するのであればライトユーザーに当たる人間だと思いますが、
    この記事の内容は成る程フムフムと理解しながら楽しく読みました。

  3. henzi より:

    個人的にはマニア向けと言うよりも、
    細かく噛み砕いて説明された、管理初心者向けの記事だと思いますが。

  4. 通りすがり より:

    FLACのタグのことを見に来たはずなのに、構成立てて書かれていてかつ勢いのある文章になっていて読み物として楽しんでしまった。もちろん内容も参考にしますよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑