*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?
 ……と思うところではあるが、【音源管理の精髄】にせよ、【ネットワークオーディオTips・実践編】にせよ、目指しているコンセプトは“このページにやってくればすべてがわかる”なので、手を抜くわけにもいくまい。



・foobar2000の概要
 無料の音楽再生ソフト。
 音源をライブラリとして管理する機能もあるが(初期状態では)限定的。あくまで再生ソフトと考えたほうがよい。
 初期状態では非常にシンプル、もといそっけないインターフェースであるものの、“コンポーネント”による機能拡張により、DSDの再生からUPnPサーバー化まで、非常に広範な拡張性を有している。
 良くも悪くも「手を加えれば手を加えただけ何かしらの反応がある」という点で、「いじり甲斐がある」というPCオーディオの性格を端的に表すソフトだと言える。ちなみに雑誌等のメディアがWindowsユーザーにおすすめする音楽再生ソフトとして、最も長くその地位を保っている。
 音の良し悪しはここでは問題にしない。



・ダウンロード
 コチラから。
 2014/03/01現在の最新バージョンは1.3.1のようだ。



・導入/音源の読み込み
 さっさとインストールしよう。
WS000323

 インストール直後はこんな感じの、なんとも殺風景なインターフェースが現れる。
 今回の目的はfoobar2000をおしゃれに飾り立てることではないので、さっさと先に進もう。
WS000325

 画面左上の「File」→「Preference」
WS000327

 「Media Library」→「Music folders」→「Add」
 ここで音源の入っているフォルダを選択する。
WS000328

 そしたら、「OK」。
WS000329

 すると、こうなる。
 今まで実践編で作ってきた4枚のアルバムが読み込まれている。
WS000330



・サーバー化
 導入と音源の読み込みが終わったところで、foobar2000をサーバーとして使う準備である。
 ここで用いるのが前述の“コンポーネント”になる。要は継ぎ足していける拡張機能のようなものだ。
 foobar2000をサーバー化するコンポーネントは「UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point」というもの。
 ダウンロードはコチラから。
 早速導入しよう。

 「File」→「Preference」→「Components」→「Install」
WS000331

 ダウンロードしたコンポーネントのファイルを開く。
WS000332

 そして「OK」。
WS000333

 はい「OK」。
WS000334

 foobar2000が再起動される。
 すると、コンポーネントが無事インストールされているのが見える。
WS000335

 「File」→「Preference」→「Tools」→「UPnP」→「Server」と辿っていけば、foobar2000のサーバーが既に機能していることがわかる。ここでサーバーの名前も変えられる。
WS000336

 また、「File」→「Preference」→「Tools」→「UPnP」→「Streaming Profiles」も以下のように設定する。
WS000060


 基本的にはこれで終わり。
 ここまで5分とかからない。



 それでは、先んじてコントロールアプリからfoobar2000 UPnP Serverを拝みにいこう。
 使うコントロールアプリはKinsky。

 おッ!
1

 きちんと4枚入ってる!
2

 ナビゲーションツリー等の詳細についてはこの記事を参照。


 192kHz/24bitだってご覧のとおり難なく再生。
3

 やったぜ。
4


 これだけ!

 たったこれだけ!

 音源の管理/ライブラリの構築さえしっかりやっておけば、あとはもう楽勝!

 ネットワークオーディオは決して怖くない!





【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

UHD BDまであと少し……?

UHD BDまであと少し! BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のラ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 藤本 敬 より:

    こちらの記事を参考に、Windows7パソコンをメディアサーバーに仕立て上げるべくfoobar2000+upnpコンポーネントを導入、Kinsky他のコントロールアプリでDLNA接続したネットワークオーディオからパソコン内の音源を再生することができました。ご教示いただきありがとうございました。

    ただ一点問題があり、プレイリスト内の曲が連続再生されません。Kinskyで言えば画面右枠内に曲が列挙されていても、一曲ごとしか再生されず不便な状況です。Kinskyマニュアルや、こちらのブログエントリー内にある写真を参考にしますと、画面右枠の更に右肩あたりにある”Playlist”なる表記が、”upnp PMX9(接続しているネットワークコンポの名前)”となっているのが主な相違です。Kinsky以外のコントローラも3種類ほど試しましたが、一曲しか再生できない状況は同じでした。

    お手数ですが、何か考えられることがあれば教えていただけますとありがたいです。

    • sakakihajime より:

      藤本 敬さん


      あらためて確認したところ、LUMIN A1との組み合わせでは、foobar2000 UPnP Serverは問題なくプレイリスト通りに連続再生されました。
      とりあえず他のサーバーソフトとして、Asset UPnPを試してみてください。サーバーとしての基本的な機能は無料で使えます。
      http://kotonohanoana.com/archives/1522

      もしAsset UPnPでも駄目な場合、サーバーソフトではなくハード(SC-PMX9)の仕様かもしれません。
      あるいは、純正アプリのPanasonic Music Streamingを使わないとうまく動かない、という可能性もあるので、パナソニックのサポートに確認するのがよいと思います。

      あまりお役に立てず申し訳ありません。
      何か続報があれば、後学のために教えていただければ幸いです。

  2. 通りすがりの若者その1 より:

    kinskyでのプレイリストが1曲ずつしか再生されない問題ですが、
    私のNP-S2000の場合は本体がシャッフルまたはリピート再生になっているとプレイリスト通りに連続して再生されません。

    なのでプレイヤーが何かは分かりませんが本体のシャッフルまたはリピート再生を解除した状態で試して下さい。

    • sakakihajime より:

      通りすがりの若者その1さん
      コメントありがとうございます。

      藤本敬さんがお使いなのは、おそらくパナソニックのネットワーク対応コンポ「SC-PMX9」かと。

      あと話が脱線して恐縮ですが、「本体がシャッフルまたはリピート再生になっている」というのは、アプリでの設定でしょうか、それともNP-S2000の本体(ハード)側にそのような設定があるのでしょうか。
      一応LUMIN A1でアプリのシャッフルとリピートを有効にして試してみましたが、プレイリスト通りに(と言いつつシャッフルですが)連続して再生されることを確認しました。

      • 通りすがりの若者その1 より:

        おはようございます。
        「本体がシャッフルまたはリピート再生になっている」というのはアプリ側ではなくプレイヤー本体側の設定ですね。
        国内のプレイヤーには大抵、リモコンが付属品として付いていると思うのですが、リモコンまたはプレイヤー本体でシャッフルまたはリピート再生にした状態でコントロールアプリで操作する際、そういった不具合を確認してます。

        また余談ですが、NP-S2000の純正コントロールアプリはkinskyなどの汎用コントロールアプリとは仕組みが違いNP-S2000本体を操作するアプリなので他の汎用コントロールアプリとよく競合します笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑