*

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/12/23 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 前回前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。

 それを踏まえて、以下の文章を見ていってほしい。


・ちゃんと曲名を入れてるのに、再生ソフト/アプリの表示がおかしい/表示されない

・ちゃんとフォルダにアルバムが入っているのに、再生ソフト/アプリで見つからない



「ファイル名」と「タグ」は基本的に別物である、ということは何度も述べてきた。
 すなわち、上記のふたつの現象は、多くの場合タグの不備に起因する。
 どれだけファイル名の編集に気を使い、フォルダベースでの管理に精を出したところで、タグベースで音源を扱うソフトにおいては意味を成さないのである。


 そもそもリッピングの際、リッピングソフトに表示される諸々の情報は「タグとして付加される」と同時に、「フォルダ名や階層構造、ファイル名としても使われる」。それらの情報をタグとして付加せず、フォルダ名やファイル名としてのみ使うことに意味はない。
 音源に自分の意思を反映させ、きちんとタグを管理できるということは、同時にフォルダ管理もきちんとできているということである。それに、タグを管理しているからといって、フォルダベースのブラウズをするなと言っているわけではない
 タグ管理とフォルダ管理は両立する。決して喧嘩しない。ダウンロードした音源となれば確かに手間だが、CDについてはリッピングの時点でタグ管理とフォルダ管理が同時に完成する。両者を切り分けて考えること、それ自体がおかしいのである。
 「タグ管理がめんどくさいからフォルダ管理をしている」という人の中には、「一切自分の意思を反映させずに機械任せでリッピングし、その結果生まれた要領を得ないフォルダとファイルをまた一から編集する羽目になっている」という場合もあると思われる。とすれば、「タグ管理とフォルダ管理は別々にやらなくてはいけない。タグ管理はめんどくさい。一方でフォルダでブラウズすれば音源には辿り着けるから、フォルダ管理さえしていればいい」という発想になってもおかしくはない。結局のところ、最初の躓きが後々まで尾を引いているのである。

 とにかく最初が肝心である。



 では次。



・LINNのDSでは便利に再生操作できるのに、他のプレーヤーではそれができない


 これも誤解である。
 LINNのDSを使えば謎のパワーが働いてひとりでにライブラリが整理整頓され、快適な再生操作が全自動で実現される……そんな魔法はあり得ない。
 散々述べてきたとおり、快適な再生操作を実現するためには地道かつ徹底した音源管理が必要である。そこに近道はない。
 また、実際に「コントロール」を担うのはDSそのものではなく、あくまでコントロールアプリだということに注意してほしい。確かに、正直なところDS以外のネットワークオーディオプレーヤーの純正コントロールアプリはパッとしないものが多い(特に国産)が、別に純正を使わなければいけない理由はない。SongBook Liteしかり、Kinskyしかり、汎用的に使え、かつ使い勝手のいいアプリは間違いなく存在する。(もっとも、ハードウェアの時点でDSは快適さを実現するための機能を色々と備えているのだが、それはまた別の話)
 よって、別にDSでなくても、「愉快爽快快適至極ネットワークオーディオ」を実現することはじゅうぶん可能である。
 そしてその肝は、何度も何度も述べているとおり、「音源管理」、これに尽きる。タグは制するためにある。

 では次。


・PCオーディオとかネットワークオーディオが便利とは言うけど、例えばクラシックを作曲者や指揮者やオーケストラで分類・検索・選曲なんてできないでしょ?


 可能である。
 ただし、ハードルは高い。タグを編集するためにどんなソフトを使うかということまで問題になってくる。
 むしろ、タグを駆使してクラシックの音源を縦横無尽に扱えるようになれば、それはもうタグベースの音源管理を極めたと言っていいレベルだろう。
 さらに、音源管理を完璧にしたとしても、今度は再生ソフトやサーバーソフトに何を使うか、という問題もある。なぜなら、ナビゲーションツリーにそもそも指揮者や作曲者の項目がなければどうしようもないからだ。
 もう一度言うが、ハードルは高い。
 しかし、可能である。間違いなく可能である。
 第4章でサーバーについて書いたあたりで、あらためてクラシック音源をどう管理運用するかについて書こうと思う。
 →第9章で書く予定。


 PCオーディオやネットワークオーディオをやっていて、とりあえず音質がどうこうという問題はさておき、「音源」について「何か変だぞ?」ということがあれば、殆どの場合それはタグに起因すると思っていい。
 使うソフトやアプリによってインターフェースや使用感は色々と変わってくるが、とにかく音源に内的に付加されたタグこそが最重要であることに変わりはない。
 タグが狂えばすべてが狂う。

 タグを制する者は音源の管理運用を制する。


 では次回の記事で、実際にタグを編集してみようと思う。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。  Medi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。  今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあ

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第115回『FFⅦAC コンプリート』

画質:8 音質:5 映像はAVC、ビットレートは随時変動。 音声はドルビーTRUEHDの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑