*

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなるんだ、という話は下の記事を参照。

BubbleUPnP Serverを使ってプレーヤーをOpenHomeに対応させる


 今回は「ネットワークオーディオのサーバー・プレーヤーにもなる再生ソフト」としてfoobar2000を取り上げ、BubbleUPnP Serverを組み合わせる。
 また、前回の記事ではスルーしたTIDALについても検証する。BubbleUPnP Serverを使うことで、本来なら非対応のプレーヤーでもTIDALを利用できるようになるのだから大したものだ。うまくいけば、「うちのプレーヤーはいつまで待ってもTIDALに対応しねえ!」と嘆く必要はなくなる。

 サーバーとしてならともかく、プレーヤーとして使うのはちょっと……なfoobar2000がBubbleUPnP Serverと組み合わせるとどうなるのか、見物である。



 それではさっそく、foobar2000にBubbleUPnP Serverのタレをかける。
20160126BubbleUPnP Server001

 TIDALのクオリティはFLACに。
 でもって、SC-LX85では入れられなかったギャップレス再生のチェックも入れることができた。


 LUMIN Appでfoobar2000をプレーヤーに選択する。LUMIN Appを使えること、それ自体がOpenHome対応の証拠。LUMIN AppそのものはOpenHome完全準拠というわけではないが。
20160126BubbleUPnP Server01

 経路を単純化すべくサーバーにもfoobar2000を使う。
20160126BubbleUPnP Server02


 この状態で、純粋にプレーヤーとしての機能を見る。
 その結果がコレ。

操作へのレスポンス:良好
シーク:○
スキップ:○
ギャップレス再生:○
音源のスペック表示:○
オンデバイス・プレイリスト:○

 パーフェクト達成。
 素の状態で感じられた得も言われぬ不安定感は見事に払拭され、LUMIN Appでキビキビ動く素敵なプレーヤーとなった。やはり元がいいからだろう。


 TIDALについても、プレーヤーにfoobar2000を選んだ状態でTIDALのアカウントを入力すれば安定して利用できた。特に気にすることはない。
 今回はLUMIN Appを使ったが、BubbleUPnPでも同様。
20160126BubbleUPnP Server03


 内部がどのような仕組みで動いているかはさておき、BubbleUPnP Serverと組み合わせることで、foobar2000はOpenHomeとTIDALに両対応したプレーヤーと化す。もちろん、PCにUSB DACを繋いでいるならそちらから音が出るし、ASIOもWASAPIも使える。
 インストールしたPCをネットワークオーディオプレーヤーと化す、というだけならJPLAYStreamerのようだが、サーバー機能も持っているぶん、foobar2000を使う方が手っ取り早いとも言える。
 

 foobar2000でネットワークオーディオを実践するなら、素直にMonkeyMoteFoobarConと組み合わせてもいい。
 「foobar2000とBubbleUPnP Serverの組み合わせ」に優位性があるとすれば、それは「OpenHome対応の優れたコントロールアプリを色々と使える」ことと、「foobar2000でTIDALが使える」ことの二点。

 とにかく、選択肢が増えることに意味があるのである。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第71回『バットマン ゴッサムナイト』

画質:9 音質:6 映像はVC-1でビットレートは10台から30台まで落ち着かない。 音

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Network Bridge」ー 65万

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑