フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 長くなったので続き。
 検証に到る諸々は前回の記事を参照。


 というわけで、再生ソフト。
 大丈夫だとは思うが、念のため。

 独断と偏見により、foobar2000とJRiver Media CenterとiTunesで検証。
 iTunesはFLACを扱えないのでそれ以外のフォーマットで。



foobar2000

AIFF:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121625

ALAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121626

FLAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121627

MP3:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121628

WAV:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121629



JRiver Media Center

AIFF:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121630

ALAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121631

FLAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121632

MP3:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121633

WAV:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121634



iTunes

AIFF:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121635

ALAC:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121636

MP3:問題なし、ディスクごとにトラックナンバーが機能
2015121637

WAV:素敵なオチをどうも
2015121638



 タグは付加できる。
 しかし、付加したタグが活きるか否かはフォーマット次第であり、ソフト次第である。


 少なくとも私は、実用上の問題を一切無視して「WAVよりFLACの方が音がいいからおすすめ」などという無責任なことは口が裂けても言うつもりはない。



フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】