*

【音源管理の精髄】 理想のサーバーとは? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/11 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 (ネットワークオーディオにおける)理想のサーバーとは何か。

 私が考えるに、それは、


・無音/ファンレス

・必要十分の容量
※複数のハイレゾ音源を含むアルバム約600枚(FLAC/Lossless Uncompressed)のライブラリでも、容量は精々300GBである

・ストレージとして高速

・音源の管理運用を楽々こなせるだけのマシンスペック

・24時間365日の付けっ放しでもびくともしない安定性と耐久性

・音源配信におけるナビゲーションツリーを自由にカスタマイズできる
 (→複数のサーバーソフトを同時に走らせることができる)

・(ついでに)オーディオ機器の隣に置いても映える立派かつ堅固な筐体



 以上を完璧に満たすサーバーである。

 次に、二択から選ぶという方法で考えていこう。


・NASか、PCか

→PC。

スペック面で有利であり、必要に応じてサーバーソフトを選択できるから。
「理想のサーバーソフト」をまだまだ見つけられない現状では、PCに複数のサーバーソフトを走らせて運用するほうが現実的。
ちなみにwindowsでもMacでもどちらでもいい。
もっとも、NASとはそれ自体ストレージ関連に機能を絞ったPCと言えるので、じゅうぶんに高性能かつ、例えばQNAPのように複数のサーバーソフトが走るような仕組みを持つのであれば、別にNASでも構わない。


・HDDか、SSDか

→SSD。

HDDは音を立てる時点で論外。
とりあえずここは「理想」を語る場なので、容量対コストは考えない。


・低スペックか、高スペックか

→高スペック。

低スペックの方が音がいいという声もあるが、大量の音源や高解像度の画像を取り扱う以上、CPUやらメモリやら、スペックは高いに越したことはないと考える。サーバーの速度と密接に絡む部分のはずである。
ただし、無闇やたらに高性能なCPUや、グラボなんかを積む必要はもちろんない。


・ディスクドライブは必要か、不要か

→不要。

リッピングは別のPCですればいいだけのこと。
ディスクドライブがついてきたところで無用の長物に過ぎない。



 さて、ここまで書いてきて、理想のサーバーPC≒理想のオーディオPCのように思えてきた。
 USBでDACと繋いでプレーヤー(&ストレージ)となるか、LANで繋いでサーバーに徹するかの違いで、ハードウェアとして求められるものはほとんど同じではなかろうか。


 ファンレスで、十分な性能があって、SSDを積めて、高速で、そこそこ見た目が立派で、長時間の使用に耐えるPC……



 となると、SSD仕様のMac miniにTwonkyを入れるか、オリオスペックのコレかな?

 なんとも面白味のない結論になってしまった。


 ……DSD配信にはあまり興味がないし、当分はTS-119でよさそうだ。



続編

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

ピクサーほんとすげえな…… 『トイストーリー』  画質:10 音質:10 『トイストーリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2014 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル 各曲それぞれ / HDtracks 2014 S

記事を読む

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  canarino Filsはまだ何度か

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

言の葉の穴・二周年

 もっと、ずっと前にやるべきだったことが、ようやく動き出した感がある。  しかし、まだまだ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第206回『REDLINE』

川尻大先生の「走る男」を思い出すな…… 画質:9 音質:12 映像はAVC、音声

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑