*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?
 ……と思うところではあるが、【音源管理の精髄】にせよ、【ネットワークオーディオTips・実践編】にせよ、目指しているコンセプトは“このページにやってくればすべてがわかる”なので、手を抜くわけにもいくまい。



・foobar2000の概要
 無料の音楽再生ソフト。
 音源をライブラリとして管理する機能もあるが(初期状態では)限定的。あくまで再生ソフトと考えたほうがよい。
 初期状態では非常にシンプル、もといそっけないインターフェースであるものの、“コンポーネント”による機能拡張により、DSDの再生からUPnPサーバー化まで、非常に広範な拡張性を有している。
 良くも悪くも「手を加えれば手を加えただけ何かしらの反応がある」という点で、「いじり甲斐がある」というPCオーディオの性格を端的に表すソフトだと言える。ちなみに雑誌等のメディアがWindowsユーザーにおすすめする音楽再生ソフトとして、最も長くその地位を保っている。
 音の良し悪しはここでは問題にしない。



・ダウンロード
 コチラから。
 2014/03/01現在の最新バージョンは1.3.1のようだ。



・導入/音源の読み込み
 さっさとインストールしよう。
WS000323

 インストール直後はこんな感じの、なんとも殺風景なインターフェースが現れる。
 今回の目的はfoobar2000をおしゃれに飾り立てることではないので、さっさと先に進もう。
WS000325

 画面左上の「File」→「Preference」
WS000327

 「Media Library」→「Music folders」→「Add」
 ここで音源の入っているフォルダを選択する。
WS000328

 そしたら、「OK」。
WS000329

 すると、こうなる。
 今まで実践編で作ってきた4枚のアルバムが読み込まれている。
WS000330



・サーバー化
 導入と音源の読み込みが終わったところで、foobar2000をサーバーとして使う準備である。
 ここで用いるのが前述の“コンポーネント”になる。要は継ぎ足していける拡張機能のようなものだ。
 foobar2000をサーバー化するコンポーネントは「UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point」というもの。
 ダウンロードはコチラから。
 早速導入しよう。

 「File」→「Preference」→「Components」→「Install」
WS000331

 ダウンロードしたコンポーネントのファイルを開く。
WS000332

 そして「OK」。
WS000333

 はい「OK」。
WS000334

 foobar2000が再起動される。
 すると、コンポーネントが無事インストールされているのが見える。
WS000335

 「File」→「Preference」→「Tools」→「UPnP」→「Server」と辿っていけば、foobar2000のサーバーが既に機能していることがわかる。ここでサーバーの名前も変えられる。
WS000336

 また、「File」→「Preference」→「Tools」→「UPnP」→「Streaming Profiles」も以下のように設定する。
WS000060


 基本的にはこれで終わり。
 ここまで5分とかからない。



 それでは、先んじてコントロールアプリからfoobar2000 UPnP Serverを拝みにいこう。
 使うコントロールアプリはKinsky。

 おッ!
1

 きちんと4枚入ってる!
2

 ナビゲーションツリー等の詳細についてはこの記事を参照。


 192kHz/24bitだってご覧のとおり難なく再生。
3

 やったぜ。
4


 これだけ!

 たったこれだけ!

 音源の管理/ライブラリの構築さえしっかりやっておけば、あとはもう楽勝!

 ネットワークオーディオは決して怖くない!





【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

BUFFALOからネットワークオーディオ向けに新NAS登場?

 ネットワークオーディオの未来とは大きく出たな。    ちなみに私が考える理想のサーバーとは

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬  「ネットワークオーディオとは音楽再生におけ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 藤本 敬 より:

    こちらの記事を参考に、Windows7パソコンをメディアサーバーに仕立て上げるべくfoobar2000+upnpコンポーネントを導入、Kinsky他のコントロールアプリでDLNA接続したネットワークオーディオからパソコン内の音源を再生することができました。ご教示いただきありがとうございました。

    ただ一点問題があり、プレイリスト内の曲が連続再生されません。Kinskyで言えば画面右枠内に曲が列挙されていても、一曲ごとしか再生されず不便な状況です。Kinskyマニュアルや、こちらのブログエントリー内にある写真を参考にしますと、画面右枠の更に右肩あたりにある”Playlist”なる表記が、”upnp PMX9(接続しているネットワークコンポの名前)”となっているのが主な相違です。Kinsky以外のコントローラも3種類ほど試しましたが、一曲しか再生できない状況は同じでした。

    お手数ですが、何か考えられることがあれば教えていただけますとありがたいです。

    • sakakihajime より:

      藤本 敬さん


      あらためて確認したところ、LUMIN A1との組み合わせでは、foobar2000 UPnP Serverは問題なくプレイリスト通りに連続再生されました。
      とりあえず他のサーバーソフトとして、Asset UPnPを試してみてください。サーバーとしての基本的な機能は無料で使えます。
      http://kotonohanoana.com/archives/1522

      もしAsset UPnPでも駄目な場合、サーバーソフトではなくハード(SC-PMX9)の仕様かもしれません。
      あるいは、純正アプリのPanasonic Music Streamingを使わないとうまく動かない、という可能性もあるので、パナソニックのサポートに確認するのがよいと思います。

      あまりお役に立てず申し訳ありません。
      何か続報があれば、後学のために教えていただければ幸いです。

  2. 通りすがりの若者その1 より:

    kinskyでのプレイリストが1曲ずつしか再生されない問題ですが、
    私のNP-S2000の場合は本体がシャッフルまたはリピート再生になっているとプレイリスト通りに連続して再生されません。

    なのでプレイヤーが何かは分かりませんが本体のシャッフルまたはリピート再生を解除した状態で試して下さい。

    • sakakihajime より:

      通りすがりの若者その1さん
      コメントありがとうございます。

      藤本敬さんがお使いなのは、おそらくパナソニックのネットワーク対応コンポ「SC-PMX9」かと。

      あと話が脱線して恐縮ですが、「本体がシャッフルまたはリピート再生になっている」というのは、アプリでの設定でしょうか、それともNP-S2000の本体(ハード)側にそのような設定があるのでしょうか。
      一応LUMIN A1でアプリのシャッフルとリピートを有効にして試してみましたが、プレイリスト通りに(と言いつつシャッフルですが)連続して再生されることを確認しました。

      • 通りすがりの若者その1 より:

        おはようございます。
        「本体がシャッフルまたはリピート再生になっている」というのはアプリ側ではなくプレイヤー本体側の設定ですね。
        国内のプレイヤーには大抵、リモコンが付属品として付いていると思うのですが、リモコンまたはプレイヤー本体でシャッフルまたはリピート再生にした状態でコントロールアプリで操作する際、そういった不具合を確認してます。

        また余談ですが、NP-S2000の純正コントロールアプリはkinskyなどの汎用コントロールアプリとは仕組みが違いNP-S2000本体を操作するアプリなので他の汎用コントロールアプリとよく競合します笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑