*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

公開日: : 最終更新日:2017/12/03 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した


 純粋にでかくなるだけなのか、そうではないのか。
 各画像はクリックして拡大を推奨。


 iPad Pro(2017) 12.9インチとiPad Air2の比較。
 うーん、でかい。




LUMIN App



 12.9インチへの対応は特になく、純粋な拡大となっている。
 とはいえ、LUMIN Appのデザインは9.7インチの時点で限りなく完成されていた感があるので、画面の情報量不足等はまったく感じない。
 むしろ、各操作アイコンが大きくなったおかげでさらに操作がしやすくなった。

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応



Linn Kazoo



 12.9インチに対応

 ブラウズ画面。
 9.7インチ(上)では表示項目が4×2だったのが、12.9インチ(下)では6×3になった。



 アルバムの中身。
 表示項目が増えるとともに、画面サイズの余裕から表示できる文字列も長くなった。



 再生している音源の情報。
 すっきり。
 アルバムアートの表示サイズは1000×1000のまま変わらないため、下の画像では相対的に小さくなったよに見える。



 プレイリスト。
 やはり画面サイズの余裕が見て取れる。



 Kazoo Server組み合わせた状態でも、画面サイズの拡大による情報量増大の恩恵が受けられる。





 全体的に、9.7インチでは少々表示がすっきりしすぎて情報量的に物足りない感があったのが一気に解消された、というより12.9インチという画面サイズを得て完成したという印象を受ける。
 もし私のようにタブレットの使用目的の大半がネットワークオーディオのコントロールという人がいて、そしてKazooを気に入っているのなら、iPad Pro 12.9インチ、どうでしょ。



Kinsky



 12.9インチへの対応は特になく、純粋な拡大となっている。
 Kinskyは偉大なコントロールアプリとして立派に役割を果たしたのだから、そろそろ休ませてあげよう。



JRemote



 12.9インチへの対応は特になく、純粋な拡大となっている。
 とはいえ、こちらもLUMIN Appと同様、9.7インチの時点で完成されていた感があるため、サイズアップが操作性の向上にそのまま繋がっている。



Roon Remote



 12.9インチに対応
 そしてKazoo以上に大きな違いがある。

 Overview。



 アルバムブラウズ。
 9.7インチ(上)では6×3だったのが、12.9インチ(下)では8×4になった。



 アルバム。



 アーティスト。



 ジャンル一覧。



 ジャンル。



 TIDAL。



 
 「PCでもタブレットでも同一デザインで操作が可能」というのは間違いなくRoonの美点なのだが、Roonが繰り出す膨大な情報量を9.7インチ程度のサイズで受け止めるのは難しかったことも事実。一方で同一デザインであるからこそ、まさにPC版と同じように、画面サイズの拡大の恩恵を如実に受けられる。上で見てもらったように、9.7インチと12.9インチではもはや別物である。
 もし私のようにタブレットの使用目的の大半がネットワークオーディオのコントロールという人がいて、そしてRoonを気に入っているのなら、iPad Pro 12.9インチは、活きる。



【Roon】関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Cirklar

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】カラヤン / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 / ベートーヴェン交響曲全集

・アーティスト / アルバムタイトル Herbert von Karajan / Be

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

さらば、ChorusDS

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』 コントロールアプリの検証 2014 『C

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑