*

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

理想のサーバーとは?


 前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本格的に市場投入されるなど、ユーザーを取り巻く状況は変わった。
 DELA N1ZLUMIN L1が登場し、アイ・オー・データからこんなのまで出てきている。
 ネットワークオーディオにおいて「音源の保存と配信」という重大な役割を担いながら、サーバーという存在はイマイチ重要視されてこなかった感がある。それも徐々に改善されつつあるということだろう。
 重複する部分も多かろうが、あらためて考えてみたい。

 理想のサーバーとはどのようなものか。



○ハードウェア全般

・オーディオ機器としての作り込み
 あえて「音質」とは言わない。
 前回の記事では「オーディオ機器の隣に置いても映える立派かつ堅固な筐体」を「ついで」扱いにしていたが、もはやそうもいくまい。
 筐体のクオリティという意味ではDELA N1Zが最初から究極を目指し、そしてほとんど実現してしまっている。あれ以上何かしようと思えば、もうアルミ削り出しのモノコックボディーでも作るしかあるまい。
 内部の設計についてはそれこそ各メーカーの腕の見せ所。「所詮機能を絞ったPCだ」なんて思わず、可能な限りのノウハウを注ぎ込むこと、それ自体が「理想」である。

・デザイン
 DELAのように「オーディオラックに置いても違和感を覚えない」レベルの存在感を出しつつ過剰な主張をしない、というのも一つの解。アイ・オーの製品も同じ方向性のようだ。
 LUMIN L1のように、自社製品との組み合わせを前提にしたデザイン、というのも一つの解。それが優れたサーバーならば、ブランド全体の価値を高めることにもなる。
 一目見ただけで「ただものではない!」と思わせる偉容、というのも一つの解。なにせサーバーも立派なオーディオ機器だからね。

・マシンスペック
 CPUにせよメモリにせよ、過剰にならない範囲で高性能ならそれに越したことはない。
 サーバーソフトによっては使っているCPUの種類によってインストールの可不可が変わる場合もあるので。

・ストレージ
 SSD一択。価格と容量は時間が解決するだろう。
 あるいは、動作音と振動を完全に筐体内に封じ込められるならHDDでも可。
 そして容量は多ければ多いほどいいが、一般に1TBもあれば十分なはず。

・耐久性と安定性
 24時間365日ぶっ続けで稼働しようとびくともしないレベルを望む。

・NASか、PCか
 NASも機能絞ったPCじゃんというツッコミはさておき、要は汎用機をサーバーとして使うか、それとも専用機を導入するかということ。
 前回の記事ではサーバーソフトを複数走らせられる余地からPCを選んだ。
 しかし、後述する理想のサーバーソフトとの組み合わせを考えれば、専用機として作り込んだほうがオーディオ機器としての完成度は高くなるはず。
 結局「オーディオPC」も「オーディオNAS」も行き着くところは同じ。

・ディスプレイ
 要らない。
 あれば親切なのは確かだが。

・ディスクドライブ
 要らない。
 リッピングは別のPCでしたほうがずっとはかどる。
 適材適所。



○サーバーソフト全般

・対応フォーマット
 馬鹿馬鹿しいハイスペック論争に涼しい顔で付いていけるだけの対応フォーマットの広さ、あるいはアップデートで対応幅を広げられる余地が必要。
 プレーヤー側が無駄なハイスペックの音源に対応しているとも限らないため、トランスコードの選択肢が充実していればなおよい。

・画像配信能力
 この記事参照。
 コントロールアプリ側で表示に対応する必要があるが、JPEGなりPDFなりで保存した画像をブックレットとして配信できればなおよい。

・ナビゲーションツリー
 Asset UPnPレベルで項目が充実し、なおかつ完全なカスタマイズ性が提供されること。
 Twonky Serverのようにアルバム/各曲一直線の構造と、MinimServerのように多段的に絞り込める構造のどちらが使いやすいかは難しいところ。つまりユーザーの好みに応じてカスタマイズできればいいのである。

UPnP/DLNAohMedia、他
 大多数の機器との互換性を考えればUPnP/DLNA対応は必須。
 OpenHomeをサーバーにまで適用する必要があるかは謎だが、一応。
 あとは、MPD系のプレーヤーでも使えるように、NFSやらCIFSやらFTPSやら、その手のプロトコルにも対応すればいい。



○運用面

 ネットワーク経由でデータを保存できれば、それ以外に求めるものは特にない。



 現時点で考えられるのはこんなところか。

 なお、今回考えた「理想のサーバー」の条件は、単体サーバーと「ストレージ内蔵プレーヤー」のサーバー機能の両方に共通する。後者のサーバーソフトは基本的にメーカー独自のものとして実装されているだろうが(DELAのような例は除く)、ユーザーからすれば果たす役割は同じ。

 今後はどんなサーバーが出てくるのだろう。
 楽しみだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。 LUMIN L1来たる 導入!

記事を読む

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。 画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

【CES2016】個人的ハイライトと記事まとめ

 CES2016の個人的なハイライトは、先行逃げ切りで RoonReady  …

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』はなぜ重要か 【ネットワークオーディオTips】

 前回の記事において、「タグとは何か」「何がタグなのか」を示した。  そして今回の記事では、「

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ルチ より:

    私もPCでサーバ立ててます。
    納戸をサーバルームとしてるので、騒音や見た目には気を使う必要ないのですが、24時間稼働なので、省電力優先で考えます。なので、結果的にファンレス+SSDになりますが、あっという間に容量足りなくなるので、USBHDDを追加しています。
    たしかにPCだと、サーバソフトをいろいろ試せるのはメリットですね。どれも一長一短あって、まだまだおもしろいところ。
    あと、最近のネット事情を鑑みると、このへんの高音質音源もあと数年で、クラウド化していくのだろうなと感じています。

    • sakakihajime より:

      ユーザーが所有する音源も含め、いつかはすべての音源がクラウド化されるのだと私も思います。

      もっとも、そうなったところで音源の保存場所と配信経路が変わるだけでシステムにおける「サーバー」という役割は変わりませんから、サーバーについてアレコレと考えるのは決して無駄になるまい、と思うところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑