*

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。

 この記事では、DLNAにおける『デバイスクラス』について説明していく。ちなみに前回書いた通りDLNA≒UPnPなので、今回の内容はいわゆる「UPnP対応メディアサーバー」とか「UPnP対応プレーヤー」とか、そういったものにも共通する。


DLNAにおける『デバイスクラス』とは何か。
 ネットワーク/システムの中において、それぞれの機器が担う役割のこと。
 DLNAにおけるデバイスクラスはDLNAのバージョンによって、以下のように定義される。
 なお、ここではあくまでネットワークオーディオに関係するデバイスクラスのみを扱う。


○DLNA1.0

・DMS――Digital Media Server
音源の保存と配信を担う。

・DMP――Digital Media Player
音源の再生と、音楽再生における各種コントロールを担う。

 DLNA1.0のシステムを図に示すとこのようになる。
スライド1
 DMPは再生機能とコントロール機能の両方を備えているため、一台で音楽再生が可能であり、音源の保存と配信を担うDMSとあわせてDLNA1.0のシステムは2 Box Systemと呼ばれる。
 この場合、音楽再生の操作はあくまでプレーヤー本体に付随するインターフェースやボタン類、リモコンによって行われる。

 しかし極端な話、DLNA1.0の2 BOX Systemはどうでもいい。
 次のDLNA1.5で可能になる3 Box Systemの方が、ネットワークオーディオを理解するうえで遥かに重要である。


○DLNA1.5
上記に加えて以下の二つのデバイスクラスが増える。

・DMR――Digital Media Renderer
DMPからコントロールの機能を省き、音源の再生のみを行う。

・DMC――Digital Media Controller
DMPから独立してコントロールを行う。

 DLNA1.5のシステムを図に示すとこのようになる。
スライド2
 DMPがDMRとDMC、すなわち『純粋な再生機能』と『純粋なコントロール機能』に分かれているため、DLNA1.5のシステムは3 Box Systemと呼ばれる。
 このように、ネットワークオーディオにおいては、物理的にも機能的にも、いわゆる『プレーヤー』から『コントロール』を独立させることができる

 コレ! コレが超重要!!

 なぜ重要かは、【音源管理の精髄】&【ネットワークオーディオTips】をじっくり読むとわかる。


 実際の機器との関係や、LAN接続など、より様々な要素を入れ込んだのが下図。

スライド3

 NASにせよプレーヤーにせよ、国内で売られている機器のほとんどはDLNA対応を謳っている。少々煩雑だが、これでイメージは掴めるはずだ。

 そして、このDLNAから考えを発展させた、より普遍的なネットワークオーディオの三要素が、『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』である。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

 「ネットワークオーディオとは音楽再生におけるコントロールの方法論である」と言っているのも、「ネット

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 音質編

 みんな大好き音質編。  今回は魔境マシマシ。  「サーバーで音は変わる」ということだけでなく、

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Roon Does

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

【BDレビュー】第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

 完結がいつになるのかまったくわからなくなった記念。 画質:9 音質:9

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑