*

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなるんだ、という話は下の記事を参照。

BubbleUPnP Serverを使ってプレーヤーをOpenHomeに対応させる


 今回は「ネットワークオーディオのサーバー・プレーヤーにもなる再生ソフト」としてfoobar2000を取り上げ、BubbleUPnP Serverを組み合わせる。
 また、前回の記事ではスルーしたTIDALについても検証する。BubbleUPnP Serverを使うことで、本来なら非対応のプレーヤーでもTIDALを利用できるようになるのだから大したものだ。うまくいけば、「うちのプレーヤーはいつまで待ってもTIDALに対応しねえ!」と嘆く必要はなくなる。

 サーバーとしてならともかく、プレーヤーとして使うのはちょっと……なfoobar2000がBubbleUPnP Serverと組み合わせるとどうなるのか、見物である。



 それではさっそく、foobar2000にBubbleUPnP Serverのタレをかける。
20160126BubbleUPnP Server001

 TIDALのクオリティはFLACに。
 でもって、SC-LX85では入れられなかったギャップレス再生のチェックも入れることができた。


 LUMIN Appでfoobar2000をプレーヤーに選択する。LUMIN Appを使えること、それ自体がOpenHome対応の証拠。LUMIN AppそのものはOpenHome完全準拠というわけではないが。
20160126BubbleUPnP Server01

 経路を単純化すべくサーバーにもfoobar2000を使う。
20160126BubbleUPnP Server02


 この状態で、純粋にプレーヤーとしての機能を見る。
 その結果がコレ。

操作へのレスポンス:良好
シーク:○
スキップ:○
ギャップレス再生:○
音源のスペック表示:○
オンデバイス・プレイリスト:○

 パーフェクト達成。
 素の状態で感じられた得も言われぬ不安定感は見事に払拭され、LUMIN Appでキビキビ動く素敵なプレーヤーとなった。やはり元がいいからだろう。


 TIDALについても、プレーヤーにfoobar2000を選んだ状態でTIDALのアカウントを入力すれば安定して利用できた。特に気にすることはない。
 今回はLUMIN Appを使ったが、BubbleUPnPでも同様。
20160126BubbleUPnP Server03


 内部がどのような仕組みで動いているかはさておき、BubbleUPnP Serverと組み合わせることで、foobar2000はOpenHomeとTIDALに両対応したプレーヤーと化す。もちろん、PCにUSB DACを繋いでいるならそちらから音が出るし、ASIOもWASAPIも使える。
 インストールしたPCをネットワークオーディオプレーヤーと化す、というだけならJPLAYStreamerのようだが、サーバー機能も持っているぶん、foobar2000を使う方が手っ取り早いとも言える。
 

 foobar2000でネットワークオーディオを実践するなら、素直にMonkeyMoteFoobarConと組み合わせてもいい。
 「foobar2000とBubbleUPnP Serverの組み合わせ」に優位性があるとすれば、それは「OpenHome対応の優れたコントロールアプリを色々と使える」ことと、「foobar2000でTIDALが使える」ことの二点。

 とにかく、選択肢が増えることに意味があるのである。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【インプレッション】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【インプレッション】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使

記事を読む

DELA N1Z サーバーソフト編

 みんな知ってのとおり、DELAの中身はみんな大好き(?)TwonkyServerである。  中身

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 フォースの覚醒を先日見てきた。  いやはや面白かった。  それはそれとして。  

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑