*

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事:
Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α


20161010kazoo01

 マメなアップデートは妥協無き取り組みの証。

 というわけで、今回はデザイン的に目に見える改善があったの紹介。
 なお、この変化は現状ではiOS版のKazooにのみ適用されている。



 まず、ネットワーク内のサーバーが一挙に表示されるようになり(My Musicのアイコン)、サーバーの複数同時運用がしやすくなった。
20161010kazoo02

 以前は選択したサーバーが一つだけ表示される仕様で、サーバーを切り替える際は深い階層まで潜っていく必要があった。こんな風に。
20160202タブレット11
20160202タブレット12

 今回の更新でネットワーク内のサーバーは基本的に全部表示されるようになり、「Settings」→「Media Servers」から使わないサーバーを除外するという形になった。
20161010kazoo03



 続いて、プレイリストの表示領域が大きくなった。
 Kazooのように、ブラウズ領域とプレイリストが一画面に同居しないデザインの場合は大きさのバランスを考慮する必要がないので、でかく表示されるならそっちの方が使いやすい。ついでにプレイリストから曲をスワイプで削除できるようになった。
20161010kazoo04

 また、以前はアルバムやアーティストなど、ブラウズ時に画面右側にソートのための文字列が表示されている場合はそちらが優先され、スワイプでのプレイリスト表示はできなかったのだが、いつの間にか出来るようになっていた。(もしかしてバージョン4.9.57の時点でやろうと思えばできていたのだろうか?)
 そしてスワイプ動作への反応自体も良くなっているようだ。

 ちなみに以前のプレイリストの大きさこんな感じ。
20160202タブレット10



 最後に一応、これまたいつの間にか追加されていたが紹介していなかった機能。
 アルバムもしくは曲の追加メニューから「i」を選択すると、音源の各種情報が表示される。JRiver Media Center/JRemoteにも同種の機能がある。人によっては嬉しい機能なのだろう。
20161010kazoo06
20161010kazoo07
20161010kazoo08
20161010kazoo09



 せっかくandroid版も出たのにiOS版との格差がますます広がっていく気がしないでもないが、継続して的確な改善がされている状況は素直に喜ばしい。
 オーディオだの高音質だの何だのかんだの言ったって、結局は音楽を聴いてナンボなんだから、「快適に音楽を聴ける」という美点と、それを実現するための努力はもっともっと評価されるべきである。

 Kazooを擁するOpenHome勢は幸いだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤 画質:12 

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割 【ネットワークオーディオTips】

 復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。 ネットワークオーディオの三要素――

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第91回『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

画質:10 音質:10+α(7.1ch収録のため) 映像はAVCでビットレートは基本30台

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑