*

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

公開日: : 最終更新日:2018/01/21 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

【レビュー】Dynaudio Sapphire

 Dynaudioは雪のようなスピーカーだ。

 一音一音の背後に感じる冷気。
 一音一音の隙間に感じる翳り。
 静寂が染み渡る。
 さすがは雪国で作られたスピーカーとでも言うべきか。

 しかし、それだけではない。
 鮮やかなのだ。




 5年半ほど前、夢にまで見たDynaudio Sapphireを手に入れた瞬間、私のオーディオ趣味における「音質」の探求は、ひとつのゴールを迎えてしまった。
 それからというもの、Sapphireは常に私のシステムの主役で在り続けた。LUMIN A1を導入し、canarino Filsを導入し、fidata HFAS1-XS20を導入し、DSP-Doradoを導入し、ファイル再生/ネットワークオーディオに深く注力してもなお、Panasonic DMP-UB90を導入し、LG OLED55B6Pを導入し、4K/HDRにくわえてオブジェクトオーディオ環境を整備してもなお、Sapphireは常に私のシステムの主役で在り続けた。

 とはいいつつ、ここ数年は肥大化するファイル再生/ネットワークオーディオ関連機器に比べて、直接的にSapphireに繋がるアンプ関連に手を加えてこなかったことも事実である。もっとも、特に不満もないので結局何かをするまで到らなかった、と言った方が正確だが。


 さて、2017年はLUMIN A1からSFORZATO DSP-Doradoという、2014年以来およそ3年半ぶりにプレーヤーを刷新した年となった。
 そして今思えば、同じく2014年にはアンプをNmode X-PW10からNmode X-PM7に入れ替えた。
 何か大きな機器の入れ替えをすると連鎖的に色々入れ替えたくなるのだろうか、DSP-Doradoの導入を機にアンプ替えたい発作が急激に強まり、結果的に2017年も同じことが起こった。

 年末の魔物。



 SOULNOTE A-2。
 Acoustic Reality ear202-Refから数えれば、なんと約10年ぶりのアナログアンプへの回帰である。別にデジタルアンプが好きなわけでもアナログアンプが嫌いなわけでもないが、気付けばこういうことになっていた。

 現状、私がアンプに求めるのは、ひとえに「Dynaudio Sapphireを気持ちよく鳴らしてくれること」だ。
 発作的に、しかも実物を見も聴きもせずに買ったという経緯についてはおおいに反省せざるを得ないが(一応SOULNOTEというブランドに対する大きな信頼はあったのだ)、少なくともSapphireから出てくる音に裏切られることはなかった。


 近いうちにレビューする。


【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

おかえり、SongBook

2014/10/26 さらば、SongBook 2014/11/19 コントロールアプリの黄昏

記事を読む

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。 AURALiC's New Bundle Of Goodi

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Sarah McLachlan / Shine On (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sarah McLachlan / Shine On (De

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑