*

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/12/23 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 前回前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。

 それを踏まえて、以下の文章を見ていってほしい。


・ちゃんと曲名を入れてるのに、再生ソフト/アプリの表示がおかしい/表示されない

・ちゃんとフォルダにアルバムが入っているのに、再生ソフト/アプリで見つからない



「ファイル名」と「タグ」は基本的に別物である、ということは何度も述べてきた。
 すなわち、上記のふたつの現象は、多くの場合タグの不備に起因する。
 どれだけファイル名の編集に気を使い、フォルダベースでの管理に精を出したところで、タグベースで音源を扱うソフトにおいては意味を成さないのである。


 そもそもリッピングの際、リッピングソフトに表示される諸々の情報は「タグとして付加される」と同時に、「フォルダ名や階層構造、ファイル名としても使われる」。それらの情報をタグとして付加せず、フォルダ名やファイル名としてのみ使うことに意味はない。
 音源に自分の意思を反映させ、きちんとタグを管理できるということは、同時にフォルダ管理もきちんとできているということである。それに、タグを管理しているからといって、フォルダベースのブラウズをするなと言っているわけではない
 タグ管理とフォルダ管理は両立する。決して喧嘩しない。ダウンロードした音源となれば確かに手間だが、CDについてはリッピングの時点でタグ管理とフォルダ管理が同時に完成する。両者を切り分けて考えること、それ自体がおかしいのである。
 「タグ管理がめんどくさいからフォルダ管理をしている」という人の中には、「一切自分の意思を反映させずに機械任せでリッピングし、その結果生まれた要領を得ないフォルダとファイルをまた一から編集する羽目になっている」という場合もあると思われる。とすれば、「タグ管理とフォルダ管理は別々にやらなくてはいけない。タグ管理はめんどくさい。一方でフォルダでブラウズすれば音源には辿り着けるから、フォルダ管理さえしていればいい」という発想になってもおかしくはない。結局のところ、最初の躓きが後々まで尾を引いているのである。

 とにかく最初が肝心である。



 では次。



・LINNのDSでは便利に再生操作できるのに、他のプレーヤーではそれができない


 これも誤解である。
 LINNのDSを使えば謎のパワーが働いてひとりでにライブラリが整理整頓され、快適な再生操作が全自動で実現される……そんな魔法はあり得ない。
 散々述べてきたとおり、快適な再生操作を実現するためには地道かつ徹底した音源管理が必要である。そこに近道はない。
 また、実際に「コントロール」を担うのはDSそのものではなく、あくまでコントロールアプリだということに注意してほしい。確かに、正直なところDS以外のネットワークオーディオプレーヤーの純正コントロールアプリはパッとしないものが多い(特に国産)が、別に純正を使わなければいけない理由はない。SongBook Liteしかり、Kinskyしかり、汎用的に使え、かつ使い勝手のいいアプリは間違いなく存在する。(もっとも、ハードウェアの時点でDSは快適さを実現するための機能を色々と備えているのだが、それはまた別の話)
 よって、別にDSでなくても、「愉快爽快快適至極ネットワークオーディオ」を実現することはじゅうぶん可能である。
 そしてその肝は、何度も何度も述べているとおり、「音源管理」、これに尽きる。タグは制するためにある。

 では次。


・PCオーディオとかネットワークオーディオが便利とは言うけど、例えばクラシックを作曲者や指揮者やオーケストラで分類・検索・選曲なんてできないでしょ?


 可能である。
 ただし、ハードルは高い。タグを編集するためにどんなソフトを使うかということまで問題になってくる。
 むしろ、タグを駆使してクラシックの音源を縦横無尽に扱えるようになれば、それはもうタグベースの音源管理を極めたと言っていいレベルだろう。
 さらに、音源管理を完璧にしたとしても、今度は再生ソフトやサーバーソフトに何を使うか、という問題もある。なぜなら、ナビゲーションツリーにそもそも指揮者や作曲者の項目がなければどうしようもないからだ。
 もう一度言うが、ハードルは高い。
 しかし、可能である。間違いなく可能である。
 第4章でサーバーについて書いたあたりで、あらためてクラシック音源をどう管理運用するかについて書こうと思う。
 →第9章で書く予定。


 PCオーディオやネットワークオーディオをやっていて、とりあえず音質がどうこうという問題はさておき、「音源」について「何か変だぞ?」ということがあれば、殆どの場合それはタグに起因すると思っていい。
 使うソフトやアプリによってインターフェースや使用感は色々と変わってくるが、とにかく音源に内的に付加されたタグこそが最重要であることに変わりはない。
 タグが狂えばすべてが狂う。

 タグを制する者は音源の管理運用を制する。


 では次回の記事で、実際にタグを編集してみようと思う。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDまであと少し……?

UHD BDまであと少し! BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のラ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 北米盤 【DTS:X】

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』 画質:11 (画質はHD環境・B

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2016/03/25) オーディオとホームシアターの両立を目指して

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑