*

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル末尾にDisc 1.2.3…を付加」ではなく「一つのフォルダ&アルバムタイトルに集約する」というルールでライブラリを構築する場合、アルバム本来の曲順を維持するためには二つの方法がある。

 「トラックナンバー」のタグと「ディスクナンバー」のタグである。


 三枚組で、各ディスクに20曲ずつ入っているアルバムだとしよう。


 トラックナンバー、すなわち曲順そのものもタグとして付加されるということは遥か昔に述べたとおり。で、このトラックナンバーを使うとすれば、こうなる。
 普通なら

 「Disc1:1.2.3…」「Disc2:1.2.3…」「Disc3:1.2.3…」

 という具合にリッピングするが、そうはせずに

 「Disc1:1.2.3…」「Disc2:21.22.23…」「Disc3:41.42.43…」

 こんな風にトラックナンバーを通し番号にする。
 ちなみにdBpoweramp CD Ripperならリッピングの際にトラックナンバーを一括で前後にずらす機能があったりする。
 こうすることで、ディスクの名残は完璧に消え去り、ディスクナンバーもへったくれもなく、アルバム通しての曲順が完成する。

 最も単純かつ確実な方法と言える。
 しかし、私のようにデジタルファイルで音源を管理運用し、ネットワークオーディオの妙味を享受している人間でも、こう思っている。
 「これはCDからリッピングした音源なんだ」と。
 そして「あの最高な曲は3枚目の6曲目なんだ」という記憶も残っている。

 CDの存在と記憶を維持しつつ、あくまでアルバムそのものは一つにまとめたい。
 そんな時に使えるのが「ディスクナンバー」である。


複数のディスクから成るアルバムをどう扱うべきか


 きちんとディスクナンバーを付加することで、タグのアルバムタイトルを同一にしてもディスク順と曲順がきちんと保たれることは既に検証した。

 しかし、例によってFLACだのALACだのWAVだの、いわゆるフォーマットによってディスクナンバーの扱いが異なるという厄介な問題があるようなので、あらためて検証する必要が出てきた。
 【音源管理の精髄】で何度も言ってるように、いくらタグを完璧に付加したところで、それが活かされるかどうかは使用するソフト次第である。
 「ディスクナンバー」のタグそのものは間違いなく機能する。ただ、それもフォーマットとソフト次第ということだ。



 というわけで、検証する。

 AIFF、ALAC、FLAC、MP3、WAVの五つのフォーマットについて、三つのサーバーソフトできちんとディスクナンバーが機能するか否か
 

 まず、大元となる音源。
 ロマサガ3の三枚組サントラ。
 アルバムタイトルは統一、ディスクナンバーで管理している。
2015121601

 このFLACから、各フォーマットにdBpoweramp Music Converterで変換する。
 例によって、アルバムタイトルの末尾には分かりやすいようにフォーマットの名前を加えてある。


AIFF
2015121604

ALAC
2015121603

MP3
2015121605

WAV
2015121602


 検証する音源ファイルはこんな具合に一つのフォルダの中にぶち込んでいる。
 本来であればこんな管理の仕方は絶対にしないが、ま、別にタグさえきちんと機能すれば何の問題もない。
2015121606



 では、コントロールアプリにKinskyを使用して、どうなるか見てみよう。

 ちなみに、これも腐るほど繰り返し言っていることだが、曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするのはコントロールアプリが原因ではない
 コントロールアプリはただサーバーの側から送られてくる情報を表示しているだけである。文句を言う相手を間違えてはいけない。

 サーバーソフトは例によってTwonky ServerとAsset UPnPとMinimServerを使用した。



Twonky Server version 8.2.0
アイコンTwonky真

アルバム一覧
2015121607
 WAVがこのザマなのはいつものことなので特に気にする必要はない。


AIFF:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121608

ALAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121609
※ALACについてはディスクナンバーが機能したりしなかったりという奇妙な不安定さがある。私も機能しない状況に一度遭遇した。しかし機能しない状況が再現できないので、とりあえず機能すると言って問題ないと思われる。


FLAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121610

MP3:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121611

WAV:素敵なオチをどうも
2015121612



Asset UPnP version 5.1
アイコンAsset UPnP

アルバム一覧
2015121613

AIFF:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121614

ALAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121615

FLAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121616

MP3:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121617

WAV:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121618



MinimServer version 0.8.3
アイコンMinimServer

アルバム一覧
2015121619

AIFF:通し番号となるが曲順は正確に維持される
2015121620

ALAC:通し番号となるが曲順は正確に維持される
2015121621

FLAC:通し番号となるが曲順は正確に維持される
2015121622

MP3:通し番号となるが曲順は正確に維持される
2015121623

WAV:Oh…(英語では問題ないが、日本語は死ぬ)
2015121624



 結論。

 タグがまともに機能するフォーマットできちんと音源が管理がなされているなら、特に問題なくディスクナンバーは機能する。

 FLACなんて死んでも使いたくない&WAVを使わないと死んじゃうという人は、是非Asset UPnPを使うことをおすすめする。
 Asset UPnPなんて知らんという人は、AIFFを使うのがいい。

 あるいは、素直にCDで聴くのが吉。


 念のため、サーバーソフトだけでなくPCの再生ソフトの検証に続く。



フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

no image

【BDレビュー】第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is delivering master-qualit

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. use-k より:

    検証ありがとうございます。
    質問させていただいた者です。
    質問した後、図ったかのようにbuffaroのNASがお亡くなりになったため、RockDisk for audioを購入しました。
    しかし、やはりALACではディスクナンバーが読み込まれなかったため、NASに入れる複数ディスクからなるアルバムのみFLACにして管理することにしました。
    ただ、ひとつだけFLACでもディスクナンバーが読み込まれないアルバムがあって困っていました。
    結局、一旦そのアルバムのデータだけを削除して、twonkyのキャッシュをクリアして、再スキャンして、再起動して。。。それから再度NASに同一データを入れて念のためtownkyをもう一度キャッシュクリア・再スキャン・再起動したところ、無事反映されました。ご参照までに。
    静音性も改善し、動作も安定したので万々歳です。

  2. sakakihajime より:

    use-kさん

    ALACについてはTwonky Server 8.20でもどこか不安定でした。きっと、例によってトンキーに数多あるバグのひとつなのでしょう。
    とりあえず対策が打てないわけではないので、うまいこと付き合っていくしかないですね。

    そして「キャッシュのクリア」→「コンテンツフォルダの再スキャン」→「サーバを再起動」の三点セットは今も昔も変わらない対処法です。
    それでも屑キャッシュが消えない・ファイルを読み込まないという場合は、いったん別のフォルダを共有フォルダに指定して三点セット、元のフォルダに戻して三点セット、これでなんとかなります。

    いずれにせよ環境が好転したようで何よりです。
    今後ともネットワークオーディオでお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑