【レビュー】Marantz NR1608 導入編
【レビュー】Marantz NR1608 設定・音場補正編


 昨今の国産AVアンプはエントリークラスに到るまでネットワーク入力を持ち、ネットワークオーディオプレーヤーとしての機能も持ち合わせている。

 が、それが「使い物になるかどうか」は、まぁ……
 メインで使っているPioneer SC-LX59のネットワーク機能なんて試してすらいない。


 さて、NR1608にはネットワーク機能として、D&M入魂のネットワークオーディオのプラットフォーム「HEOS」が搭載されている。ヘオスじゃなくてヒオス。


デノン、ネットワークオーディオ「HEOS by Denon」を発表。AWA、Spotify等の音楽配信に対応 – Stereo Sound Online

HEOS by DENON


 マランツのマの字も出てこない辺りがなんともアレだが、とにかくHEOSの登場以降、D&M製品に搭載されているネットワーク機能は基本的にHEOSとなっている。プラットフォームとはそういうものだ。

 HPにでかでかと「HEOSはWi-Fiでつなぐワイヤレススピーカーです」と書かれているように、HEOSが意図しているのは本格的なオーディオではない気もする。
 とはいえ、D&Mの製品がことごとくHEOSを搭載し、高級AVアンプでも単体ネットワークオーディオプレーヤーでもHEOSを使って音楽を聴くことになるのだから、その完成度は極めて重要だ。


 というわけで、NR1608でHEOSを一通り試してみた。
 検証は基本的にiPhone版のアプリで行った。画像はクリックで拡大する。



 まず、HEOSアプリは「ルーム」(再生機器の選択)・「ミュージック」(各種音源のブラウズ)・「再生画面」を、画面下のアイコンで切り替えるデザインとなっている。うむ


 「ルーム」。
 ネットワークに繋がったHEOS対応機器が表示される。


 デバイス名の編集も可能。
 「風呂」とか「寝床」といった選択肢は、HEOSの本懐がマルチルーム・ワイヤレススピーカーであることの端的なあらわれだろう。




 「ミュージック」。
 音楽ストリーミングサービスもこの画面から選ぶ。
 いつものローカル音源の再生は「ミュージックサーバー」から。



 HEOSアプリはアプリ独自のナビゲーションツリーとして「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」「トラック」を持っている。が、「アーティスト」と「ジャンル」はアルバムを介さずに該当する全トラックがドバっと表示される仕様なので使い道は謎。


 サーバー本来のナビゲーションツリーを使うには「ブラウズ」を選択する必要がある。一部の項目にはご丁寧にアイコンを付けてくれるようだ。



 アルバムを表示させたところ。
 アルバムアートの表示が遅いこととタイル表示ができないことを除けば、視認性は高く、必要な情報が揃っている。スクロールもスムーズ。


 アルバムの中身。
 一曲単位・アルバム全曲ともに、プレイリスト登録時の挙動をその都度選択する仕様となっている。ちょっとめんどい。





 ここで一点。
 HEOSには、「Twonky Server」で、「同一アルバムタイトルかつディスクナンバーで管理している複数のディスクから成るアルバム」を表示させた時、曲順がおかしな並び方をする(よく見れば規則性はある)という意味不明かつ致命的な問題が存在する。
 アプリの側で何やってんの……?


 Asset UPnPやMinimServerも試したところ、この問題はTwonky Serverと組み合わせた時のみ発生する。よりによって一番メジャーなサーバーソフトで。
 早いとこなんとかしてほしい。
 そもそも私みたいな管理の仕方をしている人は皆無なのか?


 気を取り直して、「再生画面」。これはリピートとシャッフルを有効にした状態。
 曲名・アーティスト名・アルバム名が表示される。アルバムアートの縦横比はきちんと維持される。


 見てのとおり音楽再生に必要な機能は揃っているが、シークができない。Twonky ServerでもAsset UPnPでもMinimServerでも駄目だった。これはNR1608(の世代)に特有のものか否か。うーむ。

 左上のアイコンをタップすると再生中の音源のフォーマット情報が表示される。


 画面右上のアイコンはキュー(プレイリスト)。
 曲順の入れ替えや削除など、一通りの機能は揃っている。



 曲名の右にあるアイコンは「サウンドモード」。
 NR1608ではAVアンプならではといった項目が並ぶが、他のHEOS対応機器ではどうなるのだろうか。


 iPad版のデザイン/レイアウトはほとんどiPhone版から変化がなく、画面サイズの拡大による情報量の恩恵は感じられない。



 スカスカ。



 再生画面に表示されるアルバムアートさえ小さなままだが、縦画面にすることで多少は大きくなる。



 なお、HEOSは下記画像のとおり、つまりそういうことなのだが、



 少なくともHEOSアプリを使う限り、ギャップレス再生もオンデバイス・プレイリストも問題なく機能した。
 アプリ間で再生情報も同期される。



 ちなみにNR1608はHDMI出力があるので、ネットワーク再生の画面を映し、リモコンを使って操作することも可能。




 シークができないというのはアレだし、HEOSアプリの完成度は一線級かと言われるとちょっと苦しい。特にタブレット版はもっとなんとかならなかったのか。

 それでも、音楽再生に必要な機能がきちんと機能するし、レスポンスも良好。
 NR1608が届いてから一週間以上、有線ではなく無線接続で音楽を聴いていたが、接続が不安定になったことは一度しかなく、その時も電源のオンオフですぐに症状は改善した。再生可能なフォーマットの上限であるDSD128の音源であっても、無線で音切れもなく再生が可能だった。この安定感はお見事。

 ネットワークオーディオのプラットフォームとして、HEOSはしっかりと作り込まれていると言える。



 せっかくHEOSは諸々のストリーミングサービスに対応しているので、「ミュージック」から試しにAmazon Prime Musicを聴こうとしたら、こんなのが出てきた。


 この際だからガンガン進む。







 Amazon Prime Musicは……まぁ……





 えぇ……


 うーむ。
 この仕様はAmazon Prime Music特有なのだろうか?
 TIDALやQobuzみたく、ローカルの音源と区別なくプレイリストに登録する聴き方が望ましいのだが。


 プレイリストと無関係にAmazon Prime Musicの音源が再生されているの図。


 ところで、なぜかAmazon Prime Musicの音源ではシークが可能だった。
 タイムバーに赤いポッチが付く。

 なぜストリーミングの音源でシークができてローカルの音源でできないのか、謎。



 総じて、HEOSはプラットフォームとしても、アプリとしても、音楽再生を行ううえで不満の出ない仕上がりとなっている。アプリの完成度は、iPad版のやる気のなさはともかく、2010年当時のSongBook DSくらいはある。
 少なくとも、初めて使うネットワークオーディオ製品がHEOS対応機だったとして、使い勝手に失望するなんてことはないと思われる。

 マランツからNA7004が登場した時、もしその時点でHEOSと同等のユーザビリティを実現していたのなら、ネットワークオーディオというジャンルは今とは違う歴史を辿ったことだろう。
 そう思わずにはいられない。



【レビュー】Marantz NR1608 / Monitor Audio MASSシリーズ 音質編 – Game Sounds Fun



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答