*

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。

 この記事では、DLNAにおける『デバイスクラス』について説明していく。ちなみに前回書いた通りDLNA≒UPnPなので、今回の内容はいわゆる「UPnP対応メディアサーバー」とか「UPnP対応プレーヤー」とか、そういったものにも共通する。


DLNAにおける『デバイスクラス』とは何か。
 ネットワーク/システムの中において、それぞれの機器が担う役割のこと。
 DLNAにおけるデバイスクラスはDLNAのバージョンによって、以下のように定義される。
 なお、ここではあくまでネットワークオーディオに関係するデバイスクラスのみを扱う。


○DLNA1.0

・DMS――Digital Media Server
音源の保存と配信を担う。

・DMP――Digital Media Player
音源の再生と、音楽再生における各種コントロールを担う。

 DLNA1.0のシステムを図に示すとこのようになる。
スライド1
 DMPは再生機能とコントロール機能の両方を備えているため、一台で音楽再生が可能であり、音源の保存と配信を担うDMSとあわせてDLNA1.0のシステムは2 Box Systemと呼ばれる。
 この場合、音楽再生の操作はあくまでプレーヤー本体に付随するインターフェースやボタン類、リモコンによって行われる。

 しかし極端な話、DLNA1.0の2 BOX Systemはどうでもいい。
 次のDLNA1.5で可能になる3 Box Systemの方が、ネットワークオーディオを理解するうえで遥かに重要である。


○DLNA1.5
上記に加えて以下の二つのデバイスクラスが増える。

・DMR――Digital Media Renderer
DMPからコントロールの機能を省き、音源の再生のみを行う。

・DMC――Digital Media Controller
DMPから独立してコントロールを行う。

 DLNA1.5のシステムを図に示すとこのようになる。
スライド2
 DMPがDMRとDMC、すなわち『純粋な再生機能』と『純粋なコントロール機能』に分かれているため、DLNA1.5のシステムは3 Box Systemと呼ばれる。
 このように、ネットワークオーディオにおいては、物理的にも機能的にも、いわゆる『プレーヤー』から『コントロール』を独立させることができる

 コレ! コレが超重要!!

 なぜ重要かは、【音源管理の精髄】&【ネットワークオーディオTips】をじっくり読むとわかる。


 実際の機器との関係や、LAN接続など、より様々な要素を入れ込んだのが下図。

スライド3

 NASにせよプレーヤーにせよ、国内で売られている機器のほとんどはDLNA対応を謳っている。少々煩雑だが、これでイメージは掴めるはずだ。

 そして、このDLNAから考えを発展させた、より普遍的なネットワークオーディオの三要素が、『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』である。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

【BDレビュー】第319回『オデッセイ』

 UHD BDも購入予定。  しかもエクステンデッド版はDolby Atmos収録である。

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑