*

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

公開日: : 最終更新日:2013/12/30 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。

 導入したのは、『ブビンガ』のボードである。

 ブビンガ。
 聞いたことがない。
 調べてみると、こういうもののようだ。
 オーディオ用途では、ほとんど使用例を聞いたことがない。せいぜいモニターオーディオのスピーカーの仕上げ名になっているくらいか。しかし、硬い、重い(比重0.9前後)、楽器にも使われているということで、オーディオ的な能力を期待するには十分要素が揃っている。
 そして何より気に入ったのは、色。画像検索をしてみれば、Sapphireのボルドー仕上げに勝るとも劣らない素晴らしい杢が出てくるではないか。
 これしかない。というわけで、オーダーに到った。

 サイズは将来を見据えて十分な大きさの45×45センチ、厚みは4センチも取ることができた。
 でかい。厚い。重い。凄まじい存在感である。こうしてフローリングに置いてみると、ブビンガの赤みが際立つ。

201309032

 というわけで、いよいよ台座の交換である。
 人工大理石ボードよ、Sapphireのスパイクで穴だらけにしてすまない。お疲れ様。
 にしても、Sapphireと並べてもなおこの存在感。
 
201309031

 40キロのSapphireを必死に動かし、ブビンガベースに置き換える。
 一人で出来る作業としてはこのくらいが限界だろう。必死である。

 そして……

201309033

 手前味噌ながら、素晴らしい。
 Sapphireとブビンガベースが一体化したような、色も形も存在感も、「最初からこう在るべきだった」と言わんばかりの絶妙なバランス。

 それで肝心の音の変化はと言うと、

 低音の沈み込みや安定感が増す。
 打楽器のアタックの威力が増す。
 全帯域にわたって解像度が上がる。
 余計な音で埋もれていたディティールと空気感が出る。
 音像が引き締まり、透明感が増す。

 とりあえず列挙したが、音質向上に対する寄与は計り知れないものがある。
 見違えるようにSapphireが歌う。

 足元がしっかりするだけで、ここまで音が変わるのだということを再確認した。
 最も顕著な変化は、今まで音質的には「やかましいだけでイマイチ」だった曲が、主に低音域の改善によって別物のように化けたこと。「うるさい」から「楽しい」への豹変である。さすが楽器に使われる木材とでも言うべきか?
 確固たる台座を得たことで、Sapphireはますます音を解きほぐし、のびのびと歌うようになった。楽しい。
 あぁ畜生、オーディオは楽しいな。


 ちなみに前回の記事ではモアビのオーディオボードにしようと書いたが、オーダー先の山崎創作に相談したところ、ブビンガという選択肢を提示された。
 結果としてブビンガでオーダーしてよかった。
 音も仕上がりも素晴らしい。大正解である。

スポンサーリンク


関連記事

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【システム】 Nmode X-PW10

 オーディオマニアとは業が深いもので、何か機材を買って「なんていい音なんだ!」と感動しても、同時に「

記事を読む

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第222回『となりのトトロ』

あらためて見るとなんだこの神作画のオンパレードは……たまげたなぁ…… 画質:10 音質:1

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

LUMINがQobuzに対応

 Qobuz。  「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。  TIDAL同様、ロスレスクオリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑