*

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編



 色々あってSOULNOTE A-2の設置に対するあまりの敏感さを思い知ってから、幾許かの時間が経った。
 色々やってみたくなる病気がぶり返す時間だ。



 さて、SOULNOTEは同社製品のための純正ボード「SSB-1」を用意している。

SOULNOTE – ACCESSORIES

SOULNOTEの音質を最大限に引き出す専用ボード。
スパイク受けにより設置面の損傷を防止。


 スパイクの位置に決め打ちで窪みが作られている、あまり汎用性のない文字通りの「専用」ボードである。しかし、「SOULNOTEの音質を最大限に引き出す」と言われてしまうと、A-2の恐るべき反応性の良さを体感している以上、気になってしまって仕方がない。A-2は設置で下手をすればすぐ死ぬだけに、これがほんとの殺し文句ってやつか。

 というわけで、A-2の発売記念プレゼントでもらったSOULNOTEのバランスケーブル「SBC-1」と一緒に、えいやっと導入してSOULNOTEの純正組み合わせを試してみたのである。



 まず純正バランスケーブルのSBC-1から。1.5mというのは奇跡的に我が家のシステムに必要な長さ。
 決戦前に写真を撮るのを忘れていたが、いまさら頑張って作った立体交差を崩すのもめんどくさいので写真はなし。とりあえず、「物理的にやんちゃなケーブルである」とだけ言っておく。

 今まで使っていた某社のバランスケーブル(五桁しないやつ)と替える。
 A-2のことだからさぞ激烈な変化があるだろう……と思いきや、それほど大きな変化ではなかった。今まで使っていたケーブルも、なかなかたいしたものだったのだろう。
 変化はつまるところ「解放感」の向上ということになる。よりストレスなく音が空間に放たれるようになった。ノンシールドの賜物だろうか?


 ケーブルはさらりと流してボードへ。


 今までの設置環境は、マホガニーのボードにリン青銅スパイク受けというもの。

 しかし、今までマホガニーと思っていたこの木はあくまでも「アフリカン・マホガニー」であって、厳密にはマホガニーではないのだそうだ。まぁいいや。



 なお、Sapphireの足元に使用して凄まじい効果を発揮したブビンガとは異なり、マホガニーという木材に対して何かしらの思い入れがあるわけではない。様々な用途に使えるボードを作ろうと思った時に「なんとなく」マホガニーを選んだだけだったりする。


 こちらがSSB-1。光沢感のある仕上げ。ちなみに材質はカバだそうだ。
 木を使ったオーディオボードとしては薄い。そして中央に大穴が開いている。


 付属するスパイク。窪みに嵌めて使う。
 上下二通りの設置が可能だが、SOULNOTEとしては凸の状態の音を意図しているようだ。



 あまり頼もしく見えないSSB-1を防音カーペットの上にそのまま置くのもなんだか嫌な予感がするので、まずはマホガニーボードの上に置いてみる。
 SSB-1の横幅は46センチ、マホガニーボードの横幅も46センチという奇跡が起こったので、重ねた見た目は悪くない。


 で、音。


 …………


 ……


 ものすごーく音が引き締まって輪郭がシャープになって……硬い。
 曖昧さが削ぎ落とされた結果、幾分空間の見通しは良くなったが、響きは薄まり、死にはしないまでも、聴いていて常に緊張感を強いるような音になってしまった。

 うーむ。


 そこで、素直にマホガニーボードを外して置いた。




 …………


 ……


 おぉ……意外なことに、マホガニーに直接だった時よりも低音が厚くなった。それでいて制動も緩んでいない。響きも豊か。
 なにより、解放的である。重厚な低域を保ったまま、伸び伸びと音が空間が広がる。センターに定位する口の位置がかなり上がって、ちょうど等身大くらいの位置になった。
 これはいい。一晩経つとスパイクとスパイク受けが馴染んだのか、さらに盤石といった感じになった。

 そんなこんなで、素直にSSB-1をそのまま使うのが良かったようだ。
 マホガニーと重ねると音が過剰に硬くなってしまったのは、カバとの相性的なものもあったのかもしれない。もしそうだとすれば、カバのボードを用意すれば、あるいは……


 とりあえず、これで当面は、SOULNOTE A-2の設置は「気にしない」ことにする。
 なんともいい具合にDynaudio Sapphireが鳴っている。この量感と弾力と歯切れの良さがあわさった低音の……快感! やはりSapphireからはまだまだ多くのものを引き出せたのだと実感している。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【BDレビュー】第328回『ワールド・ウォーZ』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細につ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNTIT

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!! ちくしょおおおーっ!! ローグがビッチに

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑